苦手な人からの誘いの断り方とは?相手を傷つけない対処法について

苦手な人からの誘いってとっても困りますよね。みなさんはそういう時、どうしていますか?

 

たとえば、放課後にお茶しようと言われたり、飲みに誘われたり。

 

私も全員と同じように仲良くできるタイプではないので、苦手な人からの誘いには気がのらなくなってしまいます。

 

でも、苦手だからと言って冷たくできないし、できるだけおたがいが気持ち良い方法で断りたいですよね。今回は、苦手な人からの誘いを傷つけずに断る方法を紹介します。

苦手な友達から誘われたらどうする?上手な対処法とは?

苦手な子からの遊びや飲みって私は本当に気が乗らなくて、誘ってくれたその子には申し訳ないなと思うのですが、誘いをOKしてしまったときは、よく後悔していました。

 

でも最近はうまく誘いを断って、お互いが嫌な雰囲気にならないように心掛けています。いやいや遊んでいても相手に失礼だし、自分にとっても楽しく遊べないのは時間の無駄ですよね。私がよくやっている対処法を紹介したいと思います。

金欠だから厳しい!ごめん!

この断り方だったらだいたいの人がわかってくれます。ほとんどの子がバイトをしたりしていますが、洋服や化粧品、飲み代に使うとすぐにお金が無くなってしまうので金欠の時はしょっちゅうあります。私自身も友達に金欠が理由で断られたことが何回もあるし、特に傷つきもせず「そういう時もあるよね〜」くらいに思って納得しています。

 

たまに「おごってくれるならいいよ」など冗談で言うときもありますが、ほとんどの友達が「そうなんだ、残念。じゃあまた今度ね」で終わります 笑。誰でもおごってまで誘いたいほどではないということですね。

その日は用事があるからごめん!

これも仕方ないなと思ってもらえる断り方だと思います。

 

大学生ってバイトとか勉強とか遊びですごく忙しいものです。だからスケジュールが空いてなくても特に変に思わないので結構すんなり納得してもらえます。

 

でも、私はこの理由を使うとよく「空いている日教えて」と言われます。そう言われると困ってしまうので、「来月のバイトのシフトが出たらこっちから連絡するね!」と言っています。次の月になってしまったらもうお互い覚えていないのでそのままにしてしまっています。

最近疲れてるから遊ぶのはやめとく〜ごめんね!

私はこういうことを言われて断られたことがあります。本当に疲れていたのか、それとも本当に気が乗らなかったのかわかりませんが、私は実はそこまで深く考える性格ではないので「そうなのか、疲れているならやめておこう」と思っただけでした。

 

気が乗らなくて断ったのだとしたら、私を傷つけないように考えて言ってくれたのかなと思います。

誘いを断る際にNGな点、注意したほうがいいこととは?

冷たい表情や言葉で断らない

いくら苦手な人といっても、相手も人間なので冷たくされると傷ついてしまいます。

 

相手はあなたに好意があって誘ってくれたので、せっかく誘ってくれたことに感謝する気持ちは大切です。また誘いを断る際にはひとこと謝りのことばを言ってあげることも大切です。誰に対しても思いやりを持つことを忘れないようにしましょう。

 

私もそれを意識しようと思っています。

何度も同じ理由で断らない

何度も同じ理由で断っていると嘘をついている場合、ばれてしまいます。

 

そうなってしまうと相手も傷ついてしまうし自分自身も気まずくなってしまいますね。自分が相手を苦手なままならそれで良かったのに、さらに険悪なムードになってしまうと最悪ですよね。なので何度も同じ理由で断るのは避けた方がいいでしょう。

 

前回、友達理由で断ったのなら、今回は家族の理由など、ちょっとでも理由を変えたほうがバレにくくなるでしょう。

ドタキャンはしない

もしすでに、苦手な相手との予定が決まってしまった場合は、約束通り行くことがおすすめです。

 

ドタキャンはやはり相手への自分のイメージを悪くしてしまいます。相手も忙しい中あなたとの予定を入れているかもしれないので、いきなり断られると困ってしまうでしょう。そして相手はあなたとの約束を楽しみにしていたはずです。相手とこれまでの良好な関係を維持していきたいのなら、約束が決まったあとは、できるだけ破らないようにしましょう。

 

相手も自分も人間なので出来るだけ円満な関係を保てたら良いですよね。そのためには誘いの断り方も出来るだけ丁寧に優しくするのが相手への思いやりだと思います。

友達から誘われるときってどういう時?

友達からよく誘われるパターン その1 カラオケ

私は本当に音痴なので人前で恥ずかしくて歌えないんです。だから仲の良い友達でも誘われたら「ホントに音痴だから無理」と言って断っています。「音痴だから歌うのが苦手」と言うと、それ以上無理に誘ってくる友達はいません 笑。

 

友達からよく誘われるパターン その2 買い物

女の子との買い物は普通に普段行くのですが、男の子と行くのがなぜかすごく苦手なんですよね。どうしてかはわからないのですが男の子に買い物に誘われた時は断っていました。そういう時は正直に「買い物を人とするの苦手だから違うことをしよー」と言って断っていましたね。

 

逆に同性からの買い物の誘いに行きたくない場合は「金欠」「ほかに予定がある」などが無難な断り方だと思います。

 

友達からよく誘われるパターン その3 飲み会

「飲み会」は友達からの誘いで最も多い誘いですよね。その一方で、飲み会は誘われるのが嫌なものとしてトップにランクインしています。年々若い人ほどお酒離れが進んでいて、昔のような「飲みの付き合い」も減ってきています。

 

私は大勢の飲み会も苦手なので、よく断ります。サークルとかに入ると飲み会多いですよね。ほんのたまにしか顔を出しません。こういう時はもし行きたくなった時に誘ってもらえなくなると悲しいので、予定が入っていると言って私は断っています。

 

こういう風に正直に言って断っても言い方によっては相手を傷つけないことがあります。誘われた内容が嫌だったら他のことを提案してみたり、苦手なものは苦手だということも大切です。嘘だけではなく本音で話していても意外と嫌われなかったりします。

苦手な人からの誘いの断り方とは?相手を傷つけない対処法のポイントまとめ!

  • 誘いの断り方は「金欠だから厳しい!ごめん!」「その日は用事があるからごめん!」「最近疲れてるから遊ぶのはやめとく〜ごめんね!」など。
  • 断るときNGなのは「冷たく断らない」「何度も同じ理由で断らない」「ドタキャンはしない」など。
  • 友達からの誘いは、カラオケ、買い物、飲み会などが多い。気がのらないときは正直な気持ちを伝えるのもアリ。
  • 誘いを断るときは思いやりを持って優しい言葉で。
  • 誘ってくれたことに感謝し、断る際には謝りの言葉も添えよう。

 

たとえ嘘が相手に気づかれてしまったとしても、相手を傷つけないように想いやりの気持ちからついた嘘は、相手にもそんなあなたのやさしさが伝わると思います。

本当にあなたを理解してくれている友達なら、ウソをつかずに正直に断ってもいいと思います。