30代の女性におすすめのスキンケア法~大切な5つのポイント

こんにちは。今日は化粧品検定や複数の美容資格を持っていて、ヘアメイクの仕事をしているMoeが記事を担当します。

 

30歳になってお肌の悩みが増えた、という方も多いのでは?

 

私が20代のころ、特別なスキンケアをしていなくても、「肌がキレイだね」とよく言われたりして、肌にはちょっと自信があったんです。

 

ですが30代になると肌が変わったな、と思うようになり、にきびや乾燥によるシワなどの肌トラブルがでてくるようになりました。

 

周りからは肌を褒められなくなるどころか「肌、乾燥してるね」と言われたときはショックでした。

 

そこで今回は、そんな私が本気で肌質を変えるために実践したおすすめスキンケア方法についてご紹介したいと思います!

 

30代女性が正しいスキンケア法を知るメリット

30代の肌は、お肌の水分量が減少するといわれています 。

肌の皮脂量は変わらないのですが、肌の水分量だけが減ります。

 

すると 額や鼻などのTゾーンと呼ばれる場所はべたつき、目元や口元、頬は乾燥してカサつくという混合肌の状態になったり、水分が減って肌内部が乾燥するインナードライと呼ばれる状態になります。

 

30代になって肌が変わっているのに、スキンケアは20代のころと一緒だったらどうなるでしょうか。

 

肌はトラブルでいっぱいの汚い肌になってしまいます。

いままでと同じようにスキンケアをするのではピカピカ美肌とはほど遠いです。

 

ですが、 30代にあったスキンケアに切り替えることができれば、お肌はみちがえるほどきれいになりますよ。

 

私は30代に入ってから、このままではまずいと思ったので、肌を若返らせるべく肌をきれいにする方法を調べまくり、いろいろ試してみました。

わかったことは、30代には30代の年齢にあったスキンケアをすることで肌がきれいになるということ。

30代になったらスキンケアを変えることが大切です。

 

スキンケアを見直した今ではピカピカの美肌になりました。

肌のトーンもあがり、今まで避けていた明るいピンクの服や可愛いアイメイクも似合うようになったのですごく楽しいです。

最近では仕事先の人に「若く見える、ベビーフェイスだよね!」と言われることも!

 

もし30代になって肌に悩みをかかえている人がいたら、 スキンケアを見直すことで肌はかわれるんだよ、と知ってもらいたいです。

 

今がダメと思っていても大丈夫です。

30代の女性におすすめな美容スキンケア1洗顔方法を見直す

洗顔は顔についた汚れや皮脂、肌の老廃物をきれいに洗い流す役割があります。

 

じつは間違った洗顔をしていることで、肌トラブルになっている方が多いんです。

キレイになるためにせっかくやっている洗顔で、むしろ肌ダメージになっていたら嫌ですよね。

 

あなたも間違った洗顔をしていないかぜひチェックしてみてください。

 

洗顔のNG例

 

1.洗顔料しっかり泡立てていない

2.顔を強くこすったり、洗顔でマッサージをしている

3.シャワーを直接顔に浴びて流す

4.熱いお湯で洗う

5.固いタオルでゴシゴシ拭く

 

あてはまるものはありましたか?

間違った洗顔をしていた、という人も今いちど正しい方法を確認してこれから変えていきましょうね。

 

正しい洗顔のポイントは、なるべく摩擦を減らすこと。

 

洗顔方法

  1. クレンジングを使って洗顔料で落としきれないメイクを落とす。
  2. ウォータープルーフなど落としにくいメイクはポイントメイク落としを使う
  3. 洗顔料をたっぷり泡立てて洗う
  4. 泡は手をひっくり返しても泡が落ちないくらい泡立てるのがベスト
  5. 洗う時には手が直接肌に触れないようにし、泡だけで押すように洗う(肌への負担を最小限におさえることができる)
  6. 熱すぎないぬるま湯で優しく泡を流す。温度調節可能なら30°Cを超えないようする
  7. 水をたっぷりつかって流し、洗顔料が肌に残らないように気をつける
  8. 最後に清潔なやわらかいタオルを肌にフワフワっとのせるようにして水気を吸いとる

 

~洗顔方法のおすすめ動画~

 

家に疲れて帰ってくるとついつい手を抜きがちになりがちな洗顔ですが、洗い方を気をつけるだけで 乾燥やシワなどの肌トラブルが出にくい健康肌になれますよ。

 

エイジングケアにおすすめのプチプラ化粧水5選!30代女性向け~

2020-08-15

30代の女性におすすめな美容スキンケア2ターンオーバーを整える

ターンオーバーという言葉をご存じですか?

肌表面の古くなった角質が押し出されて新しい角質に生まれ替わることを意味しますが、このターンオーバーは約28日という一定の周期でおこっています。

 

ターンオーバーのおかげで肌は常に新しい肌がうまれて健康を保っているのですが、肌トラブルがあったり、年を重ねたりするとこのターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

 

30代になるとターンオーバーの周期が約28日から約40日と大幅に遅くなってしまうといわれています。

 

ターンオーバーが乱れて古い角質が肌に残るようになると、肌がくすんで見えたりシミが濃く見えてしまったりといった肌トラブルが起きます。

 

30代になって乱れてしまうターンオーバーを整えるために、スキンケアで古い角質を取り去ることが大事になってきます。

 

おすすめはスクラブやピーリング、酵素洗顔といった化粧品です。

 

 

1.スクラブ 粒状の固形物が入っていて古い角質を削りとる

2.ピーリング フルーツ酸(AHA)などの成分が古い角質を浮かしてとる

3.酵素洗顔 タンパク質を分解する酵素が古い角質を洗い流す

 

スクラブ、ピーリング、酵素洗顔などはジェルや石鹸、粉洗顔など含まれていることが多いです。

使ってみて自分にあっているものを使い続けるのがいいですね。

 

ただ、注意していただきたいこととして使う頻度があります。

 

注意点
角質除去は使いすぎると肌にとって刺激になってしまう。週に1回から2回の使用程度に。

 

化粧品を使う前に使用方法をよく読んで使用頻度を守るようにしましょう。

また、 肌を強くこするのは刺激になるのでNGです。

 

肌をなるべくこすりたくない、という人におすすめなのがピーリングができる導入美容液です。

ピーリングブースターと呼ばれることもあります。化粧水は使う前に使用するのですが、塗るだけなのと毎日使うことができる化粧品が多いです。

 

自分にあった化粧品を使ってみてくださいね。

 

30代の女性におすすめのアンチエイジング習慣を5つ紹介!

2020-08-14

30代の女性におすすめな美容スキンケア3高保湿の商品を選ぶ

30代になるとお肌の水分量が減ってしまいます。

そこで、 水分をしっかり抱え込むような高保湿成分を配合した化粧品を選ぶのがおすすめ。

 

おすすめは、 セラミドやヒアルロン酸を配合した化粧品です。

 

この2つの成分はたっぷり水分を保ってくれて、肌の水分量が減っている30代にぴったりな成分です。

 

また、似た効果でコメヌカスフィンゴ糖脂質というものがあります。セラミドと効果が似ているのでこちらでもOKです。

 

そのほかに、シロキクラゲ多糖体という成分もおすすめです。

聞きなれない方も多いと思いますが、 じつは世界三大美女である楊貴妃(ようきひ)も食べていた肌にとてもいい成分で、ヒアルロン酸の5倍の水分保持力があります。

 

高級な化粧品に含まれていることが多いのでお金に余裕のある方は挑戦してみてくださいね。

 

30代の女性におすすめな美容スキンケア4エイジングケア商品を選ぶ

エイジングケアと言うと私にはまだ早いかな、と感じる人も多いかもしれません。

 

笑った時などに出てくる小ジワや、ドヨーンと見えるくすみなど30代からのトラブルも、 抗シワ成分や美白成分の入った化粧品をつかってケアすれば目立たなくなります。

 

もし、 今のままシワやくすみといったエイジングサインを放置しておくと、40代・50代になって大きなシワになってしまったり、シミだらけになる原因になります。

そうならないように30代の シワやシミが小さいうちから早めのエイジングケアをはじめましょう。

 

シワにはレチノールなどのシワの有効成分の入った専用の美容液やクリームを目元や口元などの年齢サインが気になる部分的に塗りこむようにして使いましょう。

 

くすみにはビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白有効成分が入った化粧品がおすすめです。

 

美白をうたった化粧品はローションやクリーム、オールインワンなど色々な商品があります。

 

大事なのは、 美白有効成分の入った医薬部外品の化粧品を選ぶことです。

美白効果のある医薬部外品を選ぶことで効果が実感できますよ。

 

30代女性におすすめのエイジングケア基礎化粧品5選!

2020-08-18

30代の女性におすすめな美容スキンケア5 肌質に合ったものを選ぶ

スキンケアは、肌質に合ったものを使うことが大切です。

 

たとえば、有名な芸能人が使っている化粧品やコスメのランキングで1位をとっていている化粧品を使っているのに肌が全然綺麗にならない、なんて経験ありませんか?

 

どんなにいい化粧品でも、肌質に合わないとお肌にとってはよくないんです。

肌質にはこんな種類があります。

 

1.普通肌 健康的でトラブルのない肌

 

2.脂性肌 皮脂が過剰に出て毛穴づまりやニキビなどのトラブルがおこりやすい

 

3.乾燥肌 シワができやすく、肌表面に粉が吹くこともある

 

4.混合肌 おでこや鼻の周辺は皮脂がたくさん出て目元や口元、ほほは乾燥する

 

5.敏感肌 化粧品がしみたり、肌荒れが起きやすい

 

有名だから、口コミがいいからだけではなく、自分にあっているものを使うようにしましょう。

 

ちなみに私は20代の時は普通肌でしたが、30代になり混合肌になりました。

20代の時は、雑誌でおすすめの化粧水を使っていたのですが、乾燥によるしわや吹き出物などのトラブルがでるようになったんです。

思いきって混合肌にあった化粧品に変えたことで肌がきれいになりました。

 

乾燥しがちな目元、口元、ほほに美容液やクリームをたっぷり塗って保湿するのが肌にいいみたいです。

 

30代の独身女性は美容にお金をどれくらい使ってる?その内訳を紹介!

2020-08-14

30代の女性におすすめのスキンケア法~大切な5つのポイントのまとめ

  • 30代になると肌の水分量が減り、混合肌やインナードライといった肌トラブルが現れる。
  • 間違った洗顔方法が肌トラブルの元に。正しい洗顔方法に変えることで刺激をおさえて健康肌になれる
  • 30代になるとターンオーバーが遅くなりくすみなどのトラブル原因に。自分に合った角質ケアが大切
  • 不足する水分をしっかり保持するヒアルロン酸やセラミドを配合した化粧品がおすすめ
  • シミやくすみなどの年齢サインには早めのエイジングケアを。
  • レチノールやビタミンC誘導体など有効成分の入ったものが効果大
  • 人気度や有名なことより自分の肌質にあった化粧品を選べば肌はきれいになる

 

以上、30代の女性におすすめのスキンケア法~大切な5つのポイントでした。

 

今は20代とくらべて肌悩みが多い人でも、 スキンケアをかえるだけできれいな美肌をゲットできます。

スキンケアをずっと変えていないという人は、ぜひこの5つのポイントを読んでスキンケアに変えてみてください。

 

肌がキレイになれば、おしゃれや人と会うのが楽しみになりますよ。 年齢よりも若くみられるなんてことも夢じゃありません。 ぜひためしてみてください!