日焼け止めを塗り忘れたときの対象法~あきらめるのはまだ早い!

夏になると欠かせないアイテム、日焼け止め。

 

しかし朝は準備で忙しくつい日焼け止め塗るのを忘れてしまった!という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、日焼け止めを塗り忘れたときの対処法をご紹介します!

 

これであなたも年中美白になれること間違いなしです!

日焼け止めをうっかり塗り忘れてしまいやすい箇所とは?

とし
まずは日焼け止めを塗り忘れやすい箇所はどこかみていきましょう。

 

日焼け止めを塗っても、塗り忘れているところありませんか?

 

多くの方が忘れやすい箇所として、首まわり、耳、足首、指先などが挙げられます。

 

顔や腕、足などの大きな部分は意識して塗りますが、そのほかの細かな部分を塗り忘れる方が多い傾向があります。

 

細かな部分を塗り忘れてしまうと、変な日焼けをしてしまい、毎日頑張って日焼け止めを塗っていても台無しになってしまいます。

 

日焼け止めを塗る際は、注意して塗るように心がけましょう。

日焼け止めを忘れた時の対処法①炎症にはアフターケアが大切

とし
なぜ日焼けで肌が黒くなるのかみなさんご存じですか?

 

多くの方は日焼けをするとまず肌が赤くなると思います。

 

赤くやけどのような症状が出た後、黒く日焼けした肌になります。

 

その原因は、 紫外線によって皮膚の細胞がメラニンという紫外線を吸収する黒い色素をつくるからです。

 

日焼けをして肌が赤いうちに、炎症を抑える化粧水やジェルなどで保湿することで、アフターケアを取り入れることで、メラニンの生成を抑え、黒く日焼けした肌の炎症を抑制することができます。

【30代女性必見】日焼け対策はいつから?紫外線対策グッズも紹介!

2020-05-13

日焼け止めを忘れた時の対処法②手軽にサプリメントでビタミンチャージ

多くの方は日焼けした後、赤くなった肌を冷やすことをすると思います。

 

外側からのケアも大事ですが、内側からのケアも大切です。まず私がおすすめするのは、ビタミンCのサプリメントを摂ることです。

 

ビタミンCには抗酸化作用の効果があります。抗酸化作用には、からだの酸化を抑える働きがあります。ほかにも、メラニンが生成や色素沈着を抑える働きや、肌荒れを改善させる働きもあります。

 

ビタミンCのサプリメントを摂ることで、日焼けによるダメージを抑えることができるのです。

日焼け止めを忘れた時の対処法③ビタミンC豊富な食品を食べる

サプリメントを飲み忘れてしまう方におすすめなのは、食事でビタミンCを摂ることです。

 

食事に取り入れることで、サプリメントを飲み忘れることが無くなります。ビタミンCの抗酸化作用は、活性酸素の働きを抑えることができます。

 

活性酸素とは、体内の血液や細胞を酸化させることをいいます。イメージしやすいのは、りんごです。切った後、放っておくと酸化して色が変色しますよね。その現象と同じで、人間にも活性酸素が働くと酸化してしまいます。

 

紫外線のなかには、活性酸素を発生し肌の細胞へダメージを与える波長が含まれています。ですので、日焼けをするとからだの中の細胞や皮膚が酸化して皮膚がんやシワ・たるみなどの炎症を起こしてしまします。

 

しかし、その波長の効果を抑えてくれるのが抗酸化作用です。つまりビタミンCを積極的に取り入れることで日焼けによるダメージを抑えることができるのです。

 

サプリメントとビタミンCが豊富な食品を取り入れることで、より効果が期待できそうですね。

 

とし
私も毎日ビタミンCを摂っていますが、日焼け対策だけではなく、もともと肌にあったニキビ跡などもなくなりました。まさに一石二鳥ですね!

紫外線吸収剤不使用の日焼け止め!絶対におすすめ5選!

2019-08-06

日焼け後のおすすめ食品を紹介!

日焼けしてしまったあとにも、食べ物でアフターケアすることができるんです。

 

次に、おすすめ食品をご紹介しますね。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCを豊富に含んだ食品を積極的に摂ることで、抗酸化作用が働き活性酸素の抑制を促します。

 

また、メラニンの生成を抑え、美白効果も期待できます。

 

ビタミンCを含む食べ物・・・いちご、柑橘系の果物、ブロッコリー、小松菜など

βカロテンを含む食べ物

βカロテンにも抗酸化作用があり、皮膚や粘膜に必要な栄養素です。また、肌のハリや弾力を保護する役割もあります。

 

βカロテンを含む食べ物・・・にんじん、レバー、かぼちゃ、ブロッコリーなど

リコピンを含む食べ物

リコピンにも抗酸化作用の高い効果があり、メラニンの生成を抑える働きもあります。

 

さらに、肌のダメージを回復する働きもあります。

 

リコピンを含む食べ物・・・トマト、スイカ、にんじん、パパイヤなど

チョコレートで日焼け対策効果とは?

じつはチョコレートも日焼け対策効果があったこと知っていましたか?

 

チョコレートには、ポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールにも高い抗酸化作用があり、日焼け対策の内側からのケアとしておすすめです。

 

紫外線からの保護の役割や、日焼けをした際肌が赤くなるのを抑える働きもあります。特に高カカオのチョコレートは効果があり、肌にもいいと期待されています。

 

また、チョコレートは持ち運びもしやすく、ダイエット中でも気にせず食べれるところがポイントです。食事の合間のおやつとしても、紫外線対策としても抜群な効果があるのです。チョコレートが日焼け対策になるとはビックリですよね。だまされたと思ってやってみてください。

 

もちろんたくさん摂取してしまうと逆効果ですので、1日に3~5粒くらいを目安に取り入れてみてください。

飲む日焼け止めの効果とは?田中みな実さんも使用中!

2020-05-18

まとめ

日焼け止めを塗り忘れたときの対処法まとめ!

  • 日焼けをした後のケアを忘れずに
  • 内側からのケアも大切
  • ビタミンCは効果的
  • チョコレートも日焼け対策に効果的

 

いかがでしたか。日焼け止めを塗ることだけが日焼け対策ではありません。日頃の食事などから日焼け対策を心がけて、内側から綺麗になることが要です。

 

私も毎年日焼け対策に力を入れていますが、食事やサプリメントでのケアを取り入れてからは、むしろ以前より肌が白くなりました。

 

みなさんも少しの心がけで、美白で美しい肌を手に入れられるはずです!

紫外線のメリット・デメリット知っていましたか?知っておきたい紫外線対策!

2020-04-05