オーガニックの石鹸の魅力とその効果とは?口コミも紹介!

こんにちは、今回は当サイトの唯一の男性ライターがマサが記事を担当します。

 

コロナの影響でいつも以上に手洗い・うがいをしている人も多いんじゃないでしょうか。

 

その中で手洗い回数が多くなると、肌荒れを気にする方も増えていると、よく聞くようになりました。

 

今日は、肌荒れや美肌、保湿など、オーガニック石鹸の効果について調べましたので、これからの美肌生活に役立てもらえればと思います。

オーガニックの石鹸とは?

オーガニック石鹸は肌に優しい成分が含まれている!というのもありますが、それよりも市販の石鹸やシャンプー、ボディーソープを使わない方がいいですよという説明の方がわかりやすいと思います。

 

市販の石鹸のデメリットは化学薬品が入っていることです。着色料・香料なども入っていますが、もっとも危険といわれているのは「合成界面活性剤」です。

 

合成界面活性剤が使われているシャンプーやボディーソープは、皮脂を落とす効果があります。ただ、人の肌には、最低限の皮脂が必要です。皮脂がなくなれば、肌が突っ張ったり、必要以上に皮脂を作り出そうと体が動きます。

 

特に油を落とす必要があるのは、食器洗浄の洗剤になりますので、家事の後に手がカサカサになったり肌荒れをしてしまうのは、この合成界面活性剤の影響です。

 

シャンプーに合成界面活性剤が入っている場合、髪がパシパシになることがあると思います。汚れが落ちているので、気持ちよく感じるかもしれませんが、髪に必要な油分も取り除かれたり、頭皮の脂も落とされたりしてしまいますので、

  • 頭皮がカサカサになるフケが出てくる
  • 皮脂を取り戻そうと、髪がベタベタになる

 

という問題が出てきます。安いシャンプーを使っている世のなかのお父さんが脂っぽいのは、合成界面活性剤の効果から必死に体が抵抗していることもあるんですよね。

オーガニックの石鹸はアトピーでも使えるの?

お肌の問題として、アトピーがあると思いますが、これも合成界面活性剤の影響があります。もしくは無添加と言う表記であっても、合成界面活性剤のほかの成分にアレルギー反応が出ている可能性もあります。

 

どちらにせよ皮脂が落とされたことで肌がカサカサになってしまい、さらにアトピーが進行することもあります。そのほかの化学成分でアトピー自体が悪化してしまうこともあります。

 

そのため、アトピーに効果のある石鹸を探すというよりも肌を大切にする石鹸を使う必要があります。

オーガニックの石鹸の効果や気になる点について

オーガニックの石鹸には、オーガニック野菜という目に見えて栄養価が高い!という効果を期待できるものではありません。

 

逆に効率的に大量生産する、効果絶大な洗浄力の化学薬品を使ったものから見ると、優しい洗浄力であることが重要です。野菜とは反対で、効果を天然成分本来の洗浄力にすることで、お肌を守ることができるんですね。

 

液体ボディーソープにもシアバター配合や、天然成分・ビタミンなどの使用をうたっているものがあります。ですが液体を作るにあたって、高温で熱処理をしていることがほとんどなので、熱の影響でほとんどの天然成分の効果がなくなってしまっていることがあります。

 

オーガニック石鹸といっても、このように成分を「製造中に入れていれば表記しても良い」ので、効果があるかは別の話になります。

 

そのため、植物性の成分であったり、天然界面活性剤であったり、お肌に優しいものを選んで使う必要があります。

 

日本ではJASという有機認定は食品にしかありませんので、海外の認定受けたものが、いいものである可能性が高いです。

※日本製のものでもいいものがあります。

オーガニックの石鹸の口コミ情報!

オーガニックにこだわった石鹸で調べると、「無添加石鹸」という名前が多くなります。化学薬品を無添加だからですね。その効果を調べるために、口コミを探してみました。

 

~グッドポイント~

カサカサがなくなった

使い続けることで、カサカサがおさまったという人を多くみました

においが少なくて使える

妊娠したらいろんな匂いが気になるようで、無添加石鹸が匂い控えめなものが多いでの安心してお風呂に入れるようです

にきび・ふきでものが抑えられた

必要な皮脂でお肌がコーティングされるので、不要な脂・汚れなどからくる肌荒れが抑えられるようです

 

~モアポイント~

洗い心地がいまいち

今までのゴシゴシと洗い落とす感覚からすると、洗い上がりにさっぱり感が足りない

 

これは、界面活性剤で皮脂を根こそぎ落としている=正しいと思い込んできたことが原因ですね。使い続ければ、肌荒れなども抑えられる効果が実感できるかもしれません。

肌がツッパる

逆に皮脂が落とされていると感じている場合ですね。これは、アルカリ性の石鹸の場合に起こるみたいです。アルカリ石鹸が弱酸性の汚れを浮かして落とすので、少々のツッパりを感じるようですが、正しく汚れが落ちている証拠です。

 

逆に洗顔後の潤いは、洗顔成分が肌に残っているので肌に悪い場合もあります。

 

このように、メリット・デメリットなどを感じることがありますが、基本的には効果があると思います。市販の化学薬品をメインにしたものを使い慣れていれば、最初は無添加の石鹸に慣れないようです。

 

そして無添加といえど肌に合う・合わないなどもあるので、体にあったものを探す必要があります。

おすすめオーガニック石鹸 その1 シャボン玉 浴用せっけん

おそらく日本でもっとも売れている無添加石鹸になります。せっけんの成分が99%ということで、天然成分でお肌に優しい石けんになっています。

 

石けんの純度が高いとアルカリ性になりますので、洗い上がりのつっぱりを感じると思いますが、優しい成分だと知って使ってもらえればと思います。香りも優しい感じです。

 

お値段はお手頃でたまにドラッグストアでも見かけますので、あればまとめ買いをしてもいいぐらいです。

おすすめオーガニック石鹸 その2 カウブランド 無添加せっけん

私が小さい頃はよく使っていました。真っ赤なパッケージに牛が印刷されているものだったのですが、私にとって石けんとはカウブランドの石けんでした。香りもあれが普通と思っていました。

 

中学生になると、市販のボディーソープやシャンプーなどの香りがとてもオシャレだったので衝撃的でしたが、今になってみるとこの牛乳せっけんの方が体に優しいんですよね。

 

値段もちょっと高いボディーソープと比べると、圧倒的なコスパの良さです。

 

ちなみに、この「赤いパッケージ」からリニューアルしていたみたいで、調べているときに気づきませんでした。

 

(いつリメイクしたのかわからないので、年齢がばれないか不安です 笑。)

おすすめオーガニック石鹸 その3 アラフィア ベビーシャンプー

子供はそもそもお湯で体をゆすぐだけでもほとんどの汚れが落ちるといわれていますので、合成界面活性剤の入った大人向けのものは絶対にNGです。そんな敏感肌の子供向けに作られているベビーシャンプーです。大人でも全身に使えます。子供用のものといえば、ピジョンというブランドがあるのですが、それ以上に天然成分のみにこだわっていますので、試していただければと思います。

 

ちなみに、同じくですが天然成分の泡立ちはイマイチに見えてしまいますので、泡が重要で無いことはしっかりと覚えて使っていただきたいです。

 

値段は少々高めですが、天然成分にこだわっているので、クオリテイに見合ったものだと思います。

オーガニックシャンプーとは?ドラッグストアのおすすめ5選!

2020-05-18

以上、オーガニックの石鹸の魅力とその効果でした。

オーガニックの石けんは、市販のボディーソープに慣れていると、少し不便を感じるかもしれません。ですが肌に優しい泡立ち・汚れの落とし方になりますので、慣れて使うことができれば1ヶ月後は肌が健康な状態になります。

 

またアトピーや皮膚のアレルギーを持っている方にも効果がありますが、肌にあうせっけんなのか?は使ってみてからになります。これは仕方がありませんので、体にあう石けんを探してもらえればと思います。

 

おすすめのオーガニック石鹸・シャンプーは、

  • しゃぼんだませっけん
  • カウブランド 石けん
  • アラフィア ベビーシャンプー

の3つです。

 

成分が多種多様な無添加オーガニック石けんの世界です。

 

わたしのオススメはありますが、みなさんの肌に合うかはわかりませんので、あなたに合う石けんがみつかればいいですね!