婚活を成功させたい女性必見!婚活がうまくいかない原因は〇〇!?

20代なかばを過ぎると女性は「結婚」を意識してくる人も多いですよね。女子会でもかならず、婚活の話題はつきません。でも、理想の時期を決めても思いどおりに進まないのが婚活のむずかしいところ。

 

私自身も「20代のうちに結婚したい」と婚活を始めたのが27歳。「時間がない、どうしよう」と、プレッシャーを感じながら2年ほど婚活をつづけていましたが、その期間にいい出会いはあまりありませんでした。

 

そこで今回は、焦りを感じながらも頑張っているアラサー女性に向けて、婚活の成功のコツをご紹介します。ちょっとしたコツを知ることで、無理なく余裕をもって婚活をすすめていくことができますよ!

婚活がうまくいかない女性の特徴とは?婚活失敗の原因は?

その1 理想が高い

「結婚相手は一生をともにするパートナーだから、ぜったいに妥協はしたくない」と思っている女性もいると思います。

 

恋愛経験を積んで、男性を見る目も養われてきて、「相手にもとめる条件」がよりいっそう厳しくなってしまいがちですよね。でも、そうなると、相手の欠点や短所などに目がいきがちになってしまいます。

 

せっかく気のあう男性と出会えたとしても、小さなこだわりで出会いを逃がしてしまうこともあります。「いい人だけど年収が条件に満たない」「趣味も共通で話もあうけど顔がタイプじゃない」など出会った男性を簡単に候補からはずしてしまうことはもったいないことです。

 

これまでの出会いのなかで、すてきな人に出会えていたのにチャンスを逃がしていなかったか、いちど思いかえしみるのもいいでしょう。そして「こうすればよかったかな」「連絡先だけでも交換しておくべきだったかな」など反省点をつぎに生かしてみましょう。

その2  プライドが高い

キャリアを積み社会的地位を築いてきた女性や、今までモテてきた経験のある女性、彼氏が途絶えなかったひとに多い傾向があります。自分に自信がありすぎて、謙虚さがたりないひとは婚活に不利になってしまいます。

 

プライドの高い人ほど、 「私が結婚できないのは私のせいじゃなくて、いい男がいないから」と環境や相手のせいにしてしまいがちです。

 

「自分にたりないところや改善すべきところはないか?」など謙虚な姿勢でとり組むことは婚活ではとても大切です。婚活を通じて、女子力や人間力を高めていけるひとは、男性からの引きあいも多くなっていくものですよ。

その3 度がすぎる自分磨き

がんばって自分磨きをしていてスキルも高いのに、なかなかいい人にめぐり会えない女性もいます。

 

自分磨きにあまりにも必死になってしまうと、男性からしてみたら「お金がかかりそうな女性だな」「なんか俺とは生活スタイルが合わなそう」などと、逆に男性を遠ざけてしまう場合もあります。

 

わたしも昔すてきな男性とデートしていたときに、たまたま「気になるエステがあるんだよね」と彼に美容の話題を出したとき、「それ、いくらくらいかかるの?」と聞かれて「50万円くらい」と、平然と答えてしまったら「え?高すぎ!そんなに高いのに行こうとしてるの?」と本気で引かれたときがありました。

 

今思えば、たしかに高すぎると思いますが、当時の私は美容のことばかり興味があったので、けして高いとも感じていなかったんです。そのときの彼の反応で、たぶん「お金のかかる女」と確実に思われたと思いますね。

 

向上心があることはとてもすてきなことですが、男性は自分と価値観の合うような、家庭的な女性を求めている人が多いものです。

 

「私はこれもあれもできるんです!」とがんばらなくても、ありのままの姿で男性を立ててくれるようなやさしい雰囲気の女性が好まれやすいでしょう。

その4 自分に自信がない

過去の恋愛で深く傷ついたことのあるひとは、「もう傷つきたくない 」「相手に嫌われたくない」との思いから、いいなと思うひとがいても、自分から声をかけることってむずかしいものですよね。

 

デートまで進んでも、相手の顔色ばかり気になってしまい、自分の意見をうまく伝えることができなくて、結局その後うまく発展できなかったというケースもあると思います。

 

わたしも自分に自信がなかったころは、どうしても消極的になりがちで、自分から相手に積極的に話しかけたり、明るく接することが少なかったですね。たぶん相手も「おれのことあまり好きじゃないのかな?」と思わせてしまったでしょう。

 

自分と価値観のあう相手と出会うためには、やはり勇気をだして積極的に相手と会話をしなければ、どんな性格のひとなのかわからないままでは、もったいないです。気になるひとがいたらアピールしてみましょう。チャンスを逃がしたらもう二度と出会えないかもしれませんよ。

その5 受け身が多い

婚活はどれだけ多く異性と出会ったかがすべてといってもいいくらい、出会いの数だけチャンスもあるものです。彼氏はほしいと思っていても、「婚活アプリに登録するのはちょっと恥ずかしい」「合コンに来るような男性はあまり好きじゃない」と小さなプライドが邪魔して、なにも行動できていない女性もいます。

 

「いつか運命の出会いがあるかもしれない」とのん気にすごしていたら、あっという間に人生はすぎていってしまいます。素敵な男性ほど、どんどん結婚していくものです。

 

また、せっかく出会の場に行っても、自分からやはり行動を起こさないと次のステップにいきにくいものです。気になる人がいたらまずは、自分からも気軽に声をかけてみましょう。

 

積極的な女性は明るく、活発な女性として男性に好印象をあたえやすくなります。ふだんは消極的な人や人見知りな女性も、婚活では積極的な女性としてふるまってみるのもおすすめです。女性よりも男性のほうが鈍感な人が多いものなので、積極的にアピールしないと、自分の気持ちに気づいてもらえないこともあります。

これまでの婚活中に困ったことや悩みとは?婚活中女性のホンネを紹介!

マッチングアプリで実際に会ったら、プロフィールで嘘をつかれてた
合コンに参加するにも、デートをするにもお金がかかる。正直あまり余裕がない
人見知りの性格だから、合コンやデートなど緊張してうまく話せない

 

やはり、せっかく婚活イベントに参加しても、理想の男性と出会えなかったり、かならずいい人がいるとはかぎりません。がんばって参加したのに、いろいろな気づかいで疲れてしまったという人も多いでしょう。いい人に出会えても相手に振り向いてもらえなかったり、思い通りにいかないと落ち込んでしまいますよね。

 

私も、はじめはがんばって参加していましたが、途中から疲れてしまって、「もう婚活イベントに参加したくない」と思ったり、「このままでは一生結婚できないのではないか」と自信がなくなることもありました。

 

婚活で気分が落ちこんでいるときは、友人のSNSでの結婚や妊娠報告が投稿されているのを見てさらに落ちこんでしまったり、まわりの幸せをすなおに喜べない自分を悲しくなることもありました。

 

落ちこんだ気持ちをまた切りかえるにはとてもエネルギーがいりますよね。そのためにはできるだけ疲れずに、楽しく婚活に取りくんでいけるように、じぶんの生活スタイルに負担のかからないように余裕のある婚活スケジュールにするのがおすすめです。

 

婚活を急ぐがあまり、短期間であちこちのイベントに参加し、クタクタになってしまう女性もなかにはいます。

 

出会いばかりは、相手とのご縁もあるので、一度にたくさん参加したからといって、すぐに理想の相手と出会えるとはかぎりません。一生ひとりの男性と人生を歩んでいくわけですから、いろんな相手を見ながら、焦らずじっくり人生のパートナーみつけることが大切だと思います。

婚活を成功させるためのコツとは?

出会いの場に行く目的を再確認

だれもがいい出会をもとめて婚活イベントに足をはこびます。でも、期待が大きいほど出会えなかったときには、「お金や時間がむだになってしまった、またダメだった」と落ちこみます。

 

この落ちこむ回数をへらすためにも、出会いの場には複数の目的をもつことがポイントです。

 

その1 男友達を増やし、男性と会話をするチャンスと捉える

理想の相手の条件は満たさないけど、男友達としてつきあえそうな人を見つけたら、気軽に連絡先交換してみましょう。その人とのつながりから、新たな食事の場をつくってくれたり、条件にあった男性を紹介してもらえる可能性もあります。

 

また、友人であっても男性と交流する機会を増やすことで、男性心理を知るきっかけや婚活のヒントが見つけられるというメリットもあります。

 

その2 自分の魅力を試す機会として

婚活をとおして、じぶんの女子力や恋愛力がどれくらいなのか、知る機会でもあります。

 

「デートに誘われる回数がふえた」「会話がはずむようになった」「第一印象で好感をもたれるようになった」など、以前より成長した自分を感じることで、自分に自信がもてるようになり、婚活へのモチベーションもあがったりします。

 

その3 頑張りすぎないルールをつくろう

 

まじめで、がんばり屋な女性ほど、婚活の予定をぎっしり入れてしまって、自分への負担が大きくなってしまいがちです。

 

私自身、婚活をはじめたころは、週3回のペースで合コンに参加し、同時進行で何人かの人と連絡をとりながら食事に行ったりと、いそがしい時期がありました。行動している満足感から不安は解消されましたが、初対面の人が集まる場は気をつかうし、食事に行っても相手に気づかいながら会話をしたりと、心身ともにとても疲れました。

 

なので、「合コンは週1回まで、食事に行くのは月3人まで」など、あえてがんばらないスケジュールにすることが大切です。疲れた状態のまま場数をふむより、気持ち的にも余裕をもってベストコンディションで参加したほうが成功の確率も高くなります。また、時間にさらに余裕ができたときは、婚活の合間で自分磨きに時間を費やすこともできます。

 

その4 柔軟に考える

 

婚活中に多くの男性と出会う中で、理想の条件がかわってくることがあります。また、だれにあっても気乗りをしない自分に気づいたときは、「今本当に結婚したいのかな?もしかしたら、まわりにあわせていただけなのかも」と気づくこともあります。

 

マイペースに婚活をすすめるためには、ときには自分の心の声に耳をかたむけ、柔軟に対応していくことが大切です。やみくもに行動するのではなく、「結婚」に対する自分の価値観と向きあいながら、婚活の場を利用していきましょう。

婚活に疲れてしまったときは?それでも頑張ったほうがいいの?対処法を紹介!

婚活に疲れてしまったときは、無理につづけずに一度休みましょう。

 

疲れたとかんじているときは、自分のこころが休みたいと思っているメッセージともいえます。これまでがんばってきた自分を褒めてあげながら、また婚活してみようかなと思えるようになるまで、しばらく身も心も癒しの時間をつくってあげましょう。

 

  • エステに行って癒される
  • 仕事や趣味に没頭する
  • 家で好きな本を読む

 

「出会いはあわせ鏡」だとよくいわれますが、いい出会いをするにはまず自分をいい状態にキープすることが大切です。休むことも次にステップアップするための大切な準備期間ととらえましょう。

 

30代で婚活に成功した女性が結婚に結びついた婚活方法4つとは?

2020-11-18

婚活がうまくいかない女性必見!婚活を成功させる秘訣のポイントまとめ!

  • 結婚目標を決めてもなかなか計画どおりにいかないのが婚活のむずかしいところ。マイペースに取りくむことが大切。
  • たえとカップリングになれなくても、連絡先交換をして次の出会いの場につながることも。
  • 自分の負担にならないよう、週に1回など余裕のある婚活スケジュールにしょう。
  • 理想の条件が多すぎるとせっかいのチャンスを逃すことも。価値観の相性も重要ポイント。

 

いかがでしたか。婚活は努力したから報われるとはかぎらないし、時間をかけたら成功するともいえません。ご縁ばかりは、だれも予測できませんよね。

 

でも、まわりがうまくいっていたり、ゴールインしているからといって、焦って結婚してしまうのも危険だと思っています。

 

自分のペースですこしずつ進んでいきましょう!