友達と同じ人を好きになったとき!対処法や気まずくならない方法とは?

こんにちは、としです。

 

日常のなかで、誰かを好きになることってすごくどきどきしますよね。

 

でも、私自身、中学時代に友達が自分と同じ男の子を好きになった時があり、すごく複雑だったときがありました。

 

友達と気まずくなりたくないし、好きな相手のことをあきらめるのもつらい・・・

 

そこで、私自身の体験をとおして学んだ「友達と同じ人を好きになってしまったときの対処法」についてご紹介したいと思います。

 

友達と同じ人を好きになったらどうする?あきらめる?このまま好きでいる?

とし
友達と同じ人を好きになったらどうすればいいか悩みますよね。

 

じつは、友達と同じ人を好きになったことのある女性は40%以上いるというデータがあります。

 

そのうち、 あきらめたくないと思っている人がなんと70%以上いるという結果も。

 

友達が同じ人を好きだからといって、かんたんに好きな気持ちをあきらめることはむずかしいですよね。人を好きになる気持ちは我慢できないものです。

そのまま好きでいる派の意見

  • 好きな気持ちはおさえられない。
  • だまっていればバレないから好きでいる。
  • 好きな気持ちを我慢する必要はないと思う。
  • 後悔したくない。
  • 好きな気持ちを無理に捨てる必要はないから。心のなかで彼を思っていたい。

 

とし
ちなみに、私が高校生だったときは、黙っていて心の中で彼を思っていました。彼とどうこうなりたいという気持ちよりも、ただ好きでいるだけでも幸せだったんですよね

 好きな人をあきらめる派の意見

  • 友達とギクシャクしたくないから自分から身を引く。
  • 友達関係に影響がでるから。
  • いつも一緒にいたり接することの多い友達のほうが大切。
  • 友達と好きな人がいい感じだったらあきらめて、ふたりをあたたかく見守る。

 

とし
中学生の時の私は、まさにこのタイプでした。恋愛したこともなかったし、余裕がまったくありませんでした。自分の気持ちより、友達と気まずくなりたくない気持ちが強かったです。

友達と同じ人と好きになったけど、やっぱり彼が好きな時の注意点

 友達に隠れてこそこそデートなどしない

  • 自分も彼が好きだからといって、友達に内緒で彼と仲良くしていたら、友達がショックを受けたり、傷つくから、友達に嘘はつかない。

  • 友達にだまて、彼に告白などしたくない。あとで友達にばれて気まずい関係になりたくない。

友達に正直に話す

  • 友達が彼にアプローチしているのを黙ってみているのはつらい。自分の気持ちも正直に彼女に話してみる。
  • 自分も同じ人を好きだという気持ちを、友達に隠していることにうしろめたさをかんじる。ずっと隠していると疲れるし、正直に教えた方が気が楽になる。

 

同じ人を好きになった友達と自分がどれくらい親しい関係なのかによって、対応は変わってくると思います。親友や、いつも一緒に行動しているような、親しい関係なら、「じつは、私も」と正直に打ち明けてみるのもいいでしょう。

 

女子の勘ってけっこう鋭いものです。状況によっては、だんだん彼を好きな気持ちが友達に悟られてしまうこともありえます。そうなったときに、「え、〇〇ちゃんも好きだったんだ」っておたがいに気まずい雰囲気になる可能性もあります。

 

ただ普段、友達と好きな男の子の話なんてまったくしないし、恋愛の話もほとんどしないっていう関係なら、無理に打ち明ける必要もないですが、「〇〇ちゃんはすきなひといる?」などと聞かれたり、恋愛の話をするような間柄なら、正直に話すのがおすすめです。


友達と同じ人をすきになった時の対処法とは?

友達と同じ人をすきになった時は具体的にどうしたらいいか迷いますよね。対処法について紹介します。

友達に正直に自分も同じ人を好きなことを伝えるパータン

友達と同じ人を好きになると複雑な気持ちになりますよね。このまま彼にアプローチしてもいいのか、なにもしないほうがいいのか。そういった状況にたえられないという人は、思いきって友達に自分も彼のことが好きだということを伝えてみるのもアリです。

 

ただし、友達に気持ちを正直に伝えたら、応援してくれるといわれたのに、SNSで悪口をいわれたなんて人もいます。女のうらみはこわいので、相手によっては注意も必要です。それでも、友達に自分の気持ちを隠していることがつらい場合は、正直に言うことで、気持ちが軽くなることもあります。

 

友達によっては「そこまで好きなら、私は彼のことはいいやぁ。」と、相手が身をひくパターンもあるでしょう。また、「私も彼のこと、すごく好きなの。あきらめたくない」などと、相手の本気な気持ちを確認できることもあります。

 

正直に友達に話すことで、お互いにどれくらい相手のことを好きなのか知ることができるので、本気の度合によってどちらかが身をひくというパターンもあります。

 

また、同時に告白し、彼の判断にまかせるという意見もあります 笑。

 

友達に気持ちを伝えることで、友達が身をひいてくれたり、場合によっては友達もよきライバルになり、隠れてこそこそせずに好きな相手に正々堂々とアプローチできたりと、以外に状況がスムーズになることもあるんです。

 

あとは、彼の気持ち次第です。あきらめずにちゃんとアプローチできれば、たとえ振られてしまったとしても、結果に自分でも納得しやすいでしょう。最終的に決断するのは彼です。彼が決談した結果に、本当の友達だったら理解してくれるでしょう。

友達に自分も彼を好きなことを伝えない場合

友達の性格によっては、自分も彼を好きだということを言いづらいような相手もいるでしょう。伝えたことによって、友達との仲が気まずくなったりしたら嫌ですよね。あえて、友達が彼を好きだということを知らないフリをするのもアリです。正気に話したことで、めんどうなことになるのも嫌ですよね。

 

ただし、相手にだまってこそこそアプローチをしているのがバレた場合、友達によっては嫌われてしまう場合もあるので注意しましょう。

 

同じ人を好きになった友達が自分とどれくらい親しい関係かが、言うか言わないか判断する基準にするといいでしょう。親友だったり、いつも一緒にいることが多い気心の知れた友達の場合は、教えるのがすじだと思います。

 

でも、普段一緒に行動しない友達や、特別に仲がいいわけでもない友達なら、あえて同じ人を好きなことを伝える必要はないと思います。

 

もしも私に好きな人がいて、いつも一緒にいる友達がじつは彼のことを好きで、知らないところでアプローチをしていることを知ったとしたら、自分に教えてくれずにだまっていたことにショックだし、その友達のことを信用できなくなってしまうかもしれません。

 

最悪、友達をやめてしまうかもしれませんね。仲がいい友達ほど裏切られたという気持ちになり、すごく悲して傷つくと思います。

 

逆にあまり仲のいいわけじゃない友達が、同じ人を好きなのを知った場合は、もちろん複雑な気持ちにもなるけど、「裏切られた!」とか「何で言ってくれなかったの?」とまでは思わないでしょうね。「あの子も好きだったんだ・・・」という程度くらいかなと思います。

 

親しい友人の場合は、正直に話したり、より気づかいが必要ですが、あまり親しくない友達に対しては、あまり気にする必要はないと思いますよ。

 人に相談する

  • ひとりで悩んでいてもどうしたらいいかわからないから。

  • とりあえず、仲のいい友達に相談してみる。

しばらく様子をみてみる

  • 同じひとを好きになったからといって、友達がどれくらい彼のことを本気で好きなのかわからないから、だまって様子をうかがう。
  • だまっていれば自分の気持ちが気づかれない。友達がもし告白して振られた場合は、正々堂々と彼にアプローチできるかもしれないから。
  • 自分も同じ人が好きだということを、友達にわざわざバラす必要がない。めんどうなことになるかもしれないから

 

どうしたらいいか決断できないとき

人に相談したり、様子をみてみることもいいでしょう。あせらずに、じっくり考えながら自分はどうしたいのか自分の心と向きあってみるのもおすすめです。

 

はっきり自分の気持ちが決まっていて、心に迷いがないときは誰でもすぐに行動できるものです。逆に心に迷いがあるときは、大きな行動をとるのはひかえたほうがいい場合もあります。なにかがひっかかるから迷い、行動できないということです。

 

友達に伝えるか、彼をあきらめるかのどちらかをかならず選ぶ必要もありません。

 

立ち止まり、「これがベストかな」と自分で納得できる思える答えがみつかったら、自分の心を信じて進んでいけばいいと思います。自分が納得していないのに、人のアドバイスどおりに行動して、もし失敗したら「やっぱり自分の思ったとおりにすればよかった」と後悔が生まれるものです。

自分で決断したことなら、人のせいにできないので仕方ないと思えるものです。

もしも、私が中学生の時に友達と同じ人を好きになったとしたら、きっとあきらめると思います。当時の私は、おとなしく自分に自信のない性格でした。

ほかの人が同じ人を好きだとわかったら、「自分が勝てっこない・・」って思い、つらいけど、自分の気持ちをなかったことにしょうと我慢すると思います。でも、今の自分だったら、本当に好きな人ができたら、あきらめずにアプローチしたいですね。

簡単にあきらめられるくらいなら、その程度の好きのレベルだと思うし、逆にすごく好きな人だったら、自分があきらめて、他の女の子と付き合うなんてことになるのは、すごくつらいし、嫌です。あきらめたことも後悔すると思います。

最初に友達を優先に考えるよりも、自分の気持ちに正直になることがいちばんです。そのほうがあとあと後悔することも少ないですよ。

無理に我慢したり、あきらめようとするとかえって余計つらくなることもあります。いつでも、できるだけ自分の気持ちには嘘をつかずにいたいですね。

友達と同じ人を好きになったけど、どうしてもあきらめきれない時は?

友達と同じ人を好きになってしまい、一度はあきらめようとしたけど、やっぱりあきらめることができないという人もいるでしょう。本当に人を好きになってしまったら、あきらめる必要はありません。

人を好きになることは悪いことなんかじゃありません。誰かを本気で好きになることはとてもすてきなことです。あきらめるということは、自分の気持ちを無視してしまうことなので、自分の心は苦しくなるでしょう。

自分の気持ちに素直でいることがいちばんです。好きなのに我慢してあきらめると、後悔するものです。結果がどうなれ、きちんと気持ちを伝えることで、心は軽くなるものです。

付きあうばかりが恋愛ではありません。好きな男性が友達と付き合うことになったとしても、その好きな人と友達を通して接する機会は多くなるはずです。そして、恋愛関係ではなく友人関係に近いものになると思いますので、いい意味で考えれば別れるという選択肢がなくなります。

恋愛関係として付き合うことはできないけれども、好きな男性が付き合っている彼女の友人という立場という形で、ご縁は続いていきます。

また、時間が経つにつれて好きな彼氏に対する気持ちに変化が出てきたり、思いも寄らない形でいいご縁に巡り会えるかもしれません。好きな男性への思いがどうしても断ち切れなければ、恋愛関係ではない形でご縁を続けていくことも一つの道です。

私も中2の時、同じ体育館で部活をしていた同級生の男の子に一目ぼれしてしまったときがありました。一度も話したことがなかったんですが、彼のことがどんどん好きになってしまいました。

そして、おとなしくて引っ込み思案だった私がなんと彼に告白をしたんです。結果はうまくいきませんでしたが、好きな人に気持ちを知ってもらえただけで、気持ちが軽くなれました。大人になった今でも、彼に告白したことはいいすてきな思い出になっています。

当時、もしも告白しないで彼への気持ちを隠していたり、なにもしないであきらめていた場合はぜったい後悔していたと思います。

まとめ

友達と同じ人を好きになったときの対処法のポイントまとめ!

  • 友達と同じ人を好きになった場合あきらめたくないという女性は70%以上。そのまま好きでいる派の意見は、好きな気持ちはおされられない、後悔したくない、好きな気持ちを我慢する必要がないなど。
  • 好きな人をあきらめる派の意見は、友達とギクシャクしたくない、友達関係に影響がでる、友達のほうが大切など。
  • 焦らずにほかの人に相談する、しばらく様子をみる、友達に黙って彼にアプローチはしたくない。じっくり自分がどうしたいのか気持ちと向き合ってみるのもおすすめ。
  • 好きな気持ちを我慢したり隠していると、心はどんどん苦しくなるもの。友人にだまっていることがつらいときは、正直に話すと気持ちが軽くなることも。無理にあきらめるとあとで後悔することも。
  • 最初に友達のことを考えるのではなく、自分はどうしたいのかをまず第一に考えるとあとあと後悔しにくくなる。
  • 同じ人好きになった友達が自分と親友だったり、いつも一緒にいる仲のよい友達だったら、正直に伝えるのがベスト。親しい友達ほど、隠されていたことへのショックは大きい。それほど親しくない友達であれば、特に言う必要はなし。
  • 友達にどうしても言えない場合はあえてだまっているのもアリ。ただしこそこそアプローチしていたことがバレた時は、嫌われてしまう場合も。
  • 本当に相手を好きになってしまった場合は、友達に遠慮してあきらめる必要はなし。人を好きになることは悪いことなんかじゃななく、すてきなこと。自分の気持ちに素直になるのがいちばん。たとえ振られてても気持ちが軽くなったりあとで後悔しにくくなる。

いかがでしたか。私個人としては、友達と同じ人を好きになったらあきらめる人が多いんじゃないかなと思っていたんですが、ほとんどの人があきらめないという結果を知って結構おどろきました。みんな自分の気持ちに素直に行動している人が多いということですね。誰かを本気で好きになることはほんとうにすてきなことです。私は今までの人生で本気で人をすきになったと思えることってなかなかありませんでしたよ。

大切な友達と同じ人を好きになるということは、誰かが傷つくことを避けられない場合もあります。それでも、自分の恋愛感情から逃げずに大切な友達や好きな男性と向き合えば、きっと良い人生経験になるでしょう。

友達と親しければ親しいほど、嘘をついたりせず正直に話せば、本当に理解のある友人だったら、かならずわかってくれると思います。もしも、素直に相談したのに、そのことが原因でその子に嫌われてしまったり、自分のもとを去っていってしまったとしたら、残念ながらその程度の友情だったともいえます。本当の親友だったら、はじめはショックを受けると思いますが、正直に自分に話してくれた友達のことを、嫌いになんかならないものです。

勇気をだして正直に話してくれてありがとうって私だったら思います。信頼のおける友人なら、相手を信じて正直に話してみては。いつでも自分の気持ちに正直でいることがいちばんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。