ヘンプシードオイルの4つの効果について~おすすめオイルも紹介!

最近美容に良いとよく聞く、話題のヘンプシードオイル。

 

だけど「ヘンプって大麻の事?」「美容にいいとは聞くけど、安全なの?」と疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんなヘンプシードオイルの疑問をお持ちの健康・美容意識の高い30代女性のみなさんに、健康と美容にとって嬉しい効能について紹介していきます。

ヘンプシードオイルとは?

ヘンプシードオイルとは 大麻(ヘンプ)草の種子から抽出されるオイルのことです。

 

大麻と聞くと「幻覚作用や使用することで犯罪にならない?!」と不安になる方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ご安心ください。オイルには、大麻の葉のような精神作用化合物は含まれません。

 

反対にヘンプシードオイルの中には、タンパク質・必須アミノ酸・必須脂肪酸(オメガ6系とオメガ3系)・鉄、亜鉛、マグネシウムなど必須ミネラル等々、たくさんの栄養素が含れており、体にとって嬉しい作用ばかりです。

ヘンプシードとは?栄養や美容効果をすべて紹介!

2020-05-18

ヘンプシードオイルのうれしい効果①肌の保湿力がアップ

ヘンプシードオイルには皮膚細胞の再生と皮膚の健康維持に働く『ビタミンA』が豊富に含まれていて、高い保湿効果があります。

 

また『ビタミンA』には肌バリア機能を高めて乾燥を防ぎ、新陳代謝を促す効果もあります。

 

それによって肌のターンオーバーが正常となり、肌のくすみやざらつき解消にも効果があります。

ヘンプシードオイルのうれしい効果②アレルギーの緩和・改善

ヘンプシードオイルは『γ-リノレン酸』を含んでいます。

 

γ-リノレン酸は欧州では医薬品として扱われており、 アトピー性皮膚炎の治療として用いられるくらい、かゆみなどを抑えるのに効果的です。

 

またリウマチなどのアレルギー性疾患を改善するという効能もあります。

ヘンプシードオイルのうれしい効果③美肌にみちびいてくれる

ヘンプシードオイルは『ビタミンE』を豊富に含んでいます。

 

ビタミンEは強い抗酸化作用・抗炎症作用・酸化ストレス抑制作用など様々な効果を発揮し、 別名『若返りのビタミン』と呼ばれています。

 

そのためいつまでも若々しく美しく綺麗な肌へ導いてくれます。

ヘンプシードオイルのうれしい効果④動脈硬化など病気の予防

必須脂肪酸のオメガ6系脂肪酸には、血中のコレステロール濃度を下げる効果があります。

 

またオメガ3系脂肪酸には、α-リノレン酸が含まれており、体内に吸収・代謝された後はEPAやDHAになります。

 

EPAやDHAは悪玉コレステロール減少と血栓を予防する働きがあるため動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

ヘンプシードオイルには必須脂肪酸のオメガ6系脂肪酸・オメガ3系脂肪酸どちらも含んでいるため相乗効果が期待でき、動脈硬化や血栓症などのリスクある病気を予防できます。

ヘンプシードと麻の実の違いについて 美容効果や栄養は?

2020-07-19

ヘンプシードオイルおすすめ①有機JAS認証のドイツ産有機ヘンプシードオイル

コールドプレス低温圧搾により抽出されているためまろやかで風味豊かなオイルです。

 

こちらのヘンプシードオイルは有機JAS認証のドイツ産有機ヘンプシードオイルになります。

ヘンプシードオイルおすすめ②ヘンプシードオイル(有機麻の実油)

オーストラリアACO有機認定とアメリカの有機認定も受けているので安心安全に使えるオイルになります。

 

“非加熱低温圧搾で無添加”なのが魅力的ですね。

ヘンプシードオイルの4つの効果について~おすすめオイルも紹介!

2020-07-19

まとめ

ヘンプシードオイルの4つの効果について~おすすめオイルのポイントまとめ

  • 『ビタミンA』が豊富で肌の保湿力アップ
  • 『γ-リノレン酸』は欧州では医薬品扱いされるほどのアレルギーの緩和・改善の効果がある
  • 別名“若返りビタミン”の『ビタミンE』がアンチエイジングで美肌に導いてくれる
  • EPAとDHAが動脈硬化・血栓症などの怖い病気の予防をしてくれる

 

私自身も、前からヘンプシードに興味をもっていたんですよね。

 

からだにいいのはすごくわかるんですが、どうしても普通の油(オイル)とくらべると、ちょっと割高いな点だけがやはり気になるところです 笑。

 

でも、いつか使ってみたい美容食品のひとつです!

 

ぜひ気になっている方は、試してみてください~。

ヘンプシードの選び方・4つの効能と注意点についても紹介!

2020-07-19