好きな人にバレンタインチョコを!中学生におすすめな渡し方とは?

こんにちは、今回はホッシーが記事を担当します。

 

2月といえばバレンタインデーですね!

 

好きな男の子に気持ちを伝えたい!そう思っている女子もたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

私自身も、学生時代にバレンタインのすてきな思い出があります・・・。

 

そこで今回は、中学生に向けて、好きな人にバレンタインチョコを渡す時のおすすめな渡し方について、紹介していきたいと思います!

 

バレンタインチョコを渡すタイミングはいつ?

中学男子は、頼もしいところがある反面、実はデリケートな部分も多いもの。

渡すタイミングはとても重要です。

ここでは、バレンタインチョコをわたす最適なタイミングについてお話しますね。

 

おすすめ!バレンタインチョコを渡すタイミング①放課後に渡す

 

やはり 放課後にチョコレートをわたすのが、王道。

 

わたしも中学生のとき、大量の義理や友チョコは休み時間に渡して、本命は放課後にわたしていました。

理由は、ふたりきりになりやすいからです。中学生になると、部活や塾ですぐに教室からいなくなってしまうことが多いため、事前に好きなひとに予約をとっておけば、ふたりきりになりやすいので おすすめですよ。

 

勉強のできる相手なら数学で教えてほしいところがあるんだけど、放課後 すこしだけ時間もらってもいい?」などと声をかけておくと、スムーズです。

 

部活や塾があるなら、「部活(塾)にいく前に、放課後すこしだけ時間とれる?○○先生から伝言があるの」などと声をかけるのもいいですね。

そこから、ふたりきりになれる場所にきてもらうように、笑顔でつたえましょう。

 

予約がとれず、 放課後すでに好きなひとが部活や塾に行ってしまっていたら、用事がおわったあとに渡すことも考えておけば、当日焦りませんよ。

 

もちろん、はじめから放課後の部活(塾)おわりにわたすと、決めてもよいでしょう。このときも、LINEや電話で彼にアポをとることをわすれずに。

その2 お昼休みに渡す

 

休み時間は1日のうち数回ありますが、通常はたった10分ほどの短い時間で終わってしまいますよね。

 

好きな人も、クラスメイトと話をしたり、トイレにいったり・・・ほかの教室に移動したりと、 なかなか面と向かってチョコレートを渡すにはむずかしい時間帯。

 

短い休み時間は、チョコレートをわたすよりも、好きな人とふたりきりの時間をつくる予約タイムとして、有効に使うのがおすすめ。

 

どうしても、やすみ時間しか渡すタイミングがない場合は、長めのお昼休みに渡すのもいいですね。

 

その場合、 お昼休みに時間を作ってもらえるように、朝のうちに予約して待ちあわせすれば安心です。

 

おたがいにスマホを持っていれば、前日のうちにLINEで予約しておくのもいいですね!

大切なのは、ふたりきりになれる時間をつくることです。

その3 朝に渡す

 

好きな人の登校時間がわかっている場合は、朝のうちに渡すのもアリです。

 

朝からチョコレートをもらえるなんて、その男子にとってはとても幸せなことですよね!心の中で「ヨッシャー!!」などときっと叫ぶはず。笑

 

うまく渡すことができれば、きっと授業中も、あなたのことが気になってしかたなくなるでしょうね。

その4 休日に渡す

バレンタインデーが休日なら、前もって予定を聞いて、休日に渡しましょう。

 

学校よりも、ふたりきりになりやすいので渡しやすいですね!

でも、休日は彼にも用事がある可能性も。

 

あくまでも好きな人の予定を優先し、あいている時間帯に渡しに行く姿勢でいましょう。

 

チョコを渡す場所はどこがいい?

好きな人にチョコレートを渡す場所も、とても重要。

場所選びとタイミングさえバッチリなら、スムーズにチョコレートを渡すことができます!

 

渡す場所で重要なのは、ふたりきりになれる環境

 

中学生男子は多感な年ごろです。

 

 

 

ほかのクラスメイトの前で、本命チョコを渡されると、「うれしい」よりも「はずかしい」気持ちが先だち、素直にうけとれなくなってしまうこともあります

 

それでは比較的簡単に渡せる場所から順に紹介していきます!

 

おすすめな場所 その1 下駄箱や机のなかにいれておく (難易度 ★★☆☆☆)

 

「どうしても直接渡すのは、できない!」というシャイな女子は、 下駄箱や机のなかに、チョコレートをこっそりしのばせることも、ひとつの手。

 

その時、ほかのクラスメイトにみつからないよう、時間帯には気をつけてくださいね。

 

早朝か休み時間中、お弁当をたべているときなど、こっそり抜けだして、下駄箱などにいれてみて。

 

おすすめな場所 その2  ひとのいない教室や屋上でわたす (難易度 ★★★☆☆)

 

だれも入ってこない特別教室などに呼びだして、チョコレートを渡すのも、特別感が出て、いい雰囲気になりやすいですね。

 

特別教室の鍵があいてない、なんてハプニングもありえるので、あらかじめどこの教室ならふたりきりになれるか、チェックしておきましょう。

 

もし屋上があいていたら、屋上でわたすのもドラマチックですね~。

 

筆者の私がドキドキしてきちゃいました 笑。

いいなぁ。私も誰かにチョコを渡したい~!!

 

おすすめな場所 その3 登校中、学校までの道のりでわたす  (難易度 ★★★☆☆)

 

朝の登校中、学校までの道のりも、ふたりきりになりやすい場所をみつけやすいですよね。

 

好きな人がいつも友だちと登校しているなら、前もって「貸してほしいものがあるんだけど」などと理由をつけて、ひとりで来てもらうのもいいですね。

 

身だしなみに時間をかけたい女子は、いつもより朝早くおきる必要がありますが、服は前日のうちに決めておいて、愛のパワーで早起きしましょう。笑

 

おすすめな場所 その4 好きなひとのお家に訪問して わたす (難易度 ★★★★☆)

 

学校では渡せない場合、好きな人の家に訪問して渡すのもいいと思います。

 

注意点は、いきなり彼のお家に突撃してしまうことは、NG。

 

彼の家族や、友だちが家にいることもあるので、事前に連絡して約束をとりつけることはマスト

 

LINEや電話でやりとりができるなら、家の近くについた時点で、再度連絡して、家の外に出てきてもらうと渡しやすいですね。

 

おすすめな場所 その5 好きなひとの都合のいい場所を相談してわたす (難易度 ★★★★★)

 

好きな人の都合に合わせるのも、けなげな姿勢が伝わって、印象がアップしますよ!

 

LINEや電話、または直接彼にどこで渡せばいいか、思いきって聞いてみましょう。

 

ただし、この方法は、ある程度彼との距離が近い中で、脈ありと判断できている場合につかうほうが、より有効的です。

 

「14日に、ふたりきりで わたしたいものがあるんだけど、どこでならわたせるかな?」なんて、半分告白してるようなものですが、勇気をだして、相談するようなかたちで聞いてみましょう。

 

学校の中庭や公園など、具体的な場所をいくつか提案してみると、相手も返事しやすくなりますね。

親しい仲になっているなら、きっと彼も心よくこたえてくれるはず。

NGなチョコの渡し方とは?

いくらタイミングと場所がよくても、失敗してしまう人もなかにはいます。

万が一のことを想定しながら、確実に成功に近づけましょう!

 

避けたほうがいい渡し方①ほかの生徒がたくさんいる場所で一目もはばからずに渡す

 

これは、もっともNGです。

 

ほかのクラスメイトの前で、本命チョコを渡されると、「うれしい」よりも「はずかしい」気持ちが大きくなるもの。

 

できるだけほかの生徒がいないところで渡すほうが、彼だって安心なはず。

 

ほかのクラスメイトが近くにいる場合は、離れた場所に移動したり、少し時間をおいて、クラスメイトがどこかにいくのを待つなど、臨機応変に!

避けたほうがいい渡し方②「たまたまチョコがあまったから」と照れ隠しで渡す

 

好きな人を目のまえにすると、 緊張する気持ちはよくわかります。

 

照れ隠しで「たまたまチョコがあまったから・・・」なんていいながら、渡してしまうと、 相手はその言葉どおりに受け止めます。

女性と違って、男の人は言葉の裏の意味を理解できるほど、器用ではないんです。

 

もし、彼もあなたに気があったとしたら、「義理か・・・」ととてもショックを受けると思います。

 

後悔しないバレンタインデーにするには、どんなに緊張しても、 勇気を出して素直な気持ちを伝えましょうね!

避けたほうがいい渡し方③好きなひとの好みを考えずに渡す

 

バレンタインデーといえばチョコレートを連想しがちですが、好きな人がそもそもチョコレートが食べらるかどうか、事前に知っておくといいですね。

 

甘いものが苦手なひとや、卵・小麦アレルギーで焼き菓子がたべられない人も、なかにはいます。

 

事前に調べておいて、相手に合ったものを渡せると、相手もうれしいはずです。

 

チョコレートが苦手ならチーズケーキやクッキーにしてみたり、アレルギーがあるなら、それ以外のものを用意したり。

 

こういった気くばりができれば、「おれのことを、よくわかってくれてるんだ」と、彼の好印象につながります!

 

好きな人のよろこぶ顔を想像しながら、楽しく準備しましょう。

チョコを渡すときに何を伝えたらいいの?

 

いざバレンタインチョコをわたすときに、「彼になにをいったらいいのか、迷ってしまいそう…」と、不安になりますよね。

今から イメージトレーニングしておけば、本番でも、きちんと伝えられるはずです。

好きな人を前にすると、緊張して言葉につまってしまうといったアクシデントもふせげますよ。

 

また、直接チョコレートを渡すのではなく、下駄箱や机のなかに入れて渡す予定の人は、 一緒にメッセージカードを添えるのを忘れずに。

 

直接渡す場合も、そうでない場合も、メッセージカードも入れておくといいですね。

 

それでは、好きな気持ちが伝わるような、おすすめの言葉をご紹介します。

相手につたわる!おすすめの言葉 その1「○○くんのことが、だいすきです。」

 

男子は、女子にくらべると、人の気持ちを察することが苦手な人が多いもの。

 

チョコを渡すことで、「もしかして、こいつ、おれのことがすきなんじゃ?」と、気づかせることはできるかもしれません。

 

でも、鈍感な人は、本当に鈍感です 笑。

 

どれくらい本気なのかは、100%伝わるとは限らないもの。

 

だからこそ、 ストレートに気持ちをぶつけることで、本気の気持ちが伝わります。

 

直接つたえるのが、はずかしい場合は、メッセージカードに想いをつづって、一緒に渡してみては?

相手につたわる!おすすめの言葉 その2「○○くんは、特別だよ。」

 

ひとは、自分だけを特別あつかいしてくれる存在に、好意をしめすものです。「本命の○○くんにだけは、ふたりきりで わたしたかったんだ。」などと、自分のことを特別にみていることがわかるような言葉をつかわれたら、好きなひともドキドキすること まちがいなしですよ。

相手につたわる!おすすめの言葉 その3「つきあってください。」

 

好きな気持ちをつたえたあと、忘れがちなのが、この言葉。告白されると、もちろんうれしいのですが、そのあとどうすればいいか相手は困ってしまいます。「ふつうは、告白されたら つきあうかどうかって話になるでしょ?」と思いがちですが、告白されたほうも緊張しますから、その場ですぐに交際について考えられるかどうかは、むずかしいところです。

 

「ありがとう」とチョコレートを受けとってもらったのはいいけど、そとあと進展がないといったことにならないようにするには、「好き」と「つきあってください」はセットでつたえましょう。

相手につたわる!おすすめの言葉 その4「○○くんの、〜なところが、すごいと思う。」

 

ほめ上手さんは、「さしすせそ」の言葉をうまくつかいこなします。

  • さ→さすが!
  • し→知らなかった!
  • す→すごいね〜!
  • せ→センスいいよね
  • そ→そうなんだ〜!

 

好きなひとの尊敬しているところや、すごいと思った できごとなど、具体的につたえるのがおすすめです。チョコレートだけでも、もらえるとうれしいところに、告白とほめ言葉までもらえたら、「日頃からよくみてくれてるんだな」と、相手のよろこびは2倍、3倍以上にふくらみます。きっとあなたのことを、より意識するようになるでしょう。

好きな人と両思いになるたった5つの秘訣と6つのアプローチテクニック

2019-08-03

好きな人にバレンタインチョコを!中学生におすすめな渡し方ポイントまとめ

  • 中学男子は、たのもしいところがある反面、実はデリケートな部分をもっていることも多いので渡すタイミングは大事。放課後、お昼休み、朝、休日など、ふたりきりになれる時間をつくろう。
  • みじかい休み時間は、チョコレートをわたすよりも、すきな人とふたりきりの時間をつくる予約タイムとして有効に使おう。
  • チョコレートをわたす前に、LINEや電話で彼にアポをとると、渡しやすくなる。
  • わたす場所は、ふたりきりになれる場所をえらんで。下駄箱やつくえのなかにいれる、ひとのいない教室や屋上、登校中、好きなひとの家に訪問して渡す、好きなひとの都合のいい場所を聞くなど。
  • NGな渡しかたは、ほかの生徒がたくさんいる場所でわたす、「チョコがあまったから」と照れかくしでわたす、好きなひとの好みを考えずにわたすなど。
  • ほかのクラスメイトの前で本命チョコをわたされると、「うれしい」よりも「はずかしい」気持ちが先だち、すなおに受けとれなくなってしまう可能性大。
  • チョコレート一緒に、つたえたい言葉をあらかじめイメージトレーニングしておくと成功につながりやすい。下駄箱やつくえのなかにいれる場合は、メッセージカードを忘れずに。
  • おすすめの言葉は、「だいすきです」「あなたは特別」「つきあってください」「○○くんの〜なところがすごいと思う」など。

 

私も、中学生のときは、夜おそくまでチョコ作りに励んでいました 笑。

わたしの場合は、好きな人にチョコレートを渡すときに、緊張しすぎて告白もできず、「義理だよ」と正反対のことを伝えてしまい、失敗に・・・。

でもその翌年のバレンタインデーで、同じ相手に告白することができて、つきあえることになった甘い思い出もあります。

ありのままのあなたで、好きな人に気持ちをぶつけてみてくださいね。あなたのすてきな恋愛をこころから応援しています!