30代で恋愛を諦めた人のエピソード5選!

こんにちは、ママライターのYuriが記事を担当します。

 

30代は、結婚や出産といった人生の大きな節目のひと区切り。

世間ではそういったイメージが強いですよね。

 

しかし、30代の独身女性のなかには生涯独身を貫くこと決意した人や、晩婚をする女性も多くいます。

 

今回は、そんな人生の分かれ道で大きな決断を行い、恋愛を諦めた女性たちのエピソードをまとめてみました。

先輩たちのエピソードを読むことで、学べることもあるはずです!

恋愛をすでに諦めた30代女性の話から得られることとは?

恋愛を諦めるということは、第2の人生をどう生きていくか、という大きな決断をくだしたということですよね。

 

大きな決断だわ・・・。

 

若いころは、恋愛をし結婚し子供が大きくなって手が離れれば、夫婦2人で静かに老後を過ごす!

なんてぼんやり考えていたことってありませんか?

 

でも、自分の考えていた将来とは違った現実になってしまったら、生涯独身かもしれない、と急に焦りを感じしてしまいますよね。

 

また、 ライフプランを途中から立て直すことも、とても勇気がいることです。

 

そんな人生の分岐点で、大きな決断をした同世代女性の恋愛エピソードを聞くことによってこのまま立ち止まっていては駄目だ!と恋愛に前向きな気持ちになることもできますよね。

 

 

共感できる部分や、なにか行動に移す良いきっかけになるものです。

 

さまざまな人の経験を知ることは、自分の人生にとって視野を広めたり、なにかしら気づきがあるんじゃないでしょうか?

 

30代女性で恋愛を諦めた人のエピソード①子供や結婚の話を急ぎすぎた

 

A子さんは35歳。つき合って5年目となる彼は2つ年上の37歳。

お互い離婚歴もない独身で、同棲を始めて2年目の女性のエピソードを紹介します。

 

A子は普通のOL。

彼は個人事業をしており昼夜問わず、休みも不定期で多忙な毎日を過ごしていました。

 

A子
まさかS美まで結婚するなんて。しかも、C子は2人目の出産。それにくらべて私は・・・

 

最近、A子さんの周りでは出産ラッシュがきており、A子さんは内心焦っていました。

 

だけど彼とはすれ違いの日々で、不安を話せずにいました。

 

 

不安のあまり居てもたってもいられず、ブライダルチェックを1人で受けたり、結婚情報誌を買ってみたり。

 

 

妊活の本まで買って彼の机に置きっぱなしだったことも。

 

そして、もうすぐ付きあって6年目の記念日が近づいてきたとき、

 

A子は彼に「そろそろ落ち着きたい。子供も産める体勢を整えておきたい」と彼に打ち明けましたが、

 

 

男性A
ごめん。俺まだ結婚する気なくて。今のままでもいいんじゃない?

 

その彼の言葉を聞いたとき、A子さんのなかで一瞬時間が止まった感覚に襲われました。

 

A子
今までの彼との時間はなんだったんだろう・・・

 

これまで自分が結婚のためにやってきた努力が、すべて泡のように消えてなくなりました。

 

彼の方は、まったく結婚願望がなく、同棲生活をずっと続けていくつもりだったのです。

 

ゼクシィや妊活の本が置いてあることには気づいていたが、A子から何か言われるまではこちらも何も言わないでおこう、と思って知らないふりをしたのです。

 

ここまできてやっと話し合いの場を設けられることになり、はじめて2人の結婚や子供への価値観の違いが表れることに。

 

2人は同棲生活こそ、うまくいっていましたがそれは生活するためのもので、2人の将来のためとは少し違ったようです。

 

 

お互いに忙しい生活をしていたことで、 「また今度でいいや」、「気持ちを分かってくれているだろう」という思いがあったのでしょうね。

 

とし
普段からお互いの思いを伝えていたら、早い段階で軌道修正できたかもしれないわね。

 

 

日頃からパートナー以外にも、友人や両親などとも気持ちを伝えあって、より良い選択ができる人生にしていきたいもの。

 

 

相手も同じ気持ちだろうと思い込みは危険。

互いの気持ちを確認するのがやはり大切ですね。

30代女性で恋愛を諦めた人のエピソード②仕事が多忙で婚期を逃した

仕事でのキャアアップに成功し役職に就き、数年付き合っている同い年の彼がいる、38歳のB子さんのお話です。

 

彼より、収入や仕事の立場もBさんの方が上。

 

彼は結婚や、子供が産まれたときには僕が仕事を辞めるよ、と言ってくれていたので、安心してお付き合いを進めていました。

 

B子
いざとなれば、彼が主夫になってくれるみたいだし、安心して仕事が続けられるわ。

 

そんな風に、彼のやさしさに安心していたB子さん。

 

 

結婚願望も子供が欲しい気持ちも彼の方が強く、彼は両親からも強く期待されていました。

 

 

B子さんも結婚願望はあったものの、仕事でのキャリアを失うのが怖くてなかなか踏み出せずにいました。

 

 

B子、俺たちそろそろ・・・

 

 

彼に何度か結婚の話を切り出されても、つい話を濁してしまうB子さん。

 

 

 

 

そんなある日、彼から突然、こう切り出されました。

 

じつは・・・親から、お見合いを進められているんだ。それに参加しようと思ってる

 

B子さんは、頭のなかが一瞬真っ白になりました。

 

B子
え?どういうこと・・・?

 

結婚になかなか踏み切れないB子さんに、耐えかねた彼の苦渋の決断でした。

 

 

Bさんは彼の苦渋の決断を聞いたあとも、どうするべきか悩みました・・・

 

 

 

B子
やっぱり、今結婚することはできない。

 

ここで結婚を選択してしまうと、妥協したような気持ちが拭えなかったからです。

 

そして、 「自分自身の今やりたいことは子育てや結婚ではない」と、はっきりわかりました。

 

 

そこで、Bさんから別れを告げ、2人は破局となりました。

ここでBさんははっきりと「自分は生涯独身で、出産もしない」と決めたそうです。

 

辛い決断でしたが、彼のためにもB子さん自身にも、お互いの幸せな人生のためにベストな判断だったんじゃないでしょうか?

 

とし
そうね。自分の本当に望んでいることを第一に考えることは、結果的に自分の幸せにつながるんじゃないかしら。

 

迷っているけど彼のために ・・・と妥協したその決断は、数年後の未来の自分に不幸な出来事としてかえってくるかもしれません。

 

自分の人生なのだから、迷ったときは本当に自分のやりたいこと、私はこっちの道に進みたい!と思える選択をしていきたいですね!

 

とし
自分の心で決めた判断なら、あとでやっぱりこうしておけばよかった~!なんて後悔もしにくいものよね。

 

その後、Bさんは仕事で充実した日々を送りながら、趣味のヨガや英会話などの勉強に休日には海外などを行き来するようになっているそうです。

彼も結婚しお互い幸せな毎日を過ごしているそうです。

 

30代女性で恋愛を諦めた人のエピソード③相手に尽くしすぎてしまった

 

とし
32歳のC美さんは、付き合って1年になる彼がいます。

 

C美さんは転勤や出張も多く、彼と一緒にいる時間が少ない状況でも、2人でいれる時間を大切にしようと努力をしてきました。

 

 

そろそろ籍を入れようか、なんて話もちらほらと出てき始めたころ・・・

 

 

彼氏
C美と、この先も離れ離れだと不安なんだ。だから転職してくれないか?

 

想像もしていなかった彼からの言葉に、思わずなんと言葉を返したらいいのか、わからないC美さん。

 

その場の空気が変わり、しばらく沈黙が流れました。

 

C美
今の仕事にやりがいはあるけど、結婚は・・これを逃したらもうチャンスがないかもしれない。

 

C美さんは 今の仕事への未練を残しつつも、彼との結婚のために、出張などがほとんどない会社に転職することを決意しました。

 

 

 

C美
お疲れさまでした。お先に失礼します~。

 

転職した会社はほとんど残業がなく、定時で帰れるようになったC美さん。

 

しっかりと休日もとれて、今まで以上に使える時間が増えたので、毎日彼の家に通うようになりました。

家事に精を出し、 彼の帰ってくる前に料理を作り、結婚に向けて良い奥さんになろうと思っていました。

 

 

C美
早く帰ってこないかなぁ~。今日の晩ごはん、喜んでくれるといいなぁ。

 

そんな風に、ワクワクした毎日を過ごしていました。

 

そんなある日、

 

彼氏
あれ?なんか部屋の雰囲気変わってない?

 

C美
わかった?家具の配置変えちゃった。

 

彼氏
・・・・。

 

そして、そのうち夕飯の準備だけでは物足りなくなってきて、彼の家のレイアウトを変えてみたり、部屋の掃除をしたり・・・・

 

彼のまわりのいろんなことに手を出すようになっていきました。

 

 

自分の家なのに、自分の家ではないような気がして、落ちつかなくなっていく彼氏。

 

だんだんと彼の方が、1人の時間が少なくなり、C美さんといると苦痛に感じてくるようになりました。

 

転職してほしい、と言ったのは自分だからと我慢していた彼でしたが、だんだんと自分の趣味などにも口を出すようになってきたCさん。

 

一方、Cさんの方は転職先の仕事には以前の職場のようなやりがいが感じられず、結婚したら辞めようという気持ちになっていました。

 

C美
どうせそろそろ結婚するし・・・今は彼のためにいろいろやってあげたいな。

 

 

その結果、何から何まで彼に尽くしてしまう形になり、どんどん彼の重りとなっていきます。

 

 

とうとう彼の方が、Cさんの重みに耐えられなくなり2人は破局となりました。

 

 

何かに夢中になること、自分にとってのやりがいを持つことはいいことです。

でも、相手が本当にそれを望んでくれているか、彼の気持ちを無視してしまっていたようですね。

 

とし
そうね。もし彼も喜んでくれているんだったら問題なかっただろうけど。自分よがりに押し付けるのはまずかったわね。

 

趣味に没頭したり、仕事に集中したり、彼だけじゃなく、 ほかにも打ち込めるものがあったら、結果は変わっていたかもしれませんね。

30代女性で恋愛を諦めた人のエピソード④理想が高すぎた

35歳のDさんは今まで付き合った人数は2人とやや少なめ。

そのワケは理想の高さにありました。

 

Dさんには昔から変わらない、大好きな漫画の中の主人公がいて、まわりから見ると高すぎるといえる理想像がありました。

 

そのせいか、いい寄ってきてくれる男性がいても、なかなかお付き合いまでには至りません。

 

Dさん
このままだったら、さすがに結婚できないかも・・・

 

結婚を意識し始めDさんは、男性の理想を少し下げようと思いはじめます。

 

そのおかげで、3人目の彼氏ができたDさん。

 

でも、やっぱりお付き合いをはじめると、自分の理想像と彼との間に、かけ離れている部分が見えてきてしまいます。

そして彼にこうしてほしい、ああしてほしいなどと言ってしまうようになります。

 

 

服装や髪型、デート場所や趣味など、彼の好みとは裏腹にDさんの理想を押しつける形となっていました。

 

2人の結末はもう見えていますね?

 

彼がDさんに耐えられなくなり、2人は破局となりました。

 

ここでDさんははじめて、 自分が彼にどれだけ理想を押しつけていたか知り深く反省しました。

 

そして今後自分はどうしていけばパートナーとうまく付き合っていけるのか、考え抜いた結果、

 

Dさん
やっぱり自分の理想は変えられない!

 

そう、はっきりと気づいたDさん。

 

 

自分の理想像をあきらめて、我慢してまで結婚をしたいか?といわれたら答えはNOでした。

本の中の理想を想像しているだけで自分は幸せなんだと気付けたそうです。

 

自分の理想像って、多くの女性が少なくとも何かしらもっているんじゃないでしょうか?
とし
たしかに。大小いろんな理想像はあるわよね。

 

お互いの凹凸を補い合って助け合って生きていくことが夫婦だと思いますが、Dさんのようにどうしても譲れない!という人もいますよね。
とし
そうね。理想とする幸せの形はひとりひとり違うもの。

 

いつも笑顔でいられる自分にあった豊かな人生の選択肢をしていきたいですね!

30代女性で恋愛を諦めた人のエピソード⑤パートナーとの価値観が合わなかった

 

32歳のEさんは、同じ会社に勤める同い年の彼と付き合って半年になります。

 

 

Eさん
そろそろ結婚して子供も欲しいな。

 

そんな風に軽く考え始めていたEさん。

 

 

ある日、彼と結婚観について語っていると、

 

彼氏
両親とは同居したい。嫁は専業主婦で・・特に子供は望んでないなぁ。でも、両親が望むんなら子供を作っても良いけど。でも、まだまだ結婚は先かな。

 

そんな彼の結婚観を初めて知ったEさん。

 

 

その時から、Eさんは彼との関係にモヤモヤとした違和感を感じるようになりました。

 

彼と将来像について語り合うほど、彼と自分の価値観がまったく違うことに気づいてきて、落ち込んでいくEさん。

 

 

Eさんは結婚後も仕事は続けて行きたいし、なるべく彼と2人で協力して暮らしていきたいと思っていました。

 

彼氏
じゃあ俺たちに結婚はむりじゃない?

 

そう彼に言われてしまい、彼とは別れることとなりました。

 

結婚後、自分の両親と同居したい彼氏と、夫婦だけで生活したかったEさん。完全に意見が分かれていますね。

 

そうね。こればっかりは、仕方ないわよね。どちらかが我慢したとしても、いつか我慢が爆発するかもしれないし・・・

 

そしてEさんは、現在バツイチのシングルファザーの男性と結婚されています。

子供に対する価値観や生活スタイルが似ていたため、トントン拍子で結婚まで話が進んだといいます。

とし
へぇ~!たしかに、タイミングがいい時は、びっくりするくらい早く決まることあるよね。

 

長く付き合ってきた彼とそろそろ結婚したいけど進展が・・なんて方も多いと思いますが、価値観があった人と出会えれば、今までの出来事はなんだったんだろう!と思うほどに話が早く進むことも。

 

お互いの価値観がどれだけ近いかが、末永く一緒に居られる大きなポイントといえますね!

価値観が似ていると毎日、いろんなことを一緒に楽しむことができるし、未来像も2人で話し合って構築していくことができますよね。

 

30代で婚活に成功した女性が結婚に結びついた婚活方法4つとは?

2020-11-18

以上、30代で恋愛を諦めた人のエピソード5選でした。

あなたにとっての、結婚観や、将来の理想像はどんなものですか?

自分1人の時間だってその1つ。

自分の趣味の時間や仕事の時間も充実させていきたいし、生きていくには必要な時間ですよね!

自分が心から幸せだな、と笑顔でいられる目的までのゴールを見つけていきたいですね!