夜更かしが習慣の人って何か悪影響あるの?デメリットとメリットとは?

ついつい夜更かしをよくしてしまう人もいるでしょう。毎日仕事に追われ、朝から晩まで働いて、帰宅したときには「今日も一日疲れた~」と、ようやくホッと一息する時間です。ずっと会社に拘束されていた分、家に着いたらテレビを見たり、好きなマンガを読んだり、ゲームをしたり、ボディマッサージをしたりと好きなことをしている時間って幸せですよね。

明日が仕事だから、ほんとは早めに寝た方がいいんだけど、「もう少しだけ」、「この番組だけみたい」などと、つい夜更かししてしまいがちな人も多いと思います。夜更かしって楽しいんですよね。だけど、やっぱり夜中に起きてることってなんとなく体にはあまりよくない気がするって思っている人もいるでしょう。女性なら特に、肌への影響なども気になりますよね。

そこで、つい夜更かしが習慣になってしまっている30代女性に向けて、夜更かしの悪影響から、デメリットやメリットについて紹介したいと思います。これらの知識を得ることで、これからの生活スタイルをいい意味で見直すきっかけになるでしょう。

夜更かしとは?

夜更かしとは、夜遅くまで起きている、または夜が明けるまでずっと起きていることです。夜更かしをさす時間帯ははっきり決まっていませんが、だいたい夜中の24時~午前2時くらいが多いようです。

夜更かしする人の特徴とは?

深夜の仕事に就いている

どうしても夜の時間帯が中心で働いている人は、生活のリズムなども夜が活動の時間になるために、昼夜逆転の生活になってしまいます。夜更かしが好きというよりは、仕事の都合で、そういった夜型のスタイルになっている人も多いでしょう。

朝に弱い

夜遅くまで起きている分、睡眠が不足しがちになったり、朝が苦手という人が多いものです。

優秀な人が多い

夜遅くまで起きれいられるという人は、頭がいいともいわれています。普通は途中でスタミナがなくなって疲れて寝てしまうものですが、夜遅くまで集中力が持続する、適応能力が高いため、夜に強い人ほど、優秀なひとが多いといわれています。夜型の有名な著名人などもけっこういます。

30代女性が夜更かしすることへのデメリットとは

美肌や美容へのダメージ

良質な睡眠は美容にはとても大切なことです。特に午後22時から2時までの間はゴールデンタイムと呼ばれ、その時間にきちんと睡眠をとることによって美肌など、美容にとてもよいといわれています。

美肌で有名な女優さんなども、美肌をたもつ秘訣のひとつに、「よく寝ること」をあげている人は多いです。「夜更かしで老化する」という言葉も耳にしますが、寝不足によって、こういった美肌づくりにマイナスになっていることが影響しているでしょう。

私自身、10代、20代まではオールで遊んでいても、半日くらい休めばすぐに元気になっていたのに、30代になってからは、ちょっとはめをはずして睡眠をとらずにいると、何日も体の不調が続くようになりました 笑。

肌の回復もだんだん時間がかかってくるので、30代女性は睡眠を疎かにしていると、ダイレクトに見た目に現れてしまうのがつらいところです。

怒りっぽくなる

きちんと睡眠を取らないと、疲れがとれないためストレスを感じやすくなります。睡眠不足にとって、分泌されるアドレナリンというホルモンによって、攻撃性が強くなることによって、些細なことでイライラしやすくなってしまうんです。

体内時計がくるってしまう

人は太陽がでて明るくなる時間から、昼間に活動し、日が沈むころに休むという体内リズムをもっています。そのため、本来、休んでいるはずの時間帯に起きていることで、体内時計がズレてきてしまいます。

風邪をひきやすくなる

睡眠不足によって、肉体の疲労回復などが十分にできないと、免疫力の低下などによって、風邪をひきやすくなります。私もきちんと睡眠をとっているときは、体が元気な感じですが、睡眠不足がつづいたりすると、体がだるかったり、風邪を引いたかなということも多々ありました。

太りやすくなる

十分な睡眠をとっている人とくらべて、睡眠不足の人は、食欲を抑えるホルモンの量が低くなってしまうことで、食欲の増加にもつながります。本来寝ていることで、足りているエネルギーですが、夜更かしで活動していることによって、体がエネルギーをさらに必要だと感じるためです。

「夜更かしで痩せる」という言葉をたまに聞くことがありますが、本来は逆で、太りやすくなるというのが正しいでしょう。

疲労がとれない、仕事に集中できなくなる

十分な睡眠をとることによって、体や脳を休めさせ、次の日のためにエネルギーを充電することができますが、睡眠をないがしろにしていると、疲れをきちんと取ることができません。そのため、だるさや、やる気が出ないといったマイナス効果が出てしまいます。

そのため、その状態で仕事へ行くと、集中力の低下、うまく効率があがらないといったことにつながります。

夜更かしすることのメリットとは?

出会いのチャンスがある

バーや、居酒屋、その他深夜営業のさまざまなお店があります。そういった人の集まる場所で、友人や同僚達と楽しくおしゃべりしたり、異性との出会いなど、さまざまな人との交流のチャンスがあります。

深夜の時間帯になるほど、お酒を飲んでいる人は多いですよね。アルコールを飲むと、人は陽気になりやすいので、初対面の人とでも、話が盛り上がりやすくなったり、仲良くなれるといったメリットもあります。

飲み屋での出会いで、付き合うようになったというカップルもけっこう多いんです。出会いをもとめている人にとっては、毎日すぐに寝ていても、恋人と出会えませんよね。状況によっては時には夜更かしするのもアリでしょう。

創作活動に向いている

深夜というのは、まわりが寝静まり、誰にも邪魔されない時間帯なので、自分のしたいことに集中しやすい環境でもあります。昼間のまわりの雑音が聞こえる時間帯よりも、夜間のほうが効率がいいので、夜間人間もけっこう多いものです。

夜更かしすると抜け毛の原因になるの?

寝不足によって自律神経の乱れ、ホルモンバランスがくずれることは、体のさまざまな部分にも悪影響をおよぼしてしまいます。睡眠によって、体を修復することができますが、夜更かししてしまうと、体の修復が不十分になり、エネルギーが届くのが最後の方である、髪の毛などには十分に配給が届かなくなる恐れがあります。

寝ているときに、成長ホルモンがより分泌されるので、髪の成長するサイクルが夜更かしによってくずれてしまい、抜け毛などにつながるといわれています。

抜け毛なんて、10代、20代まではまったく意識したことなんてありませんでしたが、30代になってから、髪のボリュームが以前よりも少なくなった?って感じるようになりました。

頻繁に繰り返していたカラーリングも、今ではある程度髪のダメージのことを考えて、染める回数も減らすようになりました。ただ、白髪が目立たないようにある程度はカラーリングで手入れしないといけないので、あまり期間を明け過ぎるのもいやだし・・むずかしいところですね 笑。

夜更かしすると背が伸びないのはほんと?

一般的に思春期くらいまでが、もっとも成長する時期といわれていますが、睡眠時がいちばん成長ホルモンの分泌が多いとされています。そのため、身長を伸ばすための成長ホルモンの分泌量が多い就寝時に、きちんと良質な睡眠をとっていることが、成長につながるので、この大切な時期に夜更かしなどによって、成長ホルモンのバランスが乱れてしまうことが、背が伸びないといわれている理由です。

まとめ

夜更かしが習慣の人って何か悪影響あるの?デメリットとメリットのポイントまとめ!

  • 夜更かしとは夜遅くまで起きていること。夜中24時から午前2時くらいをさすことが多い。
  • 夜更かしする人の特徴は、深夜の仕事に就いている、朝が苦手、エネルギー持続力がある優秀な人が多いなど。
  • 夜更かしのデメリットは、美肌や美容にダメージ、怒りっぽくなる、体内時計がくるってしまう、風邪をひきやすくなる、太りやすくなる、疲れがとれない、仕事への集中力が低下するなど。
  • 夜更かしのメリットとは、まわりが寝静まり、周囲の邪魔が入りにくいので創作活動に集中することができる、バーや居酒屋など人の多い場での出会いのチャンスがある。夜型人間のほうが恋人がいる率が多いというデータも。
  • 夜更かしで、髪の成長ホルモンが乱れたり、髪へ十分にエネルギーが届かないと、抜け毛の原因にもなりやすい。

私もじつは、最近夜更かしすることが多く、明け方まで起きていることも多いんです。昼間は周囲の雑音で仕事に集中しずらかったり、ほかの用事でバタバタでかけていることがあるので、なかなか自分の時間が作れないことが多いんです。でも、まわりが寝静まった深夜の時間帯って、ほんとうに周りが静かなので、自宅での作業に集中しやすいんですよね。芸術家や、著名人などでも、夜型人間がけっこう多いと耳にしますが、わたしもそういった芸術家に近いのかもしれません 笑。

でも、今回「夜更かし」のさまざまな影響を調べてみて、あまりにもデメリットが多いことにびっくりしました。特に、美容にかかせない成長ホルモンのバランスをくずしてしまうという点は、「やばい」と焦ってしまいました。たしかに夜は作業に集中しやすいんですが、次の日の朝など、最近体のだるさや、疲れがとれていないなっていうのを感じはじめています。頭も少しぼーっとするようになってきたんですよね。

私のマネをしないように、できるだけ用がないときはきちんと睡眠をとって元気な明日を迎えてくださいね!それが健康な体を維持していくことにつながりますよ。