結婚式をやりたくない!友達がいない人におすすめのウェディングプランとは?

「もうすぐ彼と結婚」という状況に、一緒になる安堵感や幸せをかみしめている女性もいるでしょう。彼と一緒になれることはもちろんうれしいことだけど、女性が気になることといえば、「結婚式」ですよね。

一生に一度の大切なものだけど、「友達がいないから呼ぶ人がいない」、「彼のほうは、職場の人や地元の友達が多そうだけど、私のほうは出席者が少なかったら恥ずかしい」など、結婚式に呼ぶ人がいなくて、結婚式をやりたくないと感じている女性は結構いるんです。

じつは、私も友達がいない方なので、前から結婚式のことはあまり考えていないんです。少なくとも、たくさんの人を呼ぶような大それた式はしたくないと思っています。でも、そうはいっても、自分ひとりだけで決めることもできないし、彼や彼のご両親、自分の両親なども関わってくるので、むずかしいですよね。

そこで、友達が少ないから結婚式をやりたくないと思っている女性に向けて、結婚式をやらないことのメリット、デメリットと、おすすめのウェディング方法を紹介します。これで、これから結婚式をやるべきか否かの判断がしやすくなりますよ。自分たちに合ったこれからの進べき方法がみえてくるでしょう。

結婚式をやらなかったことのメリット・デメリットとは?

結婚式をあげずによかったメリットとは?

メリット1 お金を必要なことに使用できた

マンションの購入費用などにあてることができた、招待のために貯金にまわせた、ハネムーンにお金をかけることができたなど。

メリット2 時間に余裕がもてる

結婚式をする場合は、膨大な時間を準備などにとられてしまうものですが、式をあげないので、その分、ほかのことに時間を有意義に使うことができます。彼との新生活のための引越しの準備など、ほかのことに時間を当てることができます。

結婚式をあげずに後悔したデメリットとは?

デメリット1 親戚や関係者への報告が大変

親戚や知り合いなどすべての人の元へ、一軒一軒、結婚の報告にまわったのが大変だったという意見もあります。結婚式なら、一日ですべての関係する人達にあいさつすることができますが、結婚式をあげない分、報告にまわるのも大変なものです。

デメリット2 結婚したという感じが沸かない

結婚式でたくさんの人に挨拶し、緊張したり感動したりといった経験を通して、「結婚したんだな」と実感を感じやすいものですが、なにも結婚式をしていない人は、「なんか結婚したっていう実感があまりない」と感じる人も多いものです。

デメリット3 両親が残念に思う

自分の子供の結婚式を楽しみにしている両親も当然多いものです。子供の一生に一度の晴れ舞台を見たいと思うのが親こころというものです。

デメリット4 結婚式の思い出がない

やはり、たくさんの人達を呼んでの結婚式というのは、思い出に残りやすものです。遠い将来、「あの時は~」などと過去を振り返って話に華がさくこともありますよね。

でも、結婚式をあげなかった人というのは、とくにそういった思い出が残らないものです。人によって感じ方はさまざまなので、特になにも気にしない人もいれば、少しさびしく感じる人もいるでしょう。

結婚式をやりたくない人の理由とは?

友達がいないから結婚式をあげたくないという人意外にも、さまざまな理由から結婚式をあげたくないと思っている人もいます。結婚式をやりたくない理由を紹介します。

結婚式をやりたくない理由 その1 お金がない・もったいない

結婚式をあげるとなると、誰もが気になるのは予算ですよね。会場使用料、お料理代、招待客への引き出物、その他さまざまな費用が当然発生してしまいます。結婚式よりも、貯金を増やしたい、ほかのことにお金をまわしたいと考えている人もいます。

結婚式をやりたくない理由 その2 準備などがめんどう

結婚式をする場合は、たくさんの打合せをしたり、詳細に決めなければいけないことがたくさんあります。そういった結婚式をあげるまでの準備がめんどうに感じている人も多いものです。じつは結婚式を正直少しめんどうに感じるという人は男女ともに60%近くいるというデータまであります。結婚式はどちらかというと、女性のほうがあげたいと思っている人が多いイメージがありますが、女性もめんどうに感じているひとが男性とおなじくらいいるというのは、ちょっと意外ですよね。

私も親友の結婚式に出席しましたが、結婚式をあげる前に彼女に会ったとき、とても疲れているというか、やつれた表情の彼女を見て心配になりました。彼女いわく、結婚式の準備がいろいろと大変だとこぼしていました。今まで結婚式って、一見とても華やかで、花嫁さんなどもキレイにドレスアップされていて、すごく幸せそう、すてきだなって、見た目だけに注目していましたが、親友の結婚式にいたるまで過程を目の当たりにして、いろいろと準備って大変なんだなと感じました。

結婚式当日は、「やっと無事に式をおえることができた」という安堵の気持ちのほうが大きいのかもしれませんね。

結婚式をやりたくない理由 その3 招待したい人がいない・友達がいない

結婚式に呼びたい人がいない、友達がそもそもいないという人もいます。招待する人が特にいないのなら、無理に結婚式をあげる必要もないですよね。結婚式を上げたいという人は、やはり友達をたくさん呼びたいという人や、盛大にワイワイやりたいという人が多いものです。

結婚式をやりたくない理由 その4 緊張しやすい・注目されるのが苦手

結婚式で主役になると、当然たくさんの人から注目されます。人まえに出るのは苦手、恥ずかしいという人もなかにはいます。大勢の前にでるのは嫌だから、親族のみの結婚式にしたり、結婚式自体をしないという人もいます。

まさにわたしはこのタイプです。子供のころからすごくあがり症でした。クラスでの音楽の授業にみんなの前でひとりずつリコーダーを吹くテストさえも、緊張で足が震えるくらいなんです 笑。学校の合唱発表会などで体育館のステージに上がったときなんて、足がガクガク震えてすごく恥ずかしかったです。

結婚式をやりたくない理由 その5 まわりに負担をかけたくない

結婚式をする場合、招待客が遠方の方もでてきます。ご祝儀から、移動の面まで負担をかけたくないという気持ちから結婚式をやりたくないという人もいます。

結婚式をやりたくない理由 その6 そもそも時間がない

結婚式をするとなると、準備などに多くの時間がとられてしまいます。仕事がお互いに忙しくて、そんな時間がそもそもないという人もいるでしょう。無理に貴重な時間を使って、バタバタ結婚式の準備などしても、疲労がたまってむしろ結婚式までの時間が地獄のようなものになってしまったら、本末転倒です。忙しい状況のなか、結婚式の準備に追われて、パートナーと喧嘩が増えてしまった、彼が準備を手伝ってくれないなど、イライラがつのってしまったという声もあります。

幸せになるための準備がかえって、ふたりの仲に溝を作るようなことになってしまったら、すてきな思い出どころではありませんよね。

友達がいない人におすすめの結婚式とは?

おすすめの結婚式 家族のみのウェディング

親族のみや、本当に仲の良い親友のみを誘う少人数のウェディングはとてもおすすめです。「やはりたくさんの人を招待するのはいろいろ大変だし」「親しい人のみでささやかな式にしたい」などと考えている人はけっこう多いんですよ。

私もこのような親族のみのウェディングが理想というか、憧れですね。友達の多い少ない以前に、大勢の人の前だとすごく緊張しやすい性格なので、人の多いところが苦手なところもあるんです。少人数のシンプルなウェディングで十分です。私は派手なものより、ひっそりと幸せをかみしめたいですね 笑。

ちなみに私の姉も家族のみのウェディングでした。私もシンプルでささやかなものがすきなので、親族のみの空間は、どこか落ちつく雰囲気でよかったです。会場では、フルートやオルガンの演奏者などもいましたが、姉たちのために本当に祝ってくれているような感じがうれしかったです。途中で感極まって、泣きそうになってしまいましたが我慢しました。

おすすめの結婚式 海外でのウェディング

海外のリゾート地などでウェディンをあげている人も増えています。海外だと、なかなか知り合いを呼ぶのも大変なので、身内だけの少人数でのウェディングが多い傾向です。

国内とくらべて、海外だと渡航費などもろもろ費用が大きいので、無理に知り合いや職場の人を呼ぶ必要もないので、なにかと好都合な面もありますよね。海外ウェディングなら、友達がいなくても、心配する必要がないのがいいですね。

私も、海外での結婚式にすごく興味があります。もともと外国などにすごく興味や関心をもっていたので、いつかは海外ですてきなウェディングをあげたいというのはずっと心のどこかに抱いていました。

私の友人は、式は日本であげて、その後のハネムーン先の海外で、ウェディングドレスを着てフォト撮影もしましたよ。写真をみましたが、きれいな海の前でのすてきなウェディング衣装を着た写真はすごくすてきでした。「いいな~!」ってうっとりしてしまいました。

おすすめの結婚式 国内のリゾート地でウェディング

国内の自然豊かなリゾート地などでのウェディングも神秘的でとてもロマンティックな雰囲気なため、人気があります。

大自然の中など奥地でやることもあるので、移動に時間がかかったり、場所がわかりにくいなどの面から、招待客が参加しずらい傾向があるので、友達を呼ばなくても、不自然にならないのがうれしいポイントです。大自然のなかでの身内だけでの結婚式もすてきですよね。

おすすめの結婚式 レストランなどお店を貸切ってのウェディング

結婚式場に限らずに、今は普通のレストランなどでも、とてもおしゃれで上品なお店がたくさん増えてきています。

結婚式場だと、どうしても大きな会場などを使用することが多いので、招待客の数もある程度呼ぶ必要がありますが、レストラン会場などでのウェディングなら、結婚式場ほどの人数を呼ばなくても、手軽にあげられるのがうれしいポイントです。

また結婚式場の料理とくらべると、レストランが会場というだけあって、名のとおっているような有名なお店でのウェディングなら、味にも満足できて、より幸せな時間をみんなで味わうことができるでしょう。

私の姉は教会で家族のみの式をあげたあとに、レストランに移動して、親族のみで食事をしました。東京の利便性のある場所にあるレストランに集まりました。

料理の味もたしかなはずだったと思うのですが、私は人一倍緊張しやすく、人見知りしやすいタイプなので、親族のみといっても、姉の旦那さん側のご兄弟など含め、けっこうワイワイとした空間だったので、あまり料理が喉をとおりませんでした 笑。

普段はけっこう食べるほうなのですが、かなり控え目に食べていたと思います。私よりも、新郎の兄弟の女性達のほうがもりもり食べていました 笑。

彼が友達が多く、友達をたくさん呼びたい場合はどうしたらいいの?

自分は結婚式に呼ぶ人が少ないから、やらなくてもいいのに、彼は友達をたくさん呼びたいと、結婚式の話でもめてしまう人もめずらしくはありません。

彼は今までに友達の結婚式などに多く出席してきたので、自分の結婚式にも友達を多く呼びたいと喧嘩になった。結果、披露宴は親族のみ、二次会で友達をたくさん呼んでパーティーをした。

彼側はけっこんたくさん出席者がきて、私のほうはかなり少なくちぐはぐ人数でやった。ちょうど女友達は、妊娠などの時期がかさなって出席数がより減ってしまったから。

結婚式はぜんぜんあげたくなかったけど、会社の人はみんなしているという夫の希望で式をあげた。

どうですか。新郎側の人数の方が招待が多いのは、じつは結構多いことなんです。結婚を機に専業主婦になる人など、家庭にはいる女性にくらべて、男性のほうが仕事関係や、知り合いなどどうしても多くなりがちです。

私は、自分と同じように式をあげたくないっていう女性の気持ちもよくわかりますが、もし、彼にどうしても式をあげたいって言われたら、彼の気持ちも尊重したいなとも思いますね。

今まで友達の結婚式に誘われていたのに、自分の結婚式に友達を招待しなかったら、彼の友達関係もちょっと微妙になってしまいそうだし、それはかわいそうだなと思います。会社の人はみんなあげてるからあげたいという気持ちもわかります。

そのほかのおすすめ フォトウェディング

「結婚式はあげなくてもいい」という、自分と彼の気持ちが一致している場合は、ドレスアップしたふたりの思い出として写真だけとって記念に残す方法もおすすめです。結婚式は、時間とともに人の記憶というのも、薄れていってしまうものですが、写真はずっと将来に渡ってのこりつづけるものです。

普通の人は、結婚式のことばかりに頭がいっぱいで、写真の方はついでというか、二の次になってしまう方々もいますが、結婚式をあげなければ、ほかのことに気をとられることなく、時間的にも余裕があるので、ウェディングドレスや、場所の選定などに集中することができます。

結婚式をあげない分、ほかの人よりもちょっと贅沢にすてきなウェディング写真を残すこともできるでしょう。

友達がいないけど、どうしても招待客を増やしたい場合は?


2人で話しあっても、やっぱり結婚式をあげないわけにはいかないという決断に至ることもあるでしょう。男性の場合は、職場の人の結婚式に今まで招待されていたりすると、自分の結婚式にも呼ばないと、面目が保てないこともあるので、彼の立場を考えると仕方ない場合もありますよね。

でも、彼の招待客の数が多く、自分の招待客が少ないことがどうしても嫌だと感じている人もなかにはいると思います。仕方ないと割り切れる人ばかりではありません。そこで、どうしても、人数を増やしたいという人には、代行出席してもらう人材派遣サービスを利用する方法もあります。

この人材派遣サービスというのは、その利便性からけっこう利用する人が増えてきているんです。「結婚式に友達として代理で出席してほしい」「彼氏という設定で両親にあってほしい」など、さまざまな用途で利用することができるんです。代理出席が頼める、人材派遣サービスをいくつか紹介します。

FAMILY ROMANCE(ファミリーロマンス)

イベントなど用途に応じて、適切な代行スタッフをきちんと判断して、代行役として派遣してくれるので、「バレないかな」「うまくやってくれるかな」といった心配をしなくても、安心して頼めるところがおすすめです。

多数のメディアなどにも取りあげられている代行・代理出席の専門会社なので、これまでの実績数も多く、全国どこでも、代行サービスを利用できます。

URL:https://family-romance.com/index.html

AAS総合代理出席事務所

代行ということがバレない徹底した守秘対策と、要望などを親身になって丁寧に対応してくれるので、安心かつ、希望どおりのサービスを受けることができるので、満足が高いと評判の人材派遣サービス会社です。

全国どこでも代行可能です。24時間いつでも対応で、相談料は無料です。

URL:https://acting-agent-service.com/

ダイコーの庭

結婚式の代行をメインとしながらその他の代行もしている代理出席・代行サービスなので、結婚式へのこれまでの代行の実績数から、安心して任せられる心強いところがおすすめポイントです。

ご相談や、依頼方法は、サイトホームページ上の「依頼お申込」のフォーマットから問い合わせできます。

URL:https://happyspring.co.uk/yujin-html

まとめ

 

 

結婚式をやりたくない!友達がいない人におすすめのウェディングプランのポイントまとめ!

  • 結婚式をやらないメリットは、お金をマンション購入などほかのことに使える、時間に余裕があるので、新居への引越しの準備などにあてられるなど。
  • 結婚式をやらないデメリットは、親戚や知り合いへの報告に手間がかかる、結婚した実感がわかない、楽しみにしていた両親がさびしく思う、思い出がのこらないなど。
  • 結婚式をやりたくない人の理由は、準備などが面倒、招待したい人がいない、注目されるのが苦手、みんなに負担をかけたくない、忙しくて時間がないなど。
  • 友達がない人におすすめのウェディングは、家族のみでのウェディング、国内外のリゾートでのウェディング、レストランや店でのウェディング、フォトウェディングなど。
  • どうしても招待客を増やしたいという場合は、結婚式に代行で出席してもらえる代行サービスを利用するのもアリ。代行サービスは、ファミリーロマンス、AAS総合代理出席事務所、ダイコーの庭などで依頼できる。

結婚式は必ずあげないといけないものでもありません。やるべきか、やらないべきかこれが正解という答えもありません。人の数だけ、さまざまな形の人生があります。

自分たちの考えや、思いに合った人生をふたりで自由に決めていいものです。大切なパートナーと相談しあって、これだと導きたした答えが、いちばんおすすめなすすむべき道だと思いますよ。

これからのあなたと、あなたのパートナーの未来がよりすてきな人生になりますように。すてきな人生を歩んでいってくださいね!