献立アプリおいしい健康は本当に便利?使いやすさや評判についても調査

毎日の献立を考えるのって想像以上に大変なこと。

 

そんなときは献立アプリに頼ってみるのもひとつの手です。

 

でも、献立アプリって意外とたくさんあってどれがいいのかわからないという主婦さんも多いと思います。

 

そこで今回はApple Storeで☆3.7以上の評価がある献立アプリのおいしい健康は

  • 献立を自動で考えてくれるのか
  • 1週間分を決めることは可能か
  • 家族や知人と共有可能か

 

などについて実際に私が使ってみて、調べてみたいと思います。

 

おいしい健康は「健康状態に合わせて管理栄養士監修のレシピが見れる」という点を押しているアプリのようです。

 

ただ献立を立てるだけではなくて、それぞれの健康に合わせた献立が立てられるというのは家族の健康を気遣う主婦としては重要なポイントですよね。

献立作成アプリおいしい健康を実際に使ってみた

実際に使ってみて機能としては

  • 目的や目標にあったレシピを提案してくれる
  • 献立を作ることができる
  • 足りない栄養素を教えてくれる
  • 食材や料理名でレシピが検索できる
  • 自分で作った献立をアプリ使用者の間で共有することができる

 

といった内容になっています。

 

おいしい健康をインストールするとこんな感じです。

新規登録するから進めてみたいと思います。

 

登録の方法はいろいろ選べるようですね。

 

私はLINEで登録を選択してみます。

すると、食事をする人と似顔絵を選ぶ画面になったので

 

とりあえずこんな風に選択してみます。

次に、食事の悩みと目標を選択する画面になりました。

 

たくさん選択肢がありましたが、わたしは女性がよくある悩みの中からニキビ・肌荒れ対策を選択してみます。

 

するとこんな画面が出てきました。

 

決定で進めてみたいと思います。

次に身長や体重などの基本情報を入力します。

 

なかなか本格的ですね。

すると、今度は活動量を選択する画面になりました。

 

確かに普段よく運動する人としない人では食事の量にも違いがでてきますもんね。

 

わたしは不本意ながらまったく動いていないので「1日の半分以上は座っている」を選択します。

 

やっと初期登録が完了しました!

 

ここで食事制限があるひとなどは「主治医と食事基準を確認する」から詳細を変更できるようです。

 

わたしは特にないのでさっそく「おいしい健康を使い始める」からはじめてみたいと思います。

献立帳から献立を作成してみます。

まず一番大きい枠のプラスボタンを押してみます。

 

すると、わたしの食事基準にあう主菜が表示されました。

 

自動で基準にあうものを表示してくれるのはとても嬉しいですし、選びやすいですよね。

 

今回は「カリカリ豚ともやしのねぎソース」を追加してみます。

 

簡単に追加できました。

 

レシピを追加すると下の方に栄養価が表示されます。

 

次に小さいプラスボタンを押してみます。

 

すると主食を追加する画面になりました。

 

とりあえず白米のご飯を追加します。

 

 

4つあるプラスボタンをどんどん押してみると、主食のほかに副菜が3つが選択できます。

 

なかにはフルーツや汁物なども選択することができます。

 

 

すると、このように献立を立てることができました。

 

まだ追加したければプラスボタンから追加できるようですが、わたしの場合これ以上追加すると下の栄養価のどれかの円グラフがオーバーしてしまったのでこれで献立を保存します。

 

 

次に「お買い物リスト」を押してみるとお買い物リストが表示されます。

 

チェックボタンもついていて使いやすそうです。人数も上のプラス、マイナスボタンで調節することができます。

 

このような感じでどんどんレシピを追加していくと簡単に献立と買い物リストを作成することができました。

 

ただ何日の献立というような感じではなくて、たくさん献立を作成しておいて作りたい日にどの献立を作るか決めていくスタイルのようです。

 

 

なので、予定のタブから作りたい日に作成しておいた献立をこのように追加できるようになっています。

 

最初にいくつかいろんなパターンの献立を登録しておけば1週間の献立はすぐに決められそうです。

 

ただ自動で作成してくれるわけではなくひとつひとつ手動で献立を作っていく必要があるのでいくつかの献立が登録できるまでは少し時間がかかりそうです。

おいしい健康は献立を自動(AI)で考えてくれるの?

おいしい健康は、すべて自動で考えてくれるわけではありませんでした。

 

一品づつ自分で選択していく必要があります。

 

ただ自分にあったレシピを提案してくれるし、最終的な栄養バランスも表示してくれるので自信を持ってレシピを選ぶことできます。

おいしい健康で献立を決めるのは簡単?

レシピを選んで追加をしていくだけなので、とても簡単にヘルシーな献立が立てられます。

 

献立を決めたあともその献立の栄養価が簡単にわかるので足りない栄養素や取りすぎている栄養素があればそれにしたがって献立を変更できます。

 

どのレシピも管理栄養士監修というのも嬉しいポイントです。

おいしい健康で献立を1週間分決めることはできる?

さきほどのように献立を何パターンか作成しておいて、それを1週間の曜日ごとにあてはめていけば作成することは可能です。

 

ただ最初に自分でひとつひとつ献立を登録していかなければいけないので少し手間がかかってしまいます。

 

ただほかの人が作成したレシピが共有されていて自由に見ることができるので、それらを参考にしながら献立を登録していくと少しは時短になるかもしれません。

献立アプリ 「楽天レシピ」は便利?使いやすさや評判についても調査!

2020-07-02

おいしい健康は家族間などで共有できるアプリ?

残念ながら、できた献立をLINEなどのSNSに投稿するような機能はありません。

 

でも、アプリの中で自分が立てた献立を投稿してシェアすることができるので同じアプリを持っている人たちの間では共有することができます。

 

どうしても家族間で共有したいという場合はスクショして共有する感じになりますね。

冷蔵庫の食材で献立を考えることはできる?

食材や料理名で検索できる機能がついているので冷蔵庫にある食材から献立を作成することも簡単にできます。

 

献立帳を開いてからでも、検索してから献立帳に追加することもできます。

 

また、食事の悩みに合わせてもレシピをしぼりこめるんです。たとえば、口内炎や二日酔い、あったかいやさっぱりなどのキーワードを選べばそれにあったレシピを検索してくれます。

 

これはとても便利な機能ですよね。

献立が思いつかない!そんなときの救世主アプリとは?

2020-06-22

献立アプリおいしい健康の評判・口コミ

次にアプリ「おいしい健康」の評判についてみてみると、

・栄養バランスが一目瞭然で使いやすい

・無料なのに素晴らしいアプリ

・妊娠後期の高血圧食管理で大活躍

 

というような声がありました。

 

実際に使ってみて、自分が不足しがちな栄養素がどれなのかや気をつけた方がいいところなどがひと目でわかり本当に自分のためのレシピを提案してくれているという感じがしました。

まとめ

おいしい健康は食事制限があるひとやダイエットをしたい、塩分を控えめにしたいなど目的があるひとたちにとってはとても便利なアプリだと感じました。同じ目的のひとの献立も参考にすることができるのでモチベーションアップにもつながると思います。

 

ただ特に明確な目的がなく忙しい合間に簡単に1週間分、献立を作りたいというような場合は、完全に自動で献立を作成してくれるわけではないのですこし面倒に感じるかもしれません。

 

引き続きほかのアプリも検証してみたいと思います。

献立アプリ「キッチンストーリーズ」は本当に便利?使いやすさや評判についても調査!

2020-07-11