出会いイベント、街コンに参加してみた感想を紹介!よかった点・悪かった点について。

全国で頻繁に開催されてる「街コン」。私は今までに街コン主催の出会いイベントにはトータルで5回くらい参加しました。ちなみに今アラサー女です。街コンって誰でもすでに聞いたことあると思いますが、興味があるけどまだ、参加したことがないっていう人もなかにはいると思います。そこで、私がこれまでに参加して感じた感想、いい面もよくなかった点もお話したいと思います。

これを知ることで、なんとく街コンの雰囲気やイメージがつかめると思います。参加しようか悩んでいる人の、参加の有無を決めるひとつのきっかけにもなるでしょう。

参加した街コンの形式・パーティーのスタイルについて

今まで参加した街コンは、男女合計50人以上の大規模なイベント、30人くらいの中規模なもの、20名以下のものなどいろいろ参加しました。50人以上のものは、主催地の地元の商店街などの一部を貸切って、何軒かの店が街コンイベントの会場となっていました。

その大規模街コンへの参加条件は、2名以上となっていたので、一緒に参加してくれる女友達を探して、一緒に参加しました。年齢層は20代から40代くらいまでの幅広い層のイベントでした。この大規模な街コンのときは特に司会者はいませんでした。最初にイベント受付会場に行って、クレジット前払い意外の人は当日現金払いでした。そこで、手首につける、イベント参加者のしるしの紙のようなものを受け取りました。友達と、4~5軒のお店をまわりました。

それ以外にも30代~40代限定の30人くらいの中規模のパーティーには、同じく同世代の女友達とふたりで参加しました。そちらも地元の街コンで、何軒かのお店が街コン会場となっていました。1つの店にたしか滞在時間が30分くらいと決まっていて、それまでは自由におしゃべりしていました。司会者がとくにいなかったので、みんな席を移動することなく同じ席でずっと話しているひとが多かったです。

私たちは少し遅れて参加したので、すでに会場につくと、グループができていてみんな話がもりあがっている感じで、私たちははじめ浮いていたと思います 笑。その後1~2件のお店に移動しました。20名以下のパーティーだとだいだい普通にひとり参加できるので、ひとりで何回か参加しました。

20人以下の街コンは、すべてひとつのお店が会場なので移動する必要がないので楽でした。すべて街コンスタッフが1~2名いたので、席替え、司会進行などとてもスムーズに行われていました。

男女比はどうだったか

50人以上の大規模パーティーは、全体の男女比ははっきりわかりませんでしたが、お店の外などで、男性2人組の人たちがけっこう列をなして待っていたり、男性は席に座れない人達も目立っていたので、やはり男性のほうが多かった共います。私たちは、ほぼ外で待つことは少なかったです。

30人くらいの中規模パーティーは、それほど男女比は気にならなかったです。特に男性が外で待っていたり、席につけないという人は見かけませんでした。20人以下のパーティーでは、少し男性が多いかなくらいで、男女比半々くらいが多かったです。

食事や飲み物はどうだったか

50人以上の大規模パーティーは、各会場のお店ごとに、ブッフェスタイルで何種類かの食事や飲み物が用意されていました。取り皿にてきとうによそって、各テーブルごとにみんなで取り分けたりして食べました。飲み物も、ウーロン茶、オレンジジュースなど数種類が用意されて板と思います。

30規模のパーティーもお店ごとにブッフェスタイルで、各自で取り皿に好きなものを取って食べました。会場がバーのようなお店では、バーのカウンターでスタッフに飲み物を注文しました。ドリンクはその都度お金を払ったと思います。食べ物は、パスタ、フライドポテト、サラダ、厚焼きたまご、唐揚げ、さまざまな野菜のピクルス、おでん、味噌汁、豚汁、デザートなど、会場となるお店ごとにさまざまでした。

20以下のパーティーでも、ブッフェスタイルで、それぞれが取り皿にすきな食べ物をよそって食べました。パスタ、フライドポテト、唐揚げ、サラダといったのが多かったです。ドリンクはその都度ワンコインで払い、カウンターで飲み物を注文するスタイルが多かったです。おしゃれなダイニングバーが会場の時は、飲み物のメニューも、「コラーゲンピーチ」「はちみつ豆乳」など変わったドリンクもあって楽しかったです。

街コンのよかった点、悪かった点とは?

私が街コンがいちばん気に入っているポイントは、「自己紹介カード」が炒らないという点です。一般的な婚活パーティーなどでは、かならず自己紹介カードを書きます。職業、年齢、趣味など、あまり正直書きたくないことも女性にはあります 笑。

私は、この自己紹介カードを互いに交換して相手の肩書とか、年収とかそういったものをはじめに確認しあうことに、ちょっと抵抗というか、違和感を感じるんです。そうすると、年収とか、相手の肩書とかが先入観で相手を見てしまったり、判断してしまいやすいのが嫌でした。

純粋に相手の性格とか、雰囲気とかで興味を持ちたいんです。街コンは形式ばった堅苦しい雰囲気がなく、合コンっぽいワイワイした雰囲気が多く、自然な感じのパーティーなので好きなんです。

街コンに参加してよかったと思ったことは、やはりいろいろな男性と話せる機会があったことです。なかなか社会人になると、異性との出会いってなくて、いろんな男性と話せるチャンスがあったのは新鮮でした。

あきらめずに参加していると、やはり「この人いいな」と感じる人を見かけるようになりました。自分から行動しないと出会いのチャンスはなかなかないので、イベントに参加することは、彼氏をつくるには、とてもいい機会だと思います。また、街コンのパーティーは基本的に連絡先の交換が自由にできたので、気軽にやりとりできたのはいいと思います。ただ、教えたくない人から聞かれたときはちょっと困りましたが 笑。

逆に少し気になったことは、大規模パーティーだと、司会者がいなく、放置ぎみの会場もあり、司会者がいない会場では、せっかく人が集まっているのに、みんな積極的に席移動しない人が多かったので、いろんな人と話すことができなかったのはつまらなかったです。

やっぱり日本人はシャイなところがあるのか、みんなが移動しないと自分から動こうとする人はいない感じですね。私はアラサーになってから、どちらかというと積極的に行動するようになったので、お金を払って参加するからには、いろんな人と話してみたいと思うタイプなんです 笑。まわりに合わせて、ずっと同じ人達としゃべっているのはもったいないと思ってしまいました。

いい人と出会えたか、気になる結果は。

大規模パーティーでは、人は多かったんですがいい人とは出会えませんでした。人の多さや、会場の多さに戸惑ってしまったり、同じテーブルになった男性ペアとの相性がたまたまよくなかったのか、人の数の割りにはいい出会いにはつながりませんでした。中規模パーティーでは、移動の時間も大規模パーティより少なく、比較的時間にも余裕があったせいか、ゆっくりお話することができて、そこで出会った男性と連絡先を交換して、何度かデートできる関係まで発展しました。

20以下のパーティーでも、各パーティーごとに、いいなと思う人と連絡先を交換して、食事デートをしたりしました。あまりにも大規模イベントだと、私の場合は落ちつかないというか、人が多すぎて戸惑ってしまいましたが、中規模のパーティーだとほどよく人数もいて楽しめたかなと思います。

逆に少人数すぎると、そもそもタイプの異性がいないことも多々あったので、せっかく参加したのにっていう時間のロス感があったので、ほどよく参加者がいるイベントがいちばん無難に感じます。あくまでもわたしの感想ですが。

反省点・これから参加する人へのアドバイス

今までの何度か参加してきた婚活イベント。私はよく毎回やりがちな反省点があります。それは、気になる人がいても、恥ずかしかったり、勇気がなくて自分から積極的に声をかけることが少なかったことです。なんとも思っていない人には気軽に話かけられるんですが、タイプの人には恥ずかしかったり、緊張してしまってぎこちなくなってしまうことがあるんです。

どうしてもなんとも思っていない人のほうが気をつかうことがなくて話してて楽なので、つい気になる人とは話せずに、どうでもいい人と話してパーティーが終わってしまったということもありました。あとから、「なんのために参加したんだろう」とすごくむなしい気分になりましたね。それと、気になるひとがいたけど、積極的に話かけられすに、連絡先も聞けないままイベントが終わり、あとになって後悔しても、もう二度とその人と会うことができなくて「後の祭り」というケースもありました。

ほんとうに、人との出会いは「一期一会」です。そのときの出会いが最初で最後ということはたくさんあります。このときばかりは、「なんですなおにアプローチしなかったんだろう」と後悔しました。

これから参加しようとする人は、もしも好みの異性や、いいなと感じる人を見つけたら、プライドや、恥ずかしさは恋を引きよせるのに、邪魔なものになります。あとで後悔しないように、自分にすなおに行動したほうが、たとえ思いが実らなかったとして私のように深い後悔におそわれることはなくなりますよ 笑。

最後に

出会いイベント、街コンに参加してみた感想のポイントまとめ!

  • 街コンは50人以上の大規模なものから、15人くらいの少人数のものまで参加した。大規模なイベントは地元の何軒かのお店を貸切って店を移動するスタイルが多く、少人数イベントは、ひとつのお店で最後までやるの多かった。
  • 男女比は、大規模イベントは人が多すぎてよくわからなかった。やや男性の待つ姿がみられたくらい。小規模なイベントもおなじくらいか、やや男性が多いかなというくらいだった。
  • 食事などは、ほとんどブッフェスタイルで各自で取り皿に料理をよそって自由に食べるスタイルだった。飲み物はカウンターで各自注文するごとにお金を払うのが多かった。パスタ、唐揚げ、フライドポテト、サラダ、ピラフなどがよく出された。
  • 街コンのよかった点は、「自己紹介カード」を書かなくていい、1分など短い時間での席移動があまりなく、ゆったりとしていて自然な合コンっぽい雰囲気がいい。
  • 気になった点は、大規模なイベントだと、司会進行がなく放置っぽい会場もあり、みんな席移動しなくて同じ人とずっとしゃべってるのがもったいなかった。大人数すぎるイベントは、人に圧倒されて落ち着かない、店移動がめんどうなど。
  • 出会いイベントで「恥ずかしさ」「プライド」は恋の邪魔になるもの。もう二度と同じ人と会えないと思い、気になる人には素直にアピールしよう。

いかがでしたか。少しは参考になった点もあればうれしいです。出会いイベントの気になった点もいくつかありましたが、それでもやはり、こういった出会いのイベントがないと、異性と出会うきっかけがないので、さまざまな婚活パーティーがたくさん開催されているのは、ありがたいなと感じます。

本当は日常生活で、自然な出会いがあったら・・なんて妄想もありますが、実際はなにか出会いのきっかけがないと、出会いなんてまったくないんですよね 涙。わたしは出会いイベントって少し緊張してしまうんですが、やはり積極的に行動して、自分から幸せをつかみにいかないといけないなと思います。おたがいにがんばりましょう 笑!

 

こちらの婚活サイト体験談もよかったらみてみてください!