PARTY☆PARTYの婚活パーティーに参加してみた体験談を紹介!

今までに私は運営会社が別のいくつかの婚活パーティーに参加してきましたが、今回はIBJ運営のPARTY☆PARTYというけっこう有名な婚活イベントの体験談をお話したいと思います。まだ、参加したことがないという人も、私の経験談を読むことでなんとくこちらのイベントの雰囲気が感じとれたり、どういったものかイメージできるんじゃないかと思います。

PARTY☆PARTYの婚活パーティーのよかった点、気になった点などもあわせてお話します。

参加までの流れ

まずネットで申込をしました。当時、私は栃木に住んでいたんですが、会場の場所はほとんど、「宇都宮」でした。アクセスしやすい場所での開催が多かったです。開催日なども、チェックしてみると、けっこう頻繁に毎週のようにおこなわれていたので、いつでも都合のいい日に気軽に参加しやすい印象でした。

私は週末の昼の時間帯を選びました。会場につくと入口近くの受けつけで女性スタッフの方が待っていて、そこで受付と、参加料金を払いました。参加料金ははっきり覚えていないんですが、たしか女性は500円~1000円くらいだったと思います。現在は事前にクレジット払いかコンビニ決済のどちらかとなっています。

このときに自己紹介カードや、数種類の記入用紙なども渡されました。この時の受付の女性は、にこやかでとても感じがよかったです。そして、別の男性スタッフに席を案内されました。私が参加したパーティーは男女合計15人くらいのこじんまりとしたパーティーをえらびました。会場となった部屋は広くもなく、少しコンパクトな狭めな部屋でした。でも、新しい感じのとてもきれいな部屋でした。

向こう側がみえないようになっている仕切りのあるテーブルがたくさん用意されていて、そこで2人ペアずつイスに座る形でした。普通の婚活パーティーは、会場全体が見渡せたり、ほかのひとも丸見えなスタイルが多かったので、こちらのほかの参加者が見えないスタイルは新鮮でした。

お互いにほかの人達が見えている空間だと、他の人が気になってしまったり、微妙な気まずさもあるんですが、相手はつねに話す異性ひとりだけしか見えないので、相手に集中してお話することができました。ほかの参加者の目を気にする必要がなかったので話しやすかったです。

婚活パーティースタート

席につくと、みんな自己紹介カードを書いていました。このときにわたしは「しまった、書くものを忘れた」とひとり焦りました。事前の持ち物として、ボールペンを持参してくださいと書いてあったんです。そこで、男性スタッフの人に声をかけて、ボールペンをお借りしました。婚活イベントでは、ボールペンを忘れた場合は、借りるのではなく有料で100円くらいで購入しなければならないパーティーもありました。このときはたしか貸してくれたと思います 笑。

相手と自己紹介カードを交換して「よろしくお願いします」とはじまりました。最初はおたがいにプロフィールカードを食いいるように見はじめ、このとき会場全体が数秒微妙な沈黙が流れます 笑。徐々に時間とともに会場全体がガヤガヤと会話がもりあがってきました。ひとりの人の話す制限時間がきたら、最初に受け取った用紙に相手の印象などをチェックしました。

いつも、きちんと相手の特徴など書かないと、「この番号の人、どの人だっけ?」とわからなくなることが多いので、できるだけ詳しく相手のことや、どういった人だったか書きたいんですが、たいてい各時間がたりなくて、すぐに次の新しい男性が席にやってくるパターンです 笑。ひとりの男性と3~5分話したら、男性のみが順に席を移動していきました。話した制限時間がうるおぼえてすみません 笑。

すべての参加者と自己紹介タイムが終わったら

ひととおり1回目の自己紹介タイムがおわったら、気になるひとに自分から話かけることができるフリータイムも何度かありました。とりあせず席に座っていると、何人かの男性が話をしに来てくれました。そのうちのひとりの男性からは「おれじゃだめ?〇〇さんみたいな人と結婚したらすごく幸せな家庭を気づけそう」などと全力でほめてくれる男性がいたんですが、その場で「イエスかノーか」答えをひつこくせまられたので、気がなかった私は正直に「ほかに気になる人がいるんです」といいました。

性格上、ほんとうはそんなこと言いにくいし、断ることも気まずいんですよ。でも、率直に答えることがおたがいのためだと思っています。さいごに、お決まりの気になる相手の番号を第三希望くらいまで書く用紙に記入タイムです。また、気になる相手に「よかったら友達からなかよくなりましょう」などと、メッセージカードも渡せたと思います。

気になる結果はどうだったか?

結果は見事、第一希望の男性とカップリングが成立しました!そのあと時間もまだ早かったので、その男性と会場近くのダイニングバーに行きました。カップリングパーティーでは、隣どおしで話していたんですが、ダイニングバーでは、おたがいに正面に向き合ってテーブルについたので、さきほどとちがっておたいがいに照れてしまいましたね。

最初はおたがいに少しぎこちない空気でしたが、相手男性が緊張している様子がわかって、すこしかわいいなと思ってしまいました。そこで、飲み物や軽くデザートなどを食べながら、いろいろお話しました。見た目もタイプの人だったので、とても幸せな時間でした。その後、またお食事でもしましょうとお店をあとにして、ラインでやりとりする関係になりました。

PARTY☆PARTYのよかった点・気になった点とは?

よかったポイント

婚活イベントって主催する会社によっては、会場のスタイルや場所ももちろんバラバラです。なかには、あまりきれいといえないような、汚れが目立つような会場もあります。会場の雰囲気とか、清潔感っていうのも、重要ですよ。きれいでおしゃれな会場のほうが、参加意欲というか、やる気などワクワク感も出ます。こちらのパーティーは、会場についてまず最初に思ったのは「会場がすごく明るい」ということです。

ライトがまぶしいとかって意味じゃないですよ 笑。清潔感のあるきれいな部屋だと感じました。そして、運営スタッフが明るくやさしそうなひとが多かったのもポイントです。ほかの婚活パーティーでは、笑顔がなくて、むしろ話しかけずらいスタッフがいるときもあるんです。やっぱり感じがいいスタッフのほうが接していて気持ちがいいものですし。そういうスタッフがパーティーの進行役になるかで、けっこう全体の雰囲気というのも、がらっと変わるんです。

盛り上げ上手な方が司会をしてくれたパーティーでは、やっぱりみんな楽しそうにいい感じにワイワイとした空間になりますが、スタッフにこやかさがあまりなく淡々と司会進行がおこなわれる時は、なんとかく会場も雰囲気も少しピリッとしてるというか、ちがいますね。

気になったところ

気になった点は、当日の参加者の人数が、ネットで事前に告知されていた人数よりも少なかったことです。男女比が半々くらいだと認識していたんですが、実際は男性参加者が少し少なかったところが、少し残念に感じた点です。

でも、当時のキャンセルなど欠席は、今回のイベントに限らず、ほかのパーティーでもおこりえることなので、仕方がないかなとも感じました。もともと参加者の人数が少人数スタイルパーティーに参加するときは、誰か欠席者が万が一出ると、かなり人数が少なくなってしまうので、そういった面も気にしておいたほうがいいと思います。

まとめ

  • ネットで好きな日時に予約をする。参加費はクレジットかコンビニ決済のいづれかで。
  • 会場はアクセスしやすい場所での開催が多く、毎週頻繁に婚活パーティーがおこわなれているので、思い立ったらいつでも参加しやすい。
  • 受付時に自己紹介カードや必要な記入用紙をうけとる。
  • すべての人と自己紹介タイム後、気になるひとに話しかけるフリータイムが何回がある。最後に気になる相手を第3希望くらいまで記入する。
  • よかった点は、とにかく会場が明るくきれい。スタッフも笑顔で感じがいいので気持ちがいい。気になった点は、事前の人数よりも当時の参加者が少し少なかった点。参加者の当日キャンセルはこちらに限らず、ほかのパーティーでもありえるので仕方がない。

いかがでしたが。婚活パーティーは主催する企業によって、パーティーの雰囲気などもけっこうちがってくるものです。いやな気分になったり、気がのらないような空間よりも、できれば、感じのいい楽しい空間で婚活したいですよね。

PARTY☆PARTYのスタッフは、そういった対応などの接客スキルもきちんとしていると思います。人が気持ちいいと感じるところには、「いい気がながれている」ともいわれています。ぜひ、いい気のながれのなかで、すてきなご縁をみつけてみてください!