【30代の美容に最強】アサイーの美容効果、飲むタイミングや栄養素とは?

栄養価の高さからスーパーフルーツと言われているアサイー。

 

日本でも数年前に人気になったので、一度は食べたことがあるという方も多いと思いますが、具体的にどんな効果があるか知っていますか?

 

今回は、アサイーに含まれる栄養素や美容効果、効果的な飲み方や飲むタイミングをご紹介します。

 

ぜひこの記事を読んで、アサイーを生活に取り入れてみてくださいね。

アサイーについて。どんな食べ物?

アサイーは、 ブラジルのアマゾン熱帯雨林に自生するヤシ科の植物。

 

赤道直下の紫外線と豪雨にさらされる過酷な環境の中で育つため、種子を守るために多くの栄養素を蓄えています。

 

果実はブルーベリーに似ていますが、種が大きく可食部はわずか2~5%ほど。

 

収穫後24時間で鮮度が落ちて酸化してしまうため、 日本では冷凍やパウダーでの販売が一般的で、食べ方によって使い分けるのがおすすめです。

アサイーの栄養素を紹介!

 アサイーの主な栄養素について詳しくみていきましょう。

 

ポリフェノール、アントシアニン

ブルーベリーやワインの約10~15倍が含まれています。ポリフェノールの一種であるアントシアニンには高い抗酸化作用があり、眼病予防や花粉症の予防、内臓脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。

 

鉄分

鉄分は赤血球を構成するヘモグロビンの材料で、体中に酸素を運ぶ役割を持っており、貧血や冷え症の予防効果があります。

 

特に女性は鉄分が不足しがちなので、積極的に摂るようにしたいですね。

 

食物繊維

腸内環境を整える効果があるので、便秘予防になります。

 

カルシウム

骨を丈夫にする効果があり骨粗鬆症予防になります。また、興奮や緊張を和らげる効果も期待できます。

 

アミノ酸

体内でエネルギー源として利用されており、健康な体を保つためのベースになる栄養素です。

 

ビタミンE

強力な抗酸化作用があり、活性酸素の害を消去しようと働くビタミンです。アンチエイジングや老化防止や生活習慣病予防の効果があります。

 

また、血行を良くするので、肩こりや冷え症にも効果的です。

 

そのほか、エネルギー補給に必要なオレイン酸・ビタミンB1・ビタミンB2など、あらゆる栄養素がバランスよく含まれています。

アサイーのうれしい美容効果とは?

アサイーにはどんな美容効果があるのかも気になりますよね。詳しく紹介していきます。

 

アンチエイジング効果

日常生活で受けるストレスや紫外線、喫煙、排気ガスなど、私たちの体には活性酸素がたくさん存在します。

 

活性酸素は、体のさびつき、いわゆる老化や体の不調を引き起こす原因になっています。

 

アサイーには、活性酸素に対応する強い抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれているので、アンチエイジング効果が期待できます。

 

美肌効果

ポリフェノールは抗酸化作用によりシミ、しわ、たるみを防止します。

 

オレイン酸とa-リノレン酸はホルモンバランスを整える効果があり、肌荒れやニキビを防止。

 

ビタミンは紫外線によるメラニンの生成を防ぐため、美白効果があります。

ホルモンバランスを整える効果

アサイーには、理想的な割合で2種類のオメガ系必須脂肪酸が含まれています。

 

これにより、プロスタグランジンという物質がつくられます。体にとって必要な機能をコントロールしてくれる、ホルモンに似た物質です。

 

この必須脂肪酸で、ホルモンバランスを整えることで、肌の老化防止や肌荒れの予防、ストレスへの抵抗力などの効果が得られます。

 ダイエット効果

ポリフェノールと食物繊維によるダイエット効果も期待できます。

 

ポリフェノールは落ちにくい内臓脂肪の排出を促進する作用があるため、痩せにくい下腹にも効果的です。

 

また、水溶性食物繊維が含まれるため、血糖値の上昇を抑制する働きがあり、脂肪や糖などを吸収を防いでくれる効果も。

 

満腹感を得られやすいため、肥満予防に効果があります。

アサイーに便秘解消効果はある?

アサイーには、食物繊維がごぼうの約3倍も含まれているため、便秘解消にも効果があります。

 

食物繊維は、食べたあとに胃から腸へ食べ物が移動する際に、体にとって不必要なものを吸着しながら通過します。

 

そのため、腸内環境が整い、便通がよくなると言われています。

 

また、便秘を放っておくと肌荒れだけではなく内臓にも負担がかかります。便秘を解消し、腸内環境を整備することは美肌づくりにつながるのです。

アサイーボウルって何?

アサイーボールは、アサイーと豆乳のスムージーに、フルーツ、グラノーラなどをトッピングしたスイーツです。

 

ブラジル発祥で、ハワイのカフェやレストランで提供されるようになったことをきっかけに、世界的に注目されるようになりました。

 

ブルーベリーのような見た目をしていますが、実はアサイー自体に甘みや酸味はなく、ココアのような風味をしています。そのため、ほかのフルーツやはちみつを合わせてアサイーボウルにすることで、様々な味のハーモニーが楽しめるようになるのです。

 

おうちで美味しく作るには、調整豆乳を使うことと、小麦や大麦がゴロゴロ入ったクランチのようなシリアルと、3種類以上のフルーツを入れるのがポイント。仕上げにはちみつをたっぷりかけてくださいね。

ドラゴンフルーツの栄養や効果を紹介!食べ方や種類総まとめ

2020-05-19

アサイーはいつ飲むのがいいの?

アサイーはいつ飲んでも基本的には大丈夫なものですが、目的によって効果が最大に得られる時間帯は変わってきます。

 

通常、ポリフェノールなどのファイトケミカルは、吸収までに2~3時間、その後4~5時間ほど体内で作用します。つまり、全過程が7~10時間ほど。

 

これを踏まえて、日中の仕事や家事を楽に乗り切るために飲むなら朝、仕事の疲れを解消するために飲むなら夕方、朝の目覚めを良くするためなら夜眠る前に飲むと効果的です。

 

なお、アサイーが持つ栄養素の中には熱に弱いものが多いため、熱い飲み物や食べ物とは少し時間を空けて摂るようにしてくださいね。

 

また、タンニンが多い飲み物と一緒に摂ると、タンニンが鉄と結びついて鉄の吸収を阻害してしまいます。紅茶や緑茶、コーヒーなどのタンニンが多く含まれる飲みものは、アサイーを食べてから30~1時間後に飲むようにしましょう。

アサイーの美容効果を紹介!飲むタイミングや栄養素などのポイントまとめ

  • アサイーはポリフェノールや食物繊維、ビタミンなどあらゆる栄養素をバランスよく含んでいる。
  • アンチエイジング効果、美肌効果、ホルモンバランスを整える効果、ダイエット効果が期待できる。
  • アサイーそのものに甘みや酸味はないので、ほかのフルーツやはちみつを合わせてアサイーボウルにして摂るのがおすすめ。
  • 飲むタイミングは目的により変わる。日中の仕事や家事を楽に乗り切るために飲むなら朝、仕事の疲れを解消するために飲むなら夕方、朝の目覚めをよくするなら就寝前。

 

美容と健康に良い成分が豊富なアサイー、ぜひポイントを抑えて効果的に取り入れてくださいね!

最近肌に悩んでいる30代女性へ~ザクロのうれしい美容パワー紹介!

2020-05-05