30代の私がマッチングアプリTinderを使ってみた感想

こんにちは、としです。(女)

 

結婚願望があまりなかった私も30代になり、さすがに婚活の必要性を感じるようになりました。

 

婚活イベントなどに参加するようになりましたが、気が乗らない時ってけっこうめんどくさいんですよね。

 

その点マッチングアプリは自宅でいつでも手軽にできるので、便利なアイテム。

 

そこで今回は、前から気になっていたTinderというマッチングアプリを実際に使ってみた体験談をご紹介していきたいと思います!

イケメンが多い!だけどなんかチャラい

Tinderは、たくさんの男性の写真が見れます。タイプか、興味がないかで「仕分け」できます 笑。

 

Tinderをはじめてまず思ったのが、イケメンが多い!

 

でも、芸能人の画像をプロフィール写真にしていたり、あきらかに海外男性モデルの画像をプロフィールにしているような人も一定数いました。

 

もちろん普通のまじめそうな男性もたくさんいましたよ。

 

何人かの気になる人に「ライク」して、何人かの人とマッチングしました。

 

「はじめまして。〇〇といいます」「マッチングありがとうございます」などと、男性からメッセージがきました。マッチングだけしたけど、メッセージがこなかった男性もけっこういました。

 

自分の好みのタイプの男性からメッセージが来るのはやっぱりうれしいですね。

 

でも、「はじめまして。マッチングありがとうございます」とメッセージがきて、こちらも「はじめまして。〇〇です。よろしくお願いします」までは返すんですが、その後がメッセージがつづかないんです。

 

一応マッチングはしたけど、特に聞きたいと思うことがないというか、メッセージ送るのがだんだんめんどくさくなってしまいました。

 

マッチングまでは少しどきどきワクワクするんですが、好みの人とマッチング成立してしまったら、なんか満足してしまって。

 

イケメンは私の想像ですが、たぶんたくさんの女性とマッチングしていて、メッセージ交換なども慣れていると思います。

 

なので、イケメンの人のメッセージは「必死さ」がまったくないので。

慣れているて、余裕もあるのでさらっとした印象です 笑。

 

普通なタイプのまじめそうな男性は、メッセージもとてもまじめで、真剣に彼女を探しているんだろうなという誠実さを感じます。

 

やはりプロフ画像がイケメンの男性は、自分がモテていることを自覚している感じがしました。

 

メッセージなどで最初から「今度お時間がありましたら、飲み行きませんか?」とさらっと言ってくるイケメンがちらちらいました。慣れているなぁと感じたのと、なんか違うなぁと思ってそれ以上やりとりすることはなくなりました。

 

大体の人はすぐに、「軽くご飯でも行きましょう」などと、実際に会おうとしてきました。

 

正直、マッチング成立したばかりで、メッセージ交換すらろくにしてないし、どんな人かわからないのに、最初からすぐに会おうと言ってくる人の考えが理解できませんでした。今思えば、やり目だったか、軽いチャラい人達だったんだろうと思います。

 

もし、相手の男性も真剣に結婚につながるような女性と出会いたいと思っていたら、まずはメッセージである程度やりとりして、どんな女性なのか知り合いと思うはずです。

 

軽い遊び目的の女性なのか、自分と同じように真剣に相手を探しているのか知ることは重要なことですよね。

 

もし自分は真剣に彼女を探しているのに相手が、遊び目的などチャラい女性だったら、せっかく会ったって時間の無駄になってしまいます。

 

なので、すぐに「ライン交換しませんか?」とか「飲みにいきましょう」などと軽いメッセージをしてくる人には興味がもてませんでした。

まじめに出会いを求めてそうな男性も一定数いた

 

そんななか、まじめにきちんとした文章を送ってきた男性も数人いました。

 

メッセージの内容などから、普通に彼女を探しているんだろうなと。

 

Tinderでは、結果、2人の男性とメッセージを頻繁にやり取りしました。

 

そのうちのひとりは、やり取りする中で「会いませんか?」と言われ、まだ実際に会う気がなかった私は、めんどくさくなってだんだんフェードアウトに。

 

もうひとりの男性は、すぐに「会おう」とか言ってくることなく、ただ自然な感じにおたがいの話や、趣味の話などでもりあがったので、メッセージ交換も楽しかったんですよね。

 

この人は今までの人たちとちがっていいかも・・と思いはじめました。

 

その後、その人がライン交換しませんか?と言われて、ライン交換しました。

 

ライン交換することでいっきに相手との距離が近くなるわけですが、その後も相手からの私に関するいろいろな質問がずっと続きました・・・

 

しかし、そこからなんですが・・・その男性は私と早く距離を縮めたかったのか、ずっと私を質問攻めにしてきて。

 

彼からの質問に返信し、ちょっと席を立とうと立ち上がった瞬間に、

 

ピコン(ラインのメッセージを受信する音)

 

「え?早!!」

 

仕方なく、また返信すると、

 

「ピコン」(メッセージを受信する音)

 

これがずっと続きました 笑。

 

最初はおたがいに知り合ったばかりだし、自己紹介という意味で何も感じずに、聞かれたことをそのまますべて答えていたんですが、途中からだんだんストレスになっていったんです。

 

私が質問することもあったんですが、圧倒的に向こうが聞いてくるほうが多かったんですよね。

 

そん感じで、途中から「なんで私こんなに自分のことばかり教えないといけないんだろ」「なんかめんどくさいな」と、重いというかうっとうしく感じてきて、途中からメッセージにすぐに返信しなくなりました。

 

相手も途中からそんな空気を感じ取ったのか、そのまま連絡が来なくなりました。

 

その男性はとてもやさしそうで、まじめでとてもいい人でした。

 

ただ、 相手の真剣さというか、まじめさが逆にうるさくかんじてしまったんです。

相手の方、その節はごめんなさい 笑。

 

もしほかの男性だったら「おれ、質問しすぎで嫌われちゃうね」「ごめん、質問しすぎでウザイよね」とか、

 

軽く流せるひともいそうですが、その人はとてもまじめだったので、真剣に私の答えた返事をひとつひとつひろってくれて、なにかしら言葉を返してくれたんです。

 

やっぱり、会話って互いに気をつかっていると、だんだん疲れてしまうものですね。

 

いい意味で、気をつかうことなく、自然なやりとりができる人がいいんでしょうね。

 



マッチングアプリTinderのいい点・悪い点

 

マッチングアプリはたくさんの種類のものがあります。

 

真剣な出会い向きのアプリもあれば、恋人探しのような若者向けのアプリまでさまざまです。今回のTinderアプリについては、いい点はやはりたくさんイケメンの登録者がいるので、目の保養になるということでしょうか 笑。また、メッセージをしてみるとなかにはまじめな男性もみかけます。暇つぶしに家でいじるには楽しいんじゃないかと思います。

 

気になる点は、チャラそうな男性が多かったということです。なかには堂々と「既婚者です。それを理解してくれるような大人の関係をもとめています」と公言している男性もちらほらいました。怖いです。

 

Tinderで女性とヤル方法などという女性にとってはなんともゆるしがたいような情報がネット上でたくさんあります。なので、実際にそのような遊び目的でTinderを利用している男性が多いということです。なかには真剣な出会いを求めている男性もいるけど、遊び目的の男性が圧倒的に多いということを忘れずに、いい人と出会えればラッキーくらいに利用するのがいいんじゃないかなと思います。

国際交流パーティーの口コミとは?危ないの?30代独身女が実際に行ってきた!

2019-08-23

30代の私がマッチングアプリTinderを使ってみた感想のポイントまとめ!

  • イケメンが多いが、プロフ画像別のイケメンモデルにしたり、本人画像じゃない人も多い。イケメンとマッチング成立したら満足して、メッセやりとりはしないことが多かった。
  • イケメンは女性に慣れているので、すぐに「飲みにいきましょう」などメッセージがチャラかったり、軽い人が多かった。
  • 真剣にきちんとメッセージしてくる男性も数人いた。チャラい男性と違ってまじめさが伝わってきて好感もてた。ただある程度メッセージ交換したら、やりとりがめんどくさくなってしまった。
  • Tinderのいい点はイケメン登録者が多いので目の保養に。普段出会えないような人とやりとりできるのは刺激がある。気になる点は、やはりチャラそうな男性が多い。既婚だけど、割り切れる関係を求めてますと堂々と公言してる登録者も一定数いるので注意。

 

真剣な婚活向きのマッチングアプリとちがって、やはりTinderは遊び目的に利用されているということが実際に使ってみて納得です。

 

日常ではなかな出会えないような、芸能関係の人、ディレクター、映像制作者、会社経営者など、さまざまな職種の人がたくさん利用しているようです。

 

普段接点のないさまざまな世界の人と知り合ってみたいという好奇心旺盛な女性は、1度利用してみてもいいかも。

あくまでも自己責任で!