ぬか漬けの美容・健康効果とは?食べ方からうれしいメリットまで総まとめ!

最近「ぬか漬け」は美容や健康にいいとよく聞きますよね。

 

女優さんや食通の芸能人の方たちもオススメしているのをテレビで見ます。

 

しかし、興味はあるけど具体的にどのような効果があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

また、ぬか漬けはむずかしいというイメージがあり、どうやって食べればいいの?という声もよく聞きます。

 

そこで今回は、ぬか漬けについて徹底的に解説します!

 

美容効果や食べ方、オススメの食材まで、ぬか漬けの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

ぬか漬けとは?

とし

ぬか漬けとは、米ぬかを使って漬け込んで作る漬物を指します。

塩で漬けたものは塩漬け、お酢で漬けたものは酢漬けというように、漬けるものによって名前が付けられています。

 

ぬか漬けは、米ぬかだけでなく、塩や水を混ぜて乳酸菌を発酵させたものに、野菜を漬けこんで作られます。
そのため、 ビタミンやたんぱく質・食物繊維などの多く含まれています。

 

生の野菜を食べるよりも栄養価が5倍~10倍も高くなるといわれています。

ぬか漬けの栄養について

それでは、ぬか漬けの栄養について紹介していきます。

ビタミンB群

ダイエット効果があり、糖質や脂質の代謝を助け、コントロールしてくれる働きがあります。

 

また、疲労回復にも効果的です。野菜をぬか漬けにすることでビタミンB1が10倍にも増えることが分かっています。

ビタミンE

抗酸化作用があり、血液中の健康を保つ働きもしてくれます。

(抗酸化作用とは、体の酸化を抑える働きのこと。例.リンゴが茶色くなる→酸化している)

植物性乳酸菌

腸内環境を整える働きをしてくれます。

 

特に植物性乳酸菌は、生きたまま腸まで届く乳酸菌で、チーズやヨーグルトに含まれている動物性乳酸菌と比べて、胃酸や胆汁酸にも負けない強い菌という特徴があります。

不溶性食物繊維

血糖値の上昇を抑え、胃や腸内の働きを促進する働きがあります。

胃や腸で水分を吸収して大きく膨らませる機能をもっているため、刺激を与え排便がスムーズになります。

ぬか漬けの嬉しい美容・健康効果~

次にぬか漬けの美容効果についてお話していきます。

①ダイエット効果

ぬか漬けにはビタミンやミネラルといった、 ダイエットに欠かせない酵素が含まれています。

 

それらの酵素は代謝機能がアップし、痩せやすい体質を作ってくれます。

 

他にも、短期間でダイエットを成功させる可能性が高くなるということも言われています。
まさにダイエット食品と言うことができますね。

②便秘解消

善玉菌の働きがある植物性乳酸菌といや腸の働きを促進する不溶性食物繊維が含まれているため、腸内環境の改善にも効果があります。

 

この2つの効果によって 便秘で悩んでいる人も、便秘解消につながります。

③アンチエイジング効果

抗酸化作用により、アンチエイジングの効果も期待できます。

人間の体は酸化すると、カラダや血管の老化が進みシミやシワができてきます。

しかし、ぬか漬けには豊富なビタミンが含まれているため、老化防止の様々な働きをしてくれます。年をとっても若々しくありたい方にオススメです。

30代のアンチエイジングにおすすめの最強スーパーフード7つ紹介!

2020-04-13

④美肌効果

腸内環境が整うと不要な老廃物が体の外に出ていき、体内を綺麗にすることができます。

 

そうすると、デトックス効果により美肌効果に繋がるのです。

また、豊富なビタミンが含まれているため、美肌に欠かせないビタミンの酵素がぬか漬けひとつで補うことができます。

⑤がん・動脈硬化・糖尿病の予防

ぬか漬けは、美容効果だけではなく、健康にも効果的です。

 

●がん予防

食物繊維を多く含んでいることから、腸内環境を整え、大腸がんの予防になります。
また、活性酸素を除去する働きを持つβカロテンが含まれているため、過剰な活性酸素の発生によって発生するがんにも効果的です。

 

●動脈硬化、生活習慣病の予防

動脈硬化の原因は、血液の流れが悪い、悪玉コレステロールが多いことと言われています。
その結果、脳梗塞や心筋梗塞のような病や生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

ぬか漬けには、動脈硬化の予防に効果的な栄養素(ナイアシン・ビタミンB群・カリウム・食物繊維)が含まれているため、悪玉コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。

 

●糖尿病の予防

食物繊維にはインスリンの分泌を促す働きもあります。

なので、インスリン不足によって起きる糖尿病の予防に最適な食材といえます。

 

⑥免疫力アップ

腸内環境が整うと自然と免疫力が上がるといわれています。その理由は、腸には免疫細胞の約7割が存在しているからです。

 

腸が活性化することで免疫細胞も活発に動き、免疫力が上がります。
免疫力がアップすると、風邪予防やアレルギー体質の改善、疲労回復にも効果があります。

ぬか漬けの食べ方について

次に効果がより吸収できるおすすめの食べ方についてご紹介します。

 

もっとも効果的なのは、夕食後に食べることです。植物性乳酸菌を夕食後に摂ると、日中とくらべて腸での働きが活発になるといわれています。

 

ほかの栄養素と摂取をすると、植物性乳酸菌の働きがほかの栄養素に邪魔され、うまく活動しません。
また食事中は、胃酸が活発に働いているため、胃酸が落ちついた食後がもっとも効果を発揮することができます。

 

夕食後に食べるだけではなく毎日食べることも、ぬか漬けに含まれる栄養素を効果的に発揮できるポイントです。

ぬか漬けの旨味について

ぬか漬けは、自宅で簡単に作れる発酵食品としても人気です。

 

その発酵という工程にぬか漬けのうまみが作り出されている秘密があるのです。

 

発酵とは、人間にとって有効な微生物が働き、有機化合物を分解することを指します。
原料を発酵させることで、うまみの元となるアミノ酸や乳酸が働き、再び原料に染み込みます。そうすることで、原料にはなかった風味やうまみが生まれるのです。

 

ぬか漬けに使用する主な食材は、きゅうり・にんじん・キャベツ・水ナスなどです。
その食材にもそれぞれの栄養価があります。ぬか漬けにすることによってより高い栄養価が養われるので、いろんな種類のぬか漬けを作ってみるといいかもしれませんね。

 

後半では、変わり種の食材もご紹介します。

ぬか漬けはそのまま食べることが可能?

ぬか漬けをそのまま食べることは可能ですが、そのまま食べる人は少ないでしょう。基本的には、水で洗い流して食べるのが一般的です。ぬかには塩分が多く含まれていますので、水で洗い流すことをオススメします。

 

洗い流すことで栄養素が失われてしまうのでは?と考える方もいると思います。洗い流してもしっかり食材に栄養素が含まれていますのでご安心ください。

 

野菜ではなく、魚を漬けている場合は洗い流さずにまな板の上に乗せ、丁寧に取り除いてください。

ぬか漬けにできる以外な食材を紹介!

ぬか漬けと聞くと、きゅうりや大根、キャベツなどをイメージされる方が多いと思います。

 

しかし、その他にも意外な食材がぬか漬けにできてとっても美味しいと人気があります。

 

これから、人気の変わり種ぬか床食材をご紹介します。

アボカド

変わり種ぬか床食材人気ナンバーワンのアボカド。

 

アボカドをぬか漬けに?とビックリする方もいらっしゃると思いますが、相性抜群です。

 

漬け方は、種を取り除き、キッチンペーパーで包み、ぬか床へ入れます。(アボカドは少し固めを選ぶのかオススメです)約12時間漬けたら食べごろです。
アボカドの濃厚さが増して、まさに森のバターのような味わいになります。

ゆで卵

野菜だけではなく、卵もぬか漬けとの相性が抜群です。

 

アボカド同様、約12時間漬けたら食べごろです。

 

チーズのような味わいと程よい酸味が、やみつきになる絶品の食材です。

食べる際にぬかを洗い流しても良いですが、手で落としてそのまま食べると栄養かが上がります。

こんにゃく

こんにゃくの食感はもちろん、程よい塩味と酸味が絶妙で、人気のぬか床食材です。

 

一度茹でたこんにゃくをぬか床に1日漬けたら食べられます。

こんにゃくに含まれる栄養価が、コレステロール値を下げる働きがあるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

こんにゃくの美容効果はすごい!30代女性は高い化粧品よりメリット満載~

2020-07-02

ぬか漬けの美容・健康効果とは?食べ方からうれしいメリットのポイントまとめ!

  • ぬか漬けとは米ぬかを使って、漬け込んだもの。
  • ぬか漬けにはビタミンB群、ビタミンE、植物性乳酸菌、不溶性食物繊維が豊富。
  • ダイエット効果、便秘解消、アンチエイジング、美肌、さまざまな病気の予防にも。
  • 夕食後にとると腸のはたきがもっとも活発になる。
  • 食材にしっかり栄養素がふくまれているので、ぬかは洗い流しても問題なし。
  • アボカド、卵、こんにゃくなど、いろいろな食材でぬか漬けが楽しめる。

 

このように、ぬか漬けには多くの栄養と効果があることが分かりましたね。

 

将来の健康や美容のために、毎日ぬか漬けを食べてみてはいかがですか。

気づいたら潤いのある美しい肌になっているかもしれませんよ!