想いやり生乳とは?北海道の大地の恵みをたっぷり紹介!

みなさんは「想いやり生乳」って聞いたことがありますか?

 

「体にいい牛乳のことかな?」といったイメージが浮かぶと思いますが、「想いやり生乳」は牛乳よりはるかに健康的な飲み物です。

 

自分はもちろん家族の健康を考えたら素材にはこだわりたいですよね。

 

今回は健康志向の人たちの間で話題になっている「想いやり生乳」について詳しくご紹介していきます。

想いやり生乳とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Noriko Honda(@coco_santih)がシェアした投稿

「想いやり生乳」の最大の特徴は日本で唯一、加熱殺菌しないで搾りたてをそのままビンにつめた牛乳なんです。

 

「殺菌しなくて大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、それが大丈夫なんです。

 

その辺りの秘密を「想いやり生乳」のおすすめポイントといっしょに次に詳しくご紹介していきますね。

想いやり生乳のおすすめなポイントを紹介!

それでは、想いやり生乳の魅力について詳しく紹介していきます。

 

 加熱殺菌をしなくても飲めるすごい牛乳

1つ目は、なんといっても冒頭でご紹介した加熱殺菌をしていないという点です。

 

無殺菌牛乳は、全国でもこちらの製造元「想いやりファーム」1社のみ。

 

どうしてそんなことが可能なのかというと、 乳牛たちを限りなくストレスフリーな環境で育てているからです。

 

現代においては、何でも人間中心なのが当たりまえですが、この「想いやりファーム」は完全に「牛中心」。

 

牛の目線に立って牛の都合に合わせて動いています。合成飼料は使わずに土からこだわった自然の牧草を餌とし、牛たちが休む牛舎にしかれた藁も常に清潔を保つようにしています。

 

牛たちは追い立てられてストレスを感じるようなことは一切なく、自分から搾乳されに来るくらいだそうです。

 

お乳が出ない時は無理に出荷しないそうです。ストレスのない牛はとても免疫力が高く、殺菌を必要としない生乳が生まれます。

 

それを完全無菌の工場でビン詰めして出荷しているというわけです。ビン詰めに使用する機械も毎日分解洗浄し、商品も菌の検査をして安全をしっかり確認して出荷されています。むしろ市販の牛乳より安心ですね。

 

愛情をたっぷり注がれた牛たちだからこそ、生み出すことができる生乳です。

乳酸菌などさまざまな栄養が生きている

2つ目のポイントは、加熱殺菌をしないことでどんなよいことがあるかです。一般の牛乳は加熱することで殺菌処理をしていますが、これによりタンパク質の60~80%が変性するなど、さまざまな栄養素が壊れてしまいます。

 

特にカルシウムを吸収するのに必要なカルシウム吸収促進酵素も加熱処理により死んでしまいます。カルシウムをとろうと牛乳を飲んでいるのに、思うように吸収できていなかったりするのです。

 

「想いやり生乳」にはこのような カルシウム吸収促進酵素や、鉄分の吸収を助け免疫力を高めるラクトフェリン、そして乳酸菌もそのまま含まれているので、健康にいいこと間違いなしです。

牛乳臭さがまったくない

そして3つ目のおすすめポイントは、牛乳が苦手な人でも飲みやすい、ということです。

 

牛乳が苦手な理由としては、「牛乳臭いのが苦手」とか「飲むとお腹がゴロゴロしてしまうから」というのが多いと思います。

 

でも、この「想いやり生乳」にはこの2つの問題がありません。この理由については次の項目以降で詳しくご説明します。

想いやり生乳の飲み方や味とは?

「想いやり生乳」を飲んだ方から聞かれるのは「サラッとしているのに自然な甘さ」という感想。搾りたての牛乳は乳脂肪からくる濃くてドロッとしているイメージですが、 じつは本物の牛乳は水に近いのだとか。

 

よく、「牛乳臭さが苦手」という声を聞きますが、これは正しい表現ではなく、私たちが牛乳臭いと思っているのは、加熱処理した時にタンパク質が焦げた匂いなのだそうです。いかに私たちが本物の牛乳を知らないかがわかりますね。

 

なので、そのまま飲むことがいちんばんおすすめです。冷たい牛乳はちょっとという方は40℃以上にならないように温めて飲んでください。カルシウム吸収促進酵素などのさまざまな酵素は45℃、乳酸菌は50℃で死んでしまうからです。

 

また、たまには加熱の事を考えずに味だけ楽しんでお菓子や料理に使うのもありです。普段の味とはちがう贅沢な一品ができあがりますよ。

 

ちなみに、賞味期限がすぎてくると(消費期限ではないのでまだ飲めます)ビンの上の方に天然の生クリームが浮いてきます。こちらもとってもおいしいですよ。

ふるさと納税の返礼品として、想いやり生乳はあるの?

じつはこの「想いやり生乳」ですが、生産元の「想いやりファーム」のある北海道の中札内村(なかさつないむら)のふるさと納税返礼品になっています。

 

寄付金額20000円以上で720MLの生乳が3本送られてきます。

 

牛のお産等の関係で3~5月は乳量が減少するため、6月からの申し込みになります。

 

普段買うにはちょっと高価ですが、ふるさと納税を利用してみるのもいいかもしれないですね。

想いやり生乳はアレルギーの人でも飲める?

よく、「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」という話を聞きます。じつは私もそのひとりですが、これは「乳糖不耐症」と言って乳糖分解酵素のラクターゼが不足して牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解できないことが原因です。

 

牛乳を飲むとお腹が張ってしまい苦しい、ゲップが出て恥ずかしい、などという方も多いのではないでしょうか。

 

しかしこの「想いやり生乳」ならその心配はありません。自然にゆっくり消化するため、お腹を壊したりする心配はありません。妊婦さんや授乳中のママさん、赤ちゃんや育ち盛りのお子さんにも安心して飲んでいただけます。

 

また、アトピーやアレルギーの方でもこれなら飲めるという方が多くいますので、1度試してみてはいかがでしょうか?

オーガニック牛乳の魅力~身近なスーパーのおすすめ有機牛乳

2020-05-05

想いやりファームについて

想いやりファームの詳細について紹介します。

定期会員募集中とのこと。

取り扱い商品:生乳、ソフトクリーム

 

住所:北海道河西郡中札内村西戸蔦

営業期間:6月から9月

営業時間:9:00~16:00

URL:http:www.omoiyari.com

想いやり生乳のポイントまとめ

  • 加熱処理をしていないため、体によいたくさんの菌がそのまま生きている。
  • 牛乳嫌いの人でもおいしく飲める、サラッとしたのみごこち。
  • 愛情をたっぷり注がれた牛たちから生まれた、愛情たっぷりの生乳。

 

「想いやり生乳」の名のごとく、健康を意識する私たちに想いやりたっぷりの生乳です。

 

生産者の方のこだわりから牛目線で作られた生乳。毎日でなくても「想いやり生乳」を飲むことで健康バランスが保たれていきます。

 

みなさんも牛さんたちの愛情をたっぷり受けて、健康になってくださいね。