髪のボリュームがなくなった!そんな人が知っておきたい美髪に大切な4つのこと

以前より、髪のボリュームがなくなってきた・・・そんな風に髪の悩みを感じている人も多いんじゃないでしょうか?

 

私自身も30代に入ってから、「あれ?なんかボリュームが減ってきたような・・」と感じるようになりました。ボリュームがないと以前よりもなんだか若々しさも減ってきた感じがして嫌ですよね。

 

そこで今回はそんな私が髪のボリュームがなくなる原因を徹底リサーチしてみました。本気髪を改善したい方はぜひ読んでいただけたらと思います!

髪のボリュームがなくなる原因

若々しさや健康な髪といえば、ある程度の髪のボリュームは必須ですよね。髪のボリュームがなくなる理由は加齢によるものから、ストレス、毎日の生活スタイルの影響などさまざま。

 

なかなかヘアケアまでする時間がない、髪の毛のために何をすればいいのかわからない・・・という方は「ヘアケアの正しい方法」をまずは知っておくことから始めましょう!

 

正しいヘアケアの知識がわかっていないと理想通りの髪になりにく、続けるのがイヤになってしまいます。「へアケアの正しい方法」を知ることで毎日の髪の手入れが楽しくなったり、髪の悩みが改善されることも。

 

「正しいヘアケア」の方法を知って、清潔でキレイな髪を手に入れませんか?

髪のボリュームがなくなった!原因のひとつが髪のダメージ

髪の毛は、カラーリングやパーマなどで1度ダメージを受けてしまうと、元に戻ることはできません。なので髪に極力ダメージを与えないことが、 ボリュームのあるキレイな髪を保つためには大切。

 

髪を傷つけてしまう行為

縮毛矯正、ブリーチ、カラーやパーマ、

アイロンやコテを使う、ドライヤーの使用

 

そのほかにもたくさんの原因があります。ですが、白髪染のためにカラーをしないわけにはいかない、そんな人もいますよね。上記のことでも、 極力ダメージの少ないものをチョイスしたり、髪のお手入れをしっかりすることでダメージを最小限に抑えることもできます。

 

正しいヘアケアを実践していきながら、健康な髪を目指しましょう!

髪のボリュームがなくなった時の改善法その①シャンプーの仕方

シャンプーをするときについ、ごしごしこすってしまっていませんか?

 

強くこするとスッキリして気持ちがいいですよね。しかし、 肌への強い摩擦は頭皮が荒れる原因に。頭皮の炎症を招くと、髪の毛が抜けやすくなります。そういったシャンプーの仕方を何年もつづけていくうちに髪のボリュームが減ってきた・・・といったことにもつながります。

 

シャンプーをするときには、できるだけ頭皮を傷つけないようにやさしくマッサージすることを意識してみましょう。

 

ポイント①ブラッシング

髪を濡らす前にはブラッシングをしましょう。髪のもつれをとってくれたり、ほこりやゴミを取りことができます。

 

ヘアブラシは、マッサージ効果もあるクッションブラシ、ゴミを取り去ることができるスカルプブラシなどがおすすめ。

 

ポイント②髪を洗う際にはぬるま湯で

熱いお湯は髪を傷めやすいので、注意。特にカラーなどをしたての時はぬるま湯がベスト。シャンプーをよく泡立て、頭皮をもむようにやさしく洗います。髪を強くこすりすぎないように注意しましょうね。

 

とし
シャンプーは、高級アルコール系洗浄剤は洗浄力が高すぎて洗いすぎになることも。そしてせっけん系洗浄剤はカラー、パーマが落ちやすいんです。

 

髪のパサつきを感じたり、ボリュームがなくなってきたと感じる人には、 アミノ酸系洗浄剤を多く使ったシャンプーや、赤ちゃんでも使えるような低刺激のものがおすすめ

 

ポイント③しっかり流す

シャンプー剤の流し残しがないようにしっかり洗い流しましょう。このあとは水気を切り、お好みでコンディショナーやトリートメントを使ってくださいね♪

 

髪のボリュームがなくなった時の改善法その②髪に負担をかけないヘアセット

 

お出かけ前などに毎日行っているヘアセットや、お風呂上り。じつは、この時にも熱ダメージのリスクがあるんです。ヘアセットの基礎知識を身につけて、髪へのダメージを最小限に減らすことでキレイな髪をゲットできますよ。

 

タオルドライをした後、ドライヤーを使用

 

髪を自然乾燥させている人もなかにはいますよね?じつはドライヤーで乾かさないで放置したままだと、 水分の蒸発と一緒に髪の潤い成分も逃げてしまうんです。

 

さらにぬれた状態のまま紫外線を浴びると髪のダメージに。やわらかいタオルでやさしく水気をとり、ドライヤーで乾かしましょう。

 

乾かしすぎ防止になるおすすめな順番

髪の根元前髪→襟足の上部分から頭頂→サイド→顔まわり

 

冷風モードを最後に使用すると、ツヤが出ますよ。

 

最近のドライヤーは温度調節ができるものもあります。低温ドライヤーは熱によるダメージを最小限にしてくれるのでおすすめです。

 

ダメージヘアにおすすめのドライヤーはコレ!髪が潤うドライヤー

2020-10-12

 

コテ・アイロンの使用

 

コテやアイロンも髪のダメージに。でも、おしゃれをしたり身だしなみには必要な人もいますよね。

コテ、アイロンを使う時のポイント

1、塗れたままの髪には使わない

2、同じ部分には何度もあてない

3、高すぎる温度で使わない

 

塗れた髪に高い熱を通すと髪をゆでているのと同じ状態になり髪へのダメージ大。オイルなどもコテを使う前に塗ってはNG。オイルなどの油はより熱ダメージが増加します。油で揚げられているような状態。

 

おすすめな温度

・髪が太い、硬い、クセが強い人 180℃

・髪の毛が細い、ダメージが目立つ髪  150℃

髪のボリュームがなくなった時の改善法その③ヘアケア

健康的なボリュームのある髪を手に入れるためには、髪の洗い方・ヘアセットのほかに、正しいヘアケアも大切。タオルドライした後の洗い流さないトリートメントなどもおすすめ。

 

髪へのダメージを減らしてくれたり、潤いや栄養を与えてくれるものが多くあります。

 

おすすめのヘアケア

細い毛、柔らかい毛の人:ヘアミスト・ヘアミルク

硬い髪、量が多い:ヘアオイル・バーム

ブリーチした人:ダメージケア用

カラーした人:カラーケア用

夏:UVカットタイプ

冬:保湿タイプ

 

自分にあったものを選んでみてくださいね!

髪のボリュームがなくなった時の改善法その④食生活を見直す

普段の食事はどのようなものを多く食べていますか?

 

毎日の食事内容が髪のハリや健康につながっています。髪はたんぱく質からできているので、肉や魚、たまご、大豆などたんぱく質を多く含む食品を意識して摂っていきましょう。

 

また髪といえばビオチン。ビタミンの一種ですが、 不足すると抜け毛を引き起こす原因にもなるといわれています。サケやイワシ、大豆やキノコ、卵黄などの食品からビオチンを摂取することができるので、健康な髪のためにも積極的にとっていきたいですね!

髪のボリュームがなくなった人におすすめ!本格的な薄毛・抜け毛ケアに



髪のボリュームがなくなってきて恥ずかしい、髪のハリが消えてきた・・といった女性の悩みにダイレクトにアプローチしてくれるのが、トリカHの育毛ケア。

 

年齢とともに減少してくる頭皮の水分量。しっかり頭皮に潤いを与え健康な頭皮に整えてくれるので、肌の土台からすこやかな髪へ。

 

ビタミンCのなんと340倍のフランス海岸松ポリフェノールや、さまざまな育毛成分が豊富に配合されているので、より育毛・発毛を促進しやすい環境に。肌の刺激になるような成分が使われていないので、肌へのやさしさがすみずみまで感じられます。

 

トリカHがお得に試せるお試しセットから初めてみては?

 

お試しセット(通常21,800円)

トリカA(1か月分)

トリカH(1ヶ月分)

特別セット価格 12,900円 (送料無料)

 

※初回限定、1人1回限り。

 

トリカのお得な特別セットを試してみる>>トリカA&H

髪のボリュームがなくなった人におすすめのシャンプー



ヘアサロン帰りのような、ツヤとやわらかなボリューミーな髪へと導いてくれるので、自宅にいながら気軽にサロンのようなヘアケアができるというシャンプー。

 

忙しくて、なかなか美容室に行ってヘアケアができないという女性にはぴったり。抜け毛や髪トラブルの問題を改善するために、頭皮環境をしっかり健康に整えることができるので、ふわっとしたツヤのある髪へ。

 

肌の刺激になる成分を使用せず、ベビーシャンプーにも使用されるヤシの実成分から作られているので髪や肌にもやさしいので安心です。適度に髪の汚れを落としながら、しっかり潤いを保つことができます。

 

お得なトライアルシャンプー2か月分が試せる!

 

ラフィーシャンプーがお得に試せるトライアルシャンプーを提供しています。

普段はお試し商品を販売していないので、この機会に試してみては?

 

ラフィーシャンプー300ml(限定詰め替えボトルつき)

送料無料で1800円(税込)

 

詳しくはこちら>>頭皮ケアから美髪をつくる「ラフィーシャンプー」

※200名限定となっています。

 

髪のボリュームがなくなった!そんな人が知っておきたい美髪に大切な4つのことのまとめ

・髪のボリュームが減る原因は加齢やストレス、毎日の生活スタイルの影響などさまざま

・ヘアブリーチやカラーリングなど髪へのダメージを最小限に抑えよう

ヘアケアのポイントを知り、より健康な髪へ

頭皮はやさしく洗おう。強い刺激は頭皮の炎症や抜け毛の原因に

・毎日のヘアセットは髪へのダメージを抑えて

・自分の髪質にあったヘアケア商品を

・髪のボリュームダウンには本格的な育毛ケアもおすすめ

 

毎日無意識にしてたシャンプーやヘアセットの仕方が髪へ頭皮へのダメージとなり、長い時間をかけ髪のボリュームダウンの原因のひとつになっていたんですね。

 

私もつい強く洗ってしまったり長時間ドライヤーを使ってしまうことが多いので、注意していきたいなと思います。髪にやさしいケア法を実践していき、健康なボリュームのある髪を手に入れていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。