30代女性必見!知っておきたい若く見えるメイクとは?

30代になってからメイク方法をかえていますか?

メイクをすると別人という人もいるくらい、メイクの力は偉大。

美人な女性にとっては必要不可欠なことですよね!

 

そんなメイクですが、似合わないメイクをしていると逆効果になってしまうことも。

せっかくおでかけ前にわざわざ時間をとってメイクをしているのに、老けて見えたり、ケバくみえていたらイヤですよね。

 

そこで今回は、30代の女性を若く見せる、おすすめのメイク方法をご紹介したいと思います!

30代女性のメイクのポイント

10代、20代をかわいくみせるメイクと30代をかわいくみせるメイクは違うって知っていました?
たしかに、昔はバッチリメイクでも似合っていた気がするけど、30代になってから同じメイクをするとケバく見える・・・徐々に昔より薄めになってきたなぁ。

 

30代の今になっても10代、20代の頃と同じメイクをしている人、 もしかしたらメイクで逆に老けて見えているかもしれません。

 

30代の女性がキレイになるメイクは、 ズバリ「引き算メイク」です。

 

「引き算メイク」なら自然に、繊細で可愛くみえるので30代の女性にぴったりなメイクなんです。

 

目にカラコンやつけまつげ、アイプチで盛る、ファンデーションは厚塗り、唇はグロスを厚くのせて盛る・・・そんな盛り盛りの「足し算メイク」になっていませんか?

 

「足し算メイク」は人工的で大げさにみえるので安っぽさを感じやすく、30代の女性の魅力を生かせないメイクです。

 

この「足し算メイク」をやめると、 メイクの時間が減るし、すっぴんとのギャップが減ってすっぴんをみせても驚かれにくくなるのもうれしいところです!

 

もちろんメイクアップ効果はあるのですっぴんより可愛くなれる、いいとこづくめなのが「引き算メイク」です。

30代女性が若く見えるメイク法①下地をつかう

 

ついつい肌のアラを隠そうとしてファンデーションで厚塗りしていませんか?

ですがそのファンデーションの厚塗り、注意が必要です。

薄いメイクにしたいと思いつつも、ついしっかり塗っちゃうことがあるな~。

 

厚塗り=オバサンと思う人も多く、ファンデーションを厚塗りすることで一気に老けて見えてしまいます。

 

そこで使っていただきたいのが化粧下地です。

 

じつはファンデーション1本だけ使うより、ファンデーションと下地など2本以上使ったほうが、薄付きで自然に仕上げやすいんです。

 

下地には、いろいろな種類があります。

 

下地の効果

■化粧崩れ防止

■毛穴埋め効果

■トーンアップ

■色味調整

■保湿効果

■ファンデーションを定着しやすくするベース効果

■つや出しまたはマット加工効果

 

 

下地はそれぞれの悩みに特化しているので、自分の消したい悩みだけ消すことができます。

 

ファンデーションの塗りつぶし効果だけでアラを隠そうとすると、隠したい部分が消えるまでたくさんの量が必要になります。

すると隠さないでいい部分まで塗りつぶしてしまって、不自然に見えやすくなるんです。

 

ですが下地なら悩みの部分だけ少量でしっかり消してくれるので、 肌を余計に隠すことがなく自然にキレイに肌を整えてくれますよ。

 

下地のつけ方
  • 下地はファンデーションを使う前につける。
  • 気になる部分だけに使うのがポイント
  • 毛穴用など必ずしも顔の全部につける必要はなし。

 

化粧下地にはたくさんの種類があるので、きっと自分に肌悩みにあった下地を見つけられますよ!

 

こちらは肌刺激が少なく、コスパがいい下地。美容化粧品を化学で解析するかずのすけさんも取り上げていた下地です。

30代女性が若く見えるメイク法②ナチュラルなアイメイク

 

メイクの失敗で多いのがアイメイク。

デカ目に見せたいとついついやりすぎてしまうことありません?

最近は、気をつけるようにしてるんだけど、たまにちょっと濃いかな?って感じるときある。メイクって楽しいから、ついやりすぎちゃうんだよね。

 

30代の女性が濃いめのアイメイクをしてしまうと、ひと昔前の古い印象のオバサンメイクになったり、人工的でケバいメイクになってしまいます。

 

 

30代で目指したいのが、やさしげで自然に強調した目元です。

 

 

アイラインはブラウン系にすると、目元を強調しつつも自然な目元になりますよ。

黒色で太く引くと不自然にみえやすいので30代には不向き。

 

アイラインの引き方
  1. ラインを引く際は、あくまでも自然に見えるアイラインに気をつける。
  2. まつ毛の生え際の部分に細く目の形に添って引く。
  3. 目尻部分で若干生え際から少しはみ出すくらいの太さで引き、跳ね上げやたれ目などせずに目の形に沿って抜く。
  4. 目じりの長さは自まつげより少し長いくらいにするのが自然にみえるコツ

 

またマスカラもブラウン系がおすすめ。

 

そして自まつげのように繊細にみえるロングタイプを使うのがベターです。

繊細で長いまつげが華奢で女性らしく可愛い目に見せてくれますよ!

 

30代女性におススメ~プチプラなコスメブランド6選!

2020-08-30

30代女性が若く見えるメイク法③血色ベージュリップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

M・A・C Cosmetics Japan(@maccosmeticsjapan)がシェアした投稿

30代になって気をつけたいのがリップアイテム。

発色がよすぎて唇だけが浮いて見えるような色は30代にはNGです。

唇が派手だとオバサンっぽく見えたり、ケバく見えてしまいます。

 

とし
たしかに。発色のいいリップもかわいいんだけど、30代になってから派手な色のリップは合わなくなってきた気がする。

 

30代におすすめなのが、 コーラルベージュやベージュピンクなど肌なじみのいい色です。

必ず1つは持っておきたいおすすめのリップカラーですよ。

 

自然なツヤがでるものをチョイスすれば、唇の縦ジワを目立たなくしてふっくら魅力的に見せてくれます。

 

ただ注意していただきたいのがまったく赤みのないベージュやブラウン。

血色が少なく不健康に見えやすい色。

 

オレンジやピンクなどが混じった血色のあるベージュを選びましょう。

 

私はセザンヌなどのプチプラコスメも愛用しています。コスパがいいのに優秀アイテムが多いのでとてもうれしいです。

 

30代女性が若く見えるメイク法④自分の肌の色にあったファンデーション

意外に気を使っていない方も多いのがファンデーションの色選び。

 

とし
たしかに。たくさん日焼けしたとか、肌色が大きく変わらないかぎり、だいだい同じ色を買ってるな~。

 

ですが、 自分に会わない色のファンデーションを使っていると肌がきたなく見えたり、老けて見えてしまう原因になること。

 

自分の肌の色にあったファンデーションを使うと、肌がキレイにみえるうれしい効果がたくさんあります。

 

自然にみえる、肌の透明感がアップする、使う量が減る、お化粧が崩れにくくなる、なじませる作業が減って時短になるなど。

同じファンデーションでも、自分に合った色を選ぶだけで美肌になれるんです。

 

 

ファンデーションの色の選び方がわからない、という方でもっとも手っ取り早い方法が、デパートなどの化粧品ブランド店舗で美容部員さんに選んでもらうこと。

 

ブランドによっては色の幅が広く、 まるでオーダーメイドしたような自分の肌の色にピッタリな色味を選ぶことができますよ。

 

ファンデーションを自分で選ぶコツ

テスターもしくは色見本を使う。

ほおのしたから首にかけて調べたい色味を何色か分けてつける

その中で顔と首とどっちにも1番なじんで見える色があなたに似合う色!

 

チェックする際はノーメイクで自然光があたる場所、なるべく大きい鏡で確認するのがベストです。

自然光がむずかしい場合は、蛍光灯でもいいのでなるべく明るい場所でチェックしましょう。

 

 

こちらは刺激性が少なく肌にやさしいファンデーション。カバー力も高いと好評。

30代女性がやってはNGなメイクとは?

30代になってこれだけは避けたいメイク方法を紹介していきます。

 

1.古すぎる化粧品やきたないメイク道具を使ったメイク

 

5年前に買った化粧品を使っている、最後にファンデーションのスポンジを洗った時期を覚えてない・・・という方は今すぐ見直して。

 

清潔でない化粧品はほかの化粧品と色が混ざったり、皮脂と混ざって変色してきたない色になってしまうことも。

せっかくメイクしたのに顔にきたない色がつくのはイヤですよね。

 

しかも、きたない化粧品は雑菌でいっぱい。

雑菌はニキビなどの肌トラブルの原因になります。

 

また古い化粧品は、成分の酸化や変質がすすんでしまい、これも肌トラブルの原因になってしまいます。

 

 

化粧品はだいたい開封してから3年以内に使いきれなかったものは、処分したほうがいいでしょう。

 

 

スポンジや筆はこまめな洗浄が大切です。

スポンジは毎日洗うのがベストですが、乾かす時間もあるので何個かストックをもっておいてローテーションするのがおすすめです。

 

私はリップブラシなど液体のものを触れたときは、洗浄剤でつど洗います。

 

アイシャドウなどの粉系のものに触れたときはティッシュにいろがつかなくなるまでなでつけてオフ。

ティッシュになでつけても色が残るようになったら洗剤などをつかってしっかり洗浄しましょう。

 

洗浄がお手軽にできるアイテムが、ティッシュにスプレーしてなでつける洗浄液です。

 

水を使わず洗える上に、すぐに乾くのでお手軽。

プロのメイクアップアーティストの方にも愛用者が多く、おすすめ品です。

 

2.小さな鏡を使ってフルメイク

 

メイクで大切なのが、顔を映す鏡。

眉毛が左右対称にかけない、ファンデーションがムラになる原因が、実は小さな鏡でメイクしていたという方もいます。

あ~、これ私だ。持ち運びしやすいコンパクトな鏡をいつも使ってるんだけど、鏡が小さめだから、いつものぞき込むようにしてメイクしてるんだよね。

 

顔全体がうつる大きな鏡なら、 顔の左右対称具合や全体のバランスなどがとりやすいので、美人見えメイクがしやすいんです。

しかも小さい鏡でメイクするより大きな鏡のほうが、カンタンにメイクできるので時短効果も。

 

パーツひとつひとつが濃くなりがちな「足し算メイク」も、大きな鏡を使えば脱却しやすくなりますよ。

 

鏡を設置する場所は自然光が入る、もしくはライトがしっかりあたる明るい場所にしましょう。

暗い場所でのメイクすると厚塗りになってしまい、外の明るい場所でたときにケバいメイクになってしまいます。

 

最近のかがみには「女優かがみ」と呼ばれる鏡の側面部分がLEDなどで光り、顔を明るく照らしてくれるものもありますよね。

明るい場所が確保できないという方にはおすすめです。

エイジングケアにおすすめのプチプラ化粧水5選!30代女性向け~

2020-08-15

30代女性必見!知っておきたい若く見えるメイクのまとめ

  • 30代で10代や20代のメイクを続けていると老け見えの原因に
  • 30代の女性には「引き算メイク」
  • 化粧下地をつかって薄付きな自然な美肌を手に入れられる
  • 30代になったらアイメイクはブラウン系でやさしげな目元にチェンジ
  • ベージュ系の血色リップなら30代の女性をキレイにみせてくれる
  • 自分の肌の色にあったファンデーションで美肌&時短に
  • 30代になったらきたない化粧品や小さな鏡を使ったメイクはNG

 

せっかくメイクするのなら、よりキレイに見られたいですよね!

ずっとつづけているメイクのこだわりをかえるのは結構勇気がいるけど、そのぶん30代の女性に似合うメイクはキレイに若く見える効果が絶大。

30代に似合うメイクをとり入れて、「え、ほんとに30代?」と言われるような美人顔を目指しませんか?