トマトを生で赤ちゃんに食べさせられるのはいつから?

こんにちは、ママライターのユラが今回担当します。

 

離乳食が始まり、食べられるもの、食べられないものを調べて調理したり・・・

 

初めてだらけの離乳食作りは大変ですよね。

 

今日は、トマトを赤ちゃんに食べさせられるのはいつからか、調理方法など、悩めるママさんたちへ少しでもお手伝いできるようご紹介します。

赤ちゃんの離乳食としてトマトは使用できる?

生後5〜6カ月になると「ゴックン期」と呼ばれる離乳食初期に入ります。

 

離乳食は、重湯や十倍お粥からはじまり、ゴックン期からは与えても良いとされる野菜はぐんと増えます。

 

柔かいお米や食パン、ほうれん草やきゅうり、大根、トマトも5~6ヶ月頃からはOKです

 

トマトにはビタミンEの100倍もあるといわれているリコピンや、ビタミンC、B-カロテンなど抗酸化作用が高い成分が豊富に含まれており、赤ちゃんの免疫力を高めてあげるためにもどんどん取り入れていきましょう!

トマトを食べるための下ごしらえ

トマトは加熱すると甘くなるので、赤ちゃんも食べやすくなります。いやがらなければ生でも大丈夫。 

 

今回は加熱して調理する方法を紹介します。

 

トマトの下ごしらえには「湯むき」と「種取り」という作業があります。

下ごしらえの基本の順序

 

  1. へたは汚れがたまりやすいのでよく洗う
  2. 皮や種がついたままだと口あたりが悪いため、最初は取り除くのがオススメ。

 

トマトの皮はむきにくいので、ここで「湯むき」という方法で皮を剥くと簡単です。

 

湯むきとは熱湯にさっとくぐらせて、すぐに冷水につけて皮をむくこと。

 

へたをとったら、反対側に十字の切り込みを入れ、沸騰したお湯にいれて皮がめくれてきたら冷水の中で皮をむきます。

皮をめくれたら次は「種取り」

 

種取りは、トマトを半分に切りスプーンなどですくってタネを取れば下ごしらえは完了です。

 

こちらのレシピでは、トマトの下ごしらえを簡単に載せていらっしゃいましたので紹介します。

 

「離乳食中期☆トマトの下ごしらえ レシピ・作り方」

https://www.google.co.jp/amp/s/recipe.rakuten.co.jp/recipe/1620003318/amp/

 

トマト缶を使う場合も、最初は裏ごしして種を取りましょう。

ただし缶は酸味が少し強いこと、塩分含まれていることがあるので、食べ始めなどは控えた方がよいでしょう。

普通のトマトとミニトマトどっちがおすすめ?

それぞれ、使いやすい方で大丈夫ですが、ミニトマトだと一粒一粒、下処理するのが大変なので筆者は普通のトマトをおすすめします。

 

ミニトマトのタネをスプーンで取るのもなかなか至難の技ですよね。

大きいトマトですと1度の下処理で、冷凍して保存して置いておけるので楽ですよ。

トマトの保存方法

トマトはどのように保存しておくのが正しいのか気になりますよね。

 

冷凍、冷蔵、常温の3パターンの保存方法がありますが、1つずつメリット、デメリットがあるので赤ちゃんとお母さんにあった保存方法を見つけていきましょう!

冷凍保存の場合

トマトを冷凍すると、繊維が壊れて中に閉じ込められている旨味成分が外に出やすくなり、おいしさがアップすると言われています。

 

これは、玉ねぎやキノコ類も同じです。

 

ただし、トマトの食感は失われるので解凍した際には、形は潰れた状態となっているかもしれません。

 

離乳食作りの際には、潰して調理するので解凍した際に潰れていてもすぐに使用できるので便利ですね!大人はトマトソースやスープなどを作る際に、使用できます。

 

賞味期限の目安は約1ヶ月です。

冷蔵保存の場合

トマトを冷蔵保存すると、食感を失わず、生のトマトの美味しさをグッと感じられます。

 

サラダなど、形を潰さずに使用したい場合は冷蔵保存がおすすめです。

 

ただし、賞味期限は約2週間となりますので、買ってから早く使い切れる場合には冷蔵保存でもいいかもしれませんね。

常温保存の場合

常温で保存する事によってトマトが熟され、リコピンが増加します。

 

リコピンが増加する事によりトマトの栄養を1番多く摂取できるのは常温での保存だと言えます。

 

新聞紙などにくるんで、ヘタを下にして置いておきましょう。

 

日持ちは2〜3日ですが、夏場などは腐りやすいのでもう少し早く食べきるのが良いでしょう。

トマトの選び方

トマトを選ぶ際に注意したほうがいいことは?

トマトは鮮やかに、赤く熟していればいるほど栄養価も高いです。

選ぶ際は、まず全体的に真っ赤に熟しているものを探しましょう。

 

いちばん真っ赤で熟しているトマトを見つけたら、次は下記の通りに確認していきましょう

 

1,皮の色にムラがなく、きれいないろ、ツヤ、ハリがあるか。

 

トマトは1番食べ頃の時期期は、全体的に真っ赤で色ムラがなく、皮がピンと張っておりシワもない状態が理想。

 

時間がたつと皮が伸びてきてしまうので、まずは全体の皮の色、ハリなどを確認しましょう。

 

2、ヘタも同様、ピンとはっており、上にのびているか。 枯れていないか。

 

全体の色が真っ赤できれいでも上のヘタがが枯れていたり、しぼんでいると鮮度が落ちてきているといえます。

 

しっかり伸びているヘタを選びましょう。

 

3、大きな傷はついていないか、白い斑点がないか

 

大きな傷はもちろんNGですが、少し小さくて見えにくい箇所に小さな斑点が周りについている場合があります。

 

それは甘みが薄れ始めていたり、水分が多く味が薄くなっていたりするので手に取ってみて、白い斑点がないかも確認しましょう。

 

青い部分が混ざっているトマトはまだ完全に熟しきっていない部分です。

 

青い部分には「トマチン」という毒が入っており、食べると人間には健康被害を及ぼします。が、その量はトマト150キロ以上食べた場合。

 

普通は1個~2個程度でそんなに大量に青いトマトを食べることってないですよね。

 

ですが赤ちゃんにあげる場合はやはり熟し切っていないという点で固めだったり、青臭かったりするので控えた方がいいでしょう。

 

上記の点を確認した上で合格のトマトは今が食べ頃で栄養満点、美味しいトマトだといえるでしょう。赤ちゃんにも安心して食べさせてあげる事ができますね。

トマトを生で赤ちゃんに食べさせられるのはいつから?のポイントまとめ

・トマトは生後5~6ヶ月頃から食べられる!

・栄養もたっぷりで赤ちゃんの離乳食にもぴったり!

・トマトは食べ方や調理方法によって保存方法を変えるのがベスト。

・離乳食作りには、下ごしらえをして冷凍保存がおすすめ!

・1番美味いトマトの選び方のポイントは、ツヤ、ハリ、鮮やかな赤色!そしてヘタが伸びていて元気なこと。

・離乳食作りにはミニトマトより普通のトマトがおすすめ

・青い部分が残っているトマトは離乳食には控える

 

初めての食べ物を我が子に食べさせる時、心配や疑問がたくさんでてきますよね。筆者も我が子の離乳食スタートにはかなり苦戦しました。どんなことも最初から完璧なお母さんなんていません。 子育ても離乳食も自分のペースで無理せず楽しく行っていきましょう!

赤ちゃんの成長への栄養のひとつとなるトマト。大きくなっていけばレシピもアレンジも増えていきます。

 

さまざまなアレンジを行う上でまず土台が素材の選び方や保存方法です。これらをしっかり行うだけでできあがりの味が格段にあがります。

 

紹介したことを参考にしていただき、これからの離乳食作りに役立ててもらえると嬉しいです