30代のすっぴんに見えるナチュラルメイクをご紹介!自然なのに魅力的な自分になれる~

20代頃は派手なメイクをしていたけれど、30代に入っても同じようなメイクをしているとなんとなく似合わなかったり、変な若作り感が出て悩んでいる方はいませんか?

 

30代になるとあまりケバケバしく化粧していても浮いてしまったり、かといって全然化粧っ気がないのも顔色が悪く見えてしまうこともありますよね。

 

そこで今回は、30代の女性にむけて、自然で魅力的な自分になれる、すっぴんに見えるナチュラルメイクについて、ご紹介していきます!

30代女性がすっぴんメイクを意識すると・・・

30代になると20代の頃にはなかったシミやシワ、くすみなどが気になってきますよね。
とし
たしかに。特に肌質が変わってきたのがよくわかるなぁ。

 

そうなるとメイクで隠そうとすると厚塗りになってしまったり、目元もブラウンのシャドウばかり使っていると窪んで見えて、余計に老けて見えてしまうことも…。

 

あえてすっぴん風に厚塗りせずに、気になるところはコンシーラーを使ったり、アイシャドウも明るい色を使ったりすることで自然にナチュラルに見えるのに、とても若々しく見せることができますよ。

 

30代のすっぴんメイク~ナチュラルなのに素敵に見えるポイント①アイラインはまつ毛の間を埋めるのみ

目元をはっきり見せたくて、ついついしっかり引きがちなアイライン。

ですが、太く目立つように引くことで余計に目が小さく見えてしまうことも。

 

おススメは、 アイラインはまつ毛の間を埋めるだけにしてみましょう。

そうすることで目の形の輪郭ははっきりしますが、まぶたまでアイラインを引くことがなくなるので、目の印象をはっきり見せつつ、大きな目に見せてくれます。

 

また、目じりにアイラインを引くと一気に化粧感が出てしまうので、あくまでも目尻からはみ出さないように引くのがポイントです。下まぶたも目尻側ではなく黒目の下に少し引くことで自然と黒目を大きく見せることができますよ。

 

30代のすっぴんメイク~ナチュラルなのに素敵に見えるポイント②チークを入れすぎない

 

チークって入れるだけで顔色が華やかに見えたり、血色がよく見えたり、入れるだけで小顔に見えたりとメリットがたくさんありますよね。

ですが、チークを入れすぎることで、すっぴん風からは遠ざかってしまいます。

 

チークって以外と乗せる量がむずかしよね。多すぎても変だけど、少なすぎても物足りないし・・・

 

なので、 下地→クリームチーク→ファンデーションの順番で塗ることをおススメします。

 

そうすることで、ファンデーションの内側にチークがくるので、 色味がそこまで肌に影響せずに自然な頬の赤みを演出できますよ。またクリームチークはパウダーチークより指などでぼかしやすいので、すっぴん風メイクにはぴったりです。

 

最近ではプチプラでもクリームチークが出てきたので、1度お試ししてみるのもいいですね。

 

 

 

30代のすっぴんメイク~ナチュラルなのに素敵に見えるポイント③ファンデーションを全体に塗らない

ついつい顔全体に塗りたくなるファンデーション。特に隠したい部分が沢山あると全部塗ってしまいがちですよね。ですが、全部塗ってしまうとすっぴん風の自然な感じがなくなってしまってどうしても化粧しています!という印象が強くなってしまいます。

 

そこでおススメなのが、“顔の中心だけファンデーションを塗る”方法。

 

目のクマやシミなどは部分用のコンシーラーであらかじめ塗り込んでおき、ファンデーション自体は鼻や鼻の下、頬の中央、おでこの中央だけに仕込み、輪郭などには塗らないようにします。

 

そうすると毛穴などはきちんといますが、輪郭はそのままなので自然な感じに仕上がります。

 

また、輪郭にファンデーションを塗らないことで、自然なシェーディング効果も出るので小顔にも見せることができますよ。

 

30代女性におススメ~プチプラなコスメブランド6選!

2020-08-30

 

30代のすっぴんメイク~ナチュラルなのに素敵に見えるポイント④リップはベージュ系かピンク系

 

季節にもよるけど、血色感のある赤みの強い口紅やリップは唇を魅力的に見せてはくれる一方、一気にナチュラル感をなくしてしまう要素にも。

 

ベージュ系のリップだと、唇に自然な血色感と艶を与えてくれるので、すっぴんメイクにはおススメです。

 

数年前に流行った“恋コスメリップ”こと、 インテグレートグレイシィの“リップスティック31番はとても肌なじみのいいピンク系のリップ。

自然な唇の血色を引き出してくれます。

 

“恋コスメ”と名前は聞くと少し恥ずかしいですが、すっぴんメイクに合いつつ浮かないのでおススメの商品です。

 

 

30代のすっぴんメイク~ナチュラルなのに素敵に見えるポイント⑤アイシャドウはパールベースのベージュ系

20代のころって目に影をつけて大きく見せるために、濃いめの茶色のアイシャドウを二重幅より広く塗ったり、目の際までしっかりと塗っていませんでしたか?

 

してた~。私なんて外国人のような凹凸に憧れて、いかに立体的に見えるか盛りまくっていたなぁ~ 笑

 

30代になるとまぶたが痩せてきたりして、20代のままのメイクだと目が窪んで見えてしまい、返って疲れて見えたり目元だけ老けた印象を与えてしまうことがあります。

 

なので、 あえてアイシャドウはベージュ系の明るい色を瞼にサッと入れるだけにしましょう。

すると、目元が自然と明るく見えます。

 

ここでラメたっぷり系のアイシャドウを使ってしまうと、せっかくのすっぴん風が薄くなってしまうので、 ラメ系ではなく細かいパール系のシャドウがおススメ。

 

アイシャドウはついつい4色入ったものを買いがちですが、最近はデパートコスメ以外にもプチプラで単色アイシャドウの種類も増えてきました。

まずはお試しでプチプラコスメから挑戦するのもいいですよ。

 

 

以上、30代のすっぴんに見えるナチュラルメイクをご紹介!自然なのに魅力的な自分になれるでした。

  • アイラインはまつ毛の間のみを埋めて目尻から伸ばさない
  • チークは下地→クリームチーク→ファンデーションの順番で塗る
  • ファンデーションは顔の中心だけで輪郭まで塗らない
  • リップはベージュ系かピンク系
  • アイシャドウは茶系ではなくパール系のベージュ

 

いかがでしたか?

30代に入ると化粧の仕方も厚塗りしているより、ナチュラルな方が自然でより魅力的に見えます。

今回ご紹介したメイクテクニックはすべてプチプラコスメで実践できます。今日からすっぴんメイクを楽しみたいという方もすぐに挑戦できると思うので、ぜひ試してみてくださいね!

 

30代女性におすすめのエイジングケア基礎化粧品5選!

2020-08-18

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。