しっかり保湿ができる化粧水はコレ!ヒト型セラミド配合~肌が汚いと悩む女性必見!

こんにちは、今日は美容好きのリスが記事を担当します。

 

肌が美しい女性の共通点は、みんなしっかり保湿しています。

 

でも、どの化粧水がほんとうに効果があるのかわからない人も多いんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、今ネットで人気が急上昇中している、スキンケアクリニック監修の本格派化粧水をご紹介していきたいと思います!

これまでさまざまな化粧水で肌の潤いの実感がなかったという人は必見です。

 

ヒト型セラミド配合~セルピュア化粧水でしっかり保湿




セルピュアは、「ハリのある肌になりたい」「小じわが気になる・・・」そんな30代女性の肌ケアにおすすめな保湿エイジングケア商品です。

 

弾力のあるツヤ肌を維持するためには、セラミドがかかせませんが、年齢とともにセラミド量は減ってきます。

 

それらの美肌のなくてはならないセラミドを3種類も配合しているので、保湿力や、肌のバリア機能をアップさせてくれる30代にぴったりの化粧水。

 

アンチエイジングや、本格的に美活をスタートさせる大人女子に注目されていて、VoCE(ヴォーチェ)、anan、CLASSYなどさまざまな雑誌でも掲載されています。

 

Cellpure(セルピュア)公式サイト>>

30代から美肌ケアは必須!

今まで積み重なってきた肌へのダメージが表面へ現れてくるのが、30代。

 

乾燥、シミ、小じわ、色素沈着、黄ばみ、タルミなど多くの女性を悩ます問題が盛りだくさん。

ですが、 いちばんの問題はそれらへのケアを疎かにしてしまうこと。問題もきちんと対策を知れば、年を重ねても生き生きとした肌を保てます。

 

しっかりと対策をして悩みをひとつひとつ解消していきましょう。

 

しっかり保湿をするためのポイント①クレンジング

 

クレンジングは丁寧に行えていますか?

 

30代になり、肌の悩みが増えてきたから化粧水や美容液はいいものに替えたのに、クレンジングは以外に適当に選んでしまっている人も。

 

クレンジングをしっかり行うと、毛穴詰まりも解消され、化粧水などの美容成分がしっかり浸透することができます。

 

また、若いころに習慣化してしまった、ゴシゴシこすって洗うなんてやり方を続けていませんか?

肌への摩擦や刺激は、肌にくすみなどのダメージが蓄積してしまいます。

 

実際に私自身も洗顔に関しては、つい安いだけのクレンジングを選んでしまい、さらには十分な量を使わずに洗ってしまっていました。現在は正しい洗顔方法に替え、今まで悩みだった毛穴のつまりが少しづつ改善しています。

 

ついおろそかにしがちな正しいクレンジング方法を見ていきましょう。

メイク落としのクレンジングには、タイプがいくつかあります。

 

・オイル

・バーム

・ミルク

・ジェル

・ローション

・シート

 

これらの 大きな違いは油分の含有量です。

オイリー肌には油分の多いもの、乾燥肌には油分の少ない種類がおすすめ。

 

クレンジングの成分と肌質が違っていると肌荒れの原因に。また、シートタイプは手軽ですがおすすめできません。

メイクが残ってしまうことがあったり、つい力が入って肌をこすってしまったり、シートの洗浄成分が肌に残ってしまうからです。

 

どうしても、今日はきちんとメイクを落とす気力がない、会社の飲み会で飲み過ぎてこのまますぐ寝たい・・・

そんな特別の日だけにシートタイプをうまく活用するのがベターです。

 

 

いずれのクレンジングでも、摩擦を起こさないために量はたっぷりと使うのがコツ。また、 クレンジングを落とす際にはお湯の温度にも気をつけてください。一般的にぬるま湯がいいとされていますが、このぬるま湯は32℃前後をしめします。

 

冷たくはないけれど暖かくはないという温度に調節してみてくださいね!

 

30代の女性におすすめのスキンケア法~大切な5つのポイント

2020-08-16

しっかり保湿をするためのポイント②ふき取り化粧水

 

ふき取り化粧水の役割を知らないまま使ってしまっている人も、意外に多いんじゃないでしょうか?恥ずかしながら、私はふき取り化粧水を普通の化粧水として使ってしまっていたことがあります。

 

ふき取り化粧水はコットンに含ませて使うことを前提として作られています。それはふき取り化粧水の目的が毛穴汚れや、古い角質をコットンで拭うのが目的だからです。

 

30代になるとターンオーバーの周期に遅れが出始め、20代ではおよそ28日周期だったのが約40日になるといわれています。 ターンオーバーが遅れることで日焼けをすると治らないなどのトラブルが出てきます。

 

余分に溜まってしまった角質を取り除くと、ターンオーバーの遅れや乱れ溜まっていた角質が取り除かれ、ごやつきやくすみが軽減されます。また、 使った後には化粧水の浸透がよくなるので、まだ使ったことのない人は使って浸透の良さを実感してみてください!

 

注意点

ただし、ふき取り化粧水には肌刺激になるものが含まれていることが多いともいわれています。

必ず使用する化粧水の成分はチェックするのがおススメ。

 

LUQUE(ルクエ)のふきとり化粧水 お得な7日間お試しセット



VoCEやモテコスメ大賞などで1位をとるほど多くのユーザーにリピートされているナリス化粧品のルクエ。

 

化粧ノリがよくない、毛穴が気になるなどの トータルの肌悩みの解消におすすめ。

 

ふきとり化粧水によって、古い角質をやさしくほぐし、ツルツルの素肌を手に入れることができます。植物エキスなどの肌にやさしい配合となっているので、毎日のケアにぴったり!

 

お試しセット内容

ローション、ミルク、クリーム、Wクレンジングクリーム・フォーム、コンク

2530円⇒初回特別価格990円(税込) 送料無料

 

⇊申込はこちらから⇊

【LUQUE -ルクエ-】7日間お試しセット

※2020年11月20日までのキャンペーンとなっています。

 

30代女性におすすめのエイジングケア基礎化粧品5選!

2020-08-18

しっかり保湿をするためのポイント③ブースター

 

ブースターや導入液といった言葉を聞いたことはありますか?

ブースターは洗顔直後に使う美容液で、基礎化粧品の吸収をよくしてくれます。

 

基礎化粧品の吸収をよくするのはふき取り化粧水と同じですが、異なる点は角質を柔らかくする点です。

 

こちらのブースターは美容液のように塗るだけなので、今まで化粧水の前に使う基礎化粧品を使っていなかった方には、こちらのブースターのほうがスキンケアに取り入れやすいかも。

 

ただし、 敏感肌の人、アトピー体質など人が使用すると肌バリアを弱めてしまう場合があるので、肌が弱い人にはおすすめしません。

 

肌に問題がない人で、化粧水を重ね塗りしてもいまいち乾燥が解消されない方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

しっかり保湿をするためのポイント④化粧水

 

基礎化粧品の中では、化粧水を重視する方も多いんじゃないでしょうか?

 

私は20代のころ、少しでもべたつく化粧水は嫌で、乾燥肌にもかかわらずさっぱりした化粧水ばかり使っていました。でも、今はもっぱらとろみのあるタイプを使っています。30代になってから一層乾燥が進んできたこともあるし、とろみがあってもべたつかない化粧水を見つけたから。

 

化粧水に限らずいろいろな化粧品を買う際は、 まず保湿力が高いかどうかで選んでみてください。

他にも好みのテクスチャー、どのような肌になりたいか、何に悩んでいるかなどによって買ってみてくださいね!

 

そのほかのおすすめ化粧水も紹介しています。

エイジングケアにおすすめのプチプラ化粧水5選!30代女性向け~

2020-08-15

しっかり保湿をするためのポイント⑤美容液

30代になった方にぜひとも使っていただきたいのが美容液です。

 

美容液は目的に応じて使う基礎化粧品で、 目的ごとの美容成分が高濃度で配合されているので、肌の悩みに効果的。

何種類かを重ねて使うこともできるので、悩みの多い方は2・3種類使ってみるのもおすすめです。

 

また、美容液は悩みに応じて使うのはもちろん、その日の肌のコンディションによって使い分けることもできますよ。

 

私は普段は美白美容液を使用していますが、肌荒れをしているときは鎮静効果のある美容液を追加して使っています。今日はどの美容液を使おうか迷いながらケアするのも意外と楽しいですよ。

 

\初回40%OFFで購入できます/

 

しっかり保湿ができる化粧水はどれ?肌が汚いと悩む女性必見のまとめ

  • セルピュアは30代女性の悩みにぴったりあったクリニック監修のエイジングケアシリーズ
  • クレンジング:様々な種類があり、肌質に合ったタイプを選ぶ。
  • ふき取り化粧水:コットンを使って拭くことで古い角質を取り除く。
  • ブースター:角質を柔らかくして基礎化粧品の吸収をよくする。
  • 化粧水:保湿力の高いものを選ぶ。
  • 美容液:悩みにあったものを使う。

 

正しい手入れの方法を行ったり、行程が増えるとスキンケアが大変に感じるかもしれません。

でも、それらは見た目として結果に表れてきます。きっと鏡を見る時間が楽しみになりますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。