野菜の保存方法とは?常温・冷蔵庫・冷凍別に紹介!

ついつい買いすぎてしまう野菜たち。とりあえず全部冷蔵庫に入れているけど、食べきる前にダメにしてしまう、という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、手に入りやすい野菜の正しい保存方法をご紹介します。

 

野菜にあった方法で保存することで日持ちするようになり、最後まで無駄なく使い切れるようになりますよ。

野菜は種類によって適した場所で保存する

野菜は収穫後も呼吸を続けて生きています。

 

畑にあるときに近い状態で保存すると、野菜自体が余計なエネルギーを使わなくて済むため、鮮度を保つことができます。

 

たとえば、ほうれん草や小松菜などの青菜は野菜室の中で立てて保存すると長持ちします。

 

土の中で育つイモ類は低温に弱いので、新聞紙に包んで常温や冷暗所での保存がおすすめです。

玉ねぎの保存方法について

玉ねぎは湿気で傷んでしまうので、風通しのよい冷暗所での保存が適しています。

 

常温保存の場合は、ネットに入れて冷暗所に吊るしておくと日持ちします。大量にあるときは、新聞紙を敷いたかごやダンボールに入れ、上にも新聞紙をかけて保存。新聞紙には湿気を吸い取る効果があります。保存期間は2ヶ月です。

 

冷蔵庫に入れる場合は、ひとつずつ新聞紙で包み、ポリ袋に入れて軽く口をしめて保存します。野菜室は湿度が高いため、冷蔵室へ入れましょう。使いかけのものは、空気に触れないようぴっちりラップをして冷蔵室へ。保存期間は、まるごとなら1週間、カットしたものは3~4日が目安です。

 

また、使いかけのものは冷凍保存もおすすめです。薄切りやみじん切りにしたものを冷凍用保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍します。凍ったまま調理できるので、時短にもなりますよ。保存期間は1ヶ月ほどです。

ピーマンの保存方法について

ピーマンは常温保存に向いている野菜です。新聞紙にひとつずつ包んで冷暗所へ。保存期間は1週間ほどです。

 

冷蔵庫で保存する場合は、まるごとキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れてから、野菜室で保存しましょう。ピーマンは水けを嫌うので、ポリ袋の口を軽く閉めるか、フォークなどで穴をあけるようにしましょう。3週間ほど保存できます。

 

冷凍保存も可能です。水気をよく拭き取ってからせん切りなど調理に使いやすい大きさにカットし、ラップで包むか冷凍用保存袋に重ならないように入れて冷凍庫へ。保存期間は1ヶ月です。

大根の保存方法について

葉つきのものを買ってきたら、まずは葉のつけ根を1cmほど切り落とします。

 

そのままにしておくと、葉の部分から栄養と水分が取られ、しなびてしまうためです。また、大根は土の中で縦に成長する野菜なので、立てて保存しましょう。

 

冬場であれば冷暗所で常温保存も可能です。水分が蒸発しないよう新聞紙で包みます。保存期間は2週間です。

 

冷蔵庫に入れる場合は、入れやすい長さにカットしてそれぞれラップや新聞紙で包み、保存袋に入れます。保存期間は2週間です。

 

冷凍する場合は、イチョウ切りや輪切りなど使いやすいサイズにカットして、冷凍用保存袋に入れます。また、大根おろしにしてから冷凍するのも便利でおすすめです。ラップで小分けにしてから、冷凍用保存袋に入れ、平らに寝かせて冷凍します。

 

保存期間はどちらも1ヶ月です。

野菜は熱を加えると甘くなるのはなぜ?野菜の不思議をスパっと解決!

2020-07-02

サニーレタスの保存方法について

サニーレタスは常温保存に向かないため、冷蔵庫で保存します。

 

まるごとの場合は野菜室で立てるようにしましょう。日持ちさせるには、芯の部分を少し切り落として、そこに小麦粉をまぶしてから新聞紙に包み、さらにラップかポリ袋で包むと良いです。サニーレタスは乾燥に弱いのですが、芯に小麦粉をつけると水分が抜けるのを防げるので長持ちします。保存期間は3週間です。

 

カットして保存するのも使いやすく便利です。まずは葉を1枚ずつはがして洗います。その後水分を取り除き、密閉容器に湿らせたキッチンペーパーをしき、サニーレタスを入れます。その上にも湿らせたキッチンペーパーをのせて蓋をし、野菜室で保存します。保存期間は1週間です。

 

冷凍保存も可能です。食べやすい大きさにちぎってから水気をとり、一回で使う量に小分けしてから冷凍用保存袋に入れます。保存期間は1ヶ月ほどです。

 

なお、サニーレタスは金属に触れると酸化してしまうので、セラミックの包丁を使うか、包丁を使わずに手でちぎるのがおすすめです。

冷凍保存の野菜の栄養について

一度に食べきれない場合などに便利な冷凍保存ですが、正しい方法で保存しないと栄養価が失われてしまいます。

 

重要なのは、冷凍する前に固めに茹でる、あるいは蒸すこと。これを「ブランチング」といいます。

 

生のまま冷凍すると、野菜に含まれる水分が氷の結晶になり、中の組織や細胞を破壊してしまいます。壊れた細胞からは水分やうまみ、栄養が流れ出てしまいます。ですが、ブランチングすることで野菜の組織が軟化するため、冷凍によるダメージを最小限に抑えることができます。

 

ただ、野菜によりブランチングしたほうが良いもの、生のまま冷凍するほうが良いものがあります。根菜や葉物野菜はブランチングに向いていますが、トマトは茹でると崩れてしまうので不向きです。

 

また、急速冷凍することも栄養の流出を抑えるのに有効です。冷蔵庫の急速冷凍機能を使ったり、冷凍用保存袋に入れたら中身を平らにしてアルミトレイに乗せるなどして、短時間で凍らせるようにしましょう。

熱に強い野菜とは?熱を加えると栄養価が増す食材はコレ!

2020-07-11

野菜の保存方法とは?常温・冷蔵庫・冷凍別のポイントまとめ!

  • 野菜は収穫後も呼吸を続けて生きているので、畑にあるときに近い状態で保存すると長持ちする。
  • 玉ねぎは常温保存ならネットに吊るして風通しのよい冷暗所、冷蔵庫に入れるときはひとつずつ新聞紙で包み、ポリ袋へ。冷凍なら、薄切りやみじん切りしてから保存袋に入れる。
  • ピーマンは常温保存なら新聞紙に包んで冷暗所で保管。冷蔵庫なら、まるごとキッチンペーパーに包み、ポリ袋の口を軽く閉めて保存すると日持ちする。冷凍保存なら使いやすい大きさにカットし冷凍用保存袋へ。
  • 大根の葉は切り落とす。冬場なら新聞紙に包んで常温保存が可能。冷蔵庫なら入れやすい長さにカットしてからラップで包み、保存袋へ。いずれの場合も立てて保存。冷凍なら使いやすいサイズにカットして保存袋へ。
  • サニーレタスは常温保存に不向きなので冷蔵庫へ。芯の部分を切り落とし小麦粉をまぶすと日持ちする。カットして保存する場合は湿らせたキッチンペーパーを密閉容器にしき、サニーレタスの上にも乗せると乾燥が防げる。ちぎって冷凍保存も可能。
  • 野菜にあった方法で冷凍すると、栄養価をあまり失わずに保存できる。根菜や葉物野菜はブランチングにより栄養の流出を防げる。茹でると崩れてしまうトマトなどはそのまま冷凍する。いずれの場合も、急速冷凍することが大事。

 

ちょっとひと手間かけるだけで、野菜は長持ちさせることができます。

まずはよく買うものから、正しい保存方法を意識してみてくださいね。