シャワー洗顔は肌荒れに?美肌を手に入れるために知っておくべき常識!

みなさん洗顔はどのように行っていますか?

 

30代からはお肌の曲がり角といわれているようにだんだんと肌は敏感になっており弱くなっています。

 

毎日行う洗顔方法によっては肌状態を悪化させたり、肌荒れの原因になることも。その中でもついしがちなのがシャワー洗顔です。

 

今回は、シャワー洗顔が肌にどんな悪影響を与えてしまうのか、お肌に優しい洗顔方法などをご紹介します。

 

これを読めば、角栓や角質や、化粧ノリ、普段からの肌質などがぐんと変わることも。筆者も洗顔法を変えてから、肌悩みから解放された1人です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

シャワーを使って洗顔をすると肌荒れするってホント?

シャワー洗顔をすると肌が荒れる、悪いイメージがありますがその理由気になりますよね。

 

①シャワーを直接顔にあてることで水圧が肌への大きな負担となる

 

肌はラップ1枚分の薄さといわれています。シャワーからの水圧を受けると肌の内側では内出血や血管が壊されてしまいます。これが皮膚のたるみや皺の大きな原因に。

 

さらに、シャワーをかけるときは見上げる形で上からかけると思いますが、これがさらに悪影響となってしまいます。

 

②温度によって角質や角栓つまりの原因となる

 

熱すぎても冷たすぎてもだめで肌の血管のつまりになったり、大きな肌への刺激となってしまいます。それが鼻周りの角栓や角質の汚れ、詰まりの原因になってしまいます。

 

③必要以上に洗いすぎてしまう

 

シャワー洗顔をしていると全体的に一気に洗顔料を流してくれるのでとてもスピーディーで楽ですよね。ですが、シャワーの大量の水で一気に流すことによって 肌に必要な成分も一緒に洗い流れている可能性が。

 

保湿に必要な油分なども一緒に洗い流されてしまうと、乾燥肌や敏感肌になる原因になってしまいます。

 

次はシャワー洗顔を行う際のコツと美肌になるための豆知識をご紹介します。

 

シャワー洗顔するときに肌荒れしないコツ①シャワーの温度は1年中37度~38度の優しい温度で

 

肌にあてる温度は熱すぎても、冷たすぎてもだめで、 ぬるめの37度~38度が理想。よく体や頭を洗うときと同じ温度で洗うという方がいますがこれはNGです。

 

顔の皮膚や頭皮や体の皮膚よりも圧倒的に薄いので、顔の肌には刺激が強すぎます。40度洗顔するときには必ず、温度は37度~38度で洗うようにしましょう。

 

熱い温度による肌への刺激は、顎まわりや鼻まわりの角質や角栓のつまりの原因となり、こすったり毎日の温度の刺激で、より頑固なものになってしまいます。角質や角栓は、どうしても擦り洗いやピーリングをしたくなりますが実は逆効果で、ピーリングやこすり洗いがその大きな原因となっているのがほとんど。

 

私も長年、鼻まわりのしろい角栓に悩まされてきましたがシャワー洗顔をぬるま湯に変え、こすらない、擦らない、ピーリングや角質を取ってくれると言われているスキンケア用品はすべてやめました。

 

すると1週間ほどで自然とあんなに悩んでいた角栓が嘘のように消え、その後もできにくくなっているのを実感しています。

ちょっとしたことですが、肌への負担は大きいのだと感じました。

 

肌への負担を少なくしてあげる為にも、洗顔時の温度はぬるま湯で洗うことを意識してみましょう。

 

シャワー洗顔するときに肌荒れしないコツ②泡洗顔を意識する!しっかりともこもこ泡をつくる

 

洗顔料はどのようにして洗っていますか? 今は泡立てないタイプの洗顔料も増えてきていますが、できるだけ泡立てて洗うタイプの洗顔料をおすすめします。

 

泡立てない洗顔方法で優しく手で洗っていても、摩擦や洗いすぎ、必要成分まで落としてしまうということが考えられます。

 

手はただ泡を補助しているだけで泡をくるくると回しながら優しく洗っていきます。軽く泡をもみこむようにしながらもふもふと洗うのも良いでしょう。このとき、手が肌に触れないように意識しましょう。

 

もし、肌に手が触れるようならしっかり泡立っていない証拠です。これでもか!というくらいもこもこ泡で洗顔するようにしてみてください。

 

泡だけで本当に落ちるの?と思うかもしれませんが、水だけでも皮脂や汚れは落ちています。泡だけでもしっかり汚れを絡め取ってくれています。

 

100円ショップなどで売られている泡立てネットで十分に泡立ちます。

ふわふわな泡に包まれるととっても心が癒やされます。お肌も傷つけることなく綺麗になるのでぜひ実践してみてください。

 

シャワー洗顔するときに肌荒れしないコツ③優しく包み込むように。洗面器とタオルを使って

泡洗顔でしっかりと洗ったあとの洗い流す際にも気をつけたいポイントがあります。

 

洗い流す際にはシャワーで一気に洗い流すのではなく洗面器にぬるま湯をためて、手で水をすくいます。そして顔に優しくはりつけるように流していきます。バシャバシャと流すのではなく、水と洗顔料をはりつけるようにしてゆっくりと洗い流していくのがコツです。水圧が肌の刺激にならないよう流していきます。

 

洗顔後、タオルで顔を拭く際はゴシゴシと拭くのではなくふわっとタオルを顔にあてて水分を含ませればOK。ほおやおでこ、顎など部分ずつタオルをあてて水分を染みこませていきます。

 

使用するタオルも、ごわごわしたものではなく、ガーゼタオルやハンカチなどがあればいいですね。筆者はガーゼハンカチか、質の良いティッシュを使用しています。

 

どちらにしても、フェイスタオルとボディタオルは必ず分けて使用するようにしましょう。

 

美意識の高い人におススメ!肌刺激の心配が一切ない、まるでエステのようなシャワー「ミラブルplus」




シャワー洗顔でのデメリットをなくし、美容効果を高めてくれるシャワーが「ミラブルプラス」。CMなどで見た方も多いのではないでしょうか?

 

ミラブルプラスは、バブルの力が大きいのがポイントで毛穴よりも小さなミストバブルが、しわや毛穴の汚れ、お肌のキメまで汚れを取り除く働きをもっていて、洗剤などを使用せずに水と空気の力だけでお肌の汚れを落としてくれる優れものです。

 

普段使用している水道水には、塩素や配管からの汚れなど目には見えない有害物質も混ざっている可能性があります。そういった有害物質からからだやお肌を守るために塩素除去機能がこのミラブルプラスにはついており、キレイな水でさらに美容効果を高めてくれます。

 

デリケートなお肌や、女性にとっては大切な髪の毛を優しく守りたい女性の間で注目されている人気の商品。

 

>>30日間完全保証付き!ミラブル plusはこちら

※ギフトカード5000円プレゼント付き、保証期間5年♪



口コミではお風呂上がりの乾燥が気にならなくなった、クレンジングが必要なくなったなどの声も多数ありました。 

 

毎日入るお風呂や洗顔、洗顔方法を変えるだけでも大きくお肌の調子は変わりますが、根本的な洗う水から変えることでさらに大きな美容効果が期待できそうですね。

 

以上、シャワー洗顔は肌荒れに?美肌を手に入れるために知っておくべき常識でした

筆者はシャワー洗顔をやめて1週間ほどでお肌の変化を感じることができました。より早く、より高い美肌効果を得たい方は、ミラブルプラスなどのシャワーヘッドから見直してみることもおすすめ。

 

美肌は1日にしてならず、です。1日も早くはじめれば美肌への道も近づきます!今日の洗顔から今回紹介したことを意識して行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。